上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は紅葉と言われる場所には全然行っておりません、やっぱ
会社が変わったからなのでしょうか、休みや夜勤明けの時間が
あるので、その気になればと思うのですが、やはり体が着いて
いかないようです…

山形市内であれば十分活動範囲なのですが、昨日も大江町の
神通峡の紅葉を見に行く予定でしたが生憎の雨降り、晴れ男
の僕が出掛ける時に雨降りでは、結局は寝てました(笑)。

この写真は今月の24日に撮影したものですが山形美術館前で
す、あれから5日も経っているのでもう少し色付いているかも知れ
ませんね。

SWGB04_0201.jpg

まあ、でも近いうちには天童の格知学舎の紅葉を撮影には行く
予定ではいますが、それに来月はカミさんの親戚が遊びに来る
と言うことで山寺に案内しなければならないかもで…

で、今日は薬師神社の方に山交バスのある風景の撮影の為に
通ったので紅葉具合を撮影してみました、う~ん、黄色が少ない
ですね、ほぼ桜の葉が中心ですね。

SWGB04_0249.jpg

SWGB04_0251.jpg

SWGB04_0256.jpg

山形は紅葉の名所がたくさんあるからなあ…、11月中旬までは楽しめそうです、
その分、撮影も可能と言うことなので休みを利用して出来るだけ多く訪れてみた
いと思っています。

SWGB04_0253.jpg
スポンサーサイト
いよいよ最終回になりました、今回は車輌センターの屋外に出て
つばさの連結カバーの開閉の様子が見られるというので現場に
行きます、こういうところはなかなか見ることが出来ないので真剣
に(笑)見学&説明を聞きました。

SWGB03_9070.jpg

おおっ、カバーが開いて行きます!

SWGB03_9101.jpg

SWGB03_9099.jpg

SWGB03_9096.jpg

次は運転席の見学が出来るというのでグリーン車を通って運転席へ!

SWGB03_9077.jpg

残念ながら運転席の計器類は撮影出来ないということでした…
旅人さんが運転席に座っています、自分で座ってみると前方の視界は
遠いですね、停車位置とかは計器でするんでしょうね~

SWGB03_9078.jpg

最後は今回の鉄道の日のイベントの目玉、E926系Easti(イーストアイ)です、
新幹線の検測車は以前、黄色い新幹線(ドクターイエロー)でしたが老朽化
により廃車されました、その後継として登場したのがこのE926系です。

SWGB03_9072.jpg

East i(イーストアイ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の保有する電気・
軌道総合試験車(検測車)の愛称です。

SWGB03_9075.jpg

このイーストアイの中を見学したかったなあ…

SWGB03_9083.jpg
鉄道の日の記事も中途半端にして、またもや新しいブログを
始めました、もう6個もブログやってるのにまた1つ増やして
どうするの?って感じなのですが…

今回は山形交通のバスの写真のブログです、なんのこっちゃ!
と言われるかも知れませんが本人はやる気まんまんなのです、
フラワー長井線や左沢線にも夢中になっているのに更にバスで
すか、みたいな、しかもバスの形式やメーカーがどうのこうのなん
てのはさっぱり分かりませんので、ただひたすら写真を撮ったの
をUPするだけです(笑)、できれば山形の街の風景と一緒に撮り
たいというのが目標ですが、暫くは何を撮っているのかわからな
い状態が続くと思いますが、まあそこは1つ面倒見てやって下さい
、あっ、僕ですか、もちろん山形交通とは全然関係ありません!

で、新しいブログのタイトルは「山交バスのある風景」です。

SWGB04_0002.jpg
クモヤ743の見学も終わり、いよいよ車輌センターの中に入って
行きます。

SWGB03_9048.jpg

アント77-RR型車輌牽引車が見えて来ました。

SWGB03_9049.jpg

アント77型車両移動機は、電車等の長大編成も楽々と牽引することが
できます、また、運転には特別な資格や免許は必要としません。
77型RRは軌上と路上を走行可能です。

SWGB03_9051.jpg

寸  法 L=2200mm W=2750mm H=2540mm 
エンジン 日野自動車工業製
形 式 W04C-T型
排気量 3839CC
出  力 83ps/1800rpm
速  度 0~5km/h
自  重 6000~7000kg
その他形式 軌陸両用型 77RR型

SWGB03_9052.jpg

SWGB03_9053.jpg

さて、先に進みます、しかし広いですね~

SWGB03_9055.jpg

こちらには車輪とブレーキの付いた台車が展示してあります。

SWGB03_9056.jpg

実際にディスクブレーキを触ることができます。

SWGB03_9057.jpg

更に進みます。

SWGB03_9062.jpg

これはE3系専用のワイパー修繕作業台です、これを開発する前は板を渡して
作業しており安全性や作業性の面で問題があったそうです。

SWGB03_9063.jpg

E3系があります、整備や車内の清掃をしているようです。

SWGB03_9065.jpg

これは719系の5000番台ですね。

SWGB03_9067.jpg

*いよいよ次回で最終回になります。
今日はフラワー長井線まつりの日、予定では行くつもりでしたが
夜勤明けの体は睡眠を欲していて頭がふらふらしているので無理
はしないで今回は諦めました…、残念です、来年は必ず!

さて、鉄道の日記念イベントの記事も今回で5回目ですが、あと2回
ぐらいで終わると思いますので最後までお付き合い下さい。

つばさの体験乗車の新幹線は1番ホームから12:55発です、10分前
になったのでホームに向かいました。

SWGB03_9025.jpg

ホームに着くと同時ぐらいにつばさが入線して来ました。

SWGB03_9029.jpg

2番ホームには下り新庄行きのつばさが入線です。

SWGB03_9035.jpg

席は旅人さんと同じなので車輌センターに着くまでの時間、写真の話や
今回の体験乗車と車輌センターにある検測車イーストアイの話で盛り上がり
ました。

SWGB03_9036.jpg

つばさが車輌センターに到着し、最初はクモヤ743です、実はこのクモヤ743
は以前にこのブログで紹介しています→ 「落ち葉掃き列車クモヤ743-1」
この記事を読めばわかりますが再度、ここで紹介します。

SWGB03_9037.jpg

クモヤ743とは1992年に郡山工場においてクモヤ143形式を改造して誕生した
職用車で、東北新幹線と奥羽本線の新在直通運転開始に伴って奥羽本線
福島-山形間が標準軌間となり、専用のけん引用兼救援用車両として1両が
改造されました。

外観は種車の面影をそのまま残していますが、一部側窓や両開き戸が
閉鎖されています、屋根上のパンタグラフなどの特高圧機器取付部分は
新幹線区間での架線との絶縁距離を確保するために低屋根構造となって
いて、高圧機器室直上部の屋根は主変圧器搬出入用の天蓋が設けられて
います。

主回路方式はサイリスタ位相制御に改造され、この区間専用の在来線用
719系5000番代と併結運転も可能です、現在山形区に配置され運用中です。

SWGB03_9039.jpg

秋になると、板谷峠区間の「落ち葉掃き列車」として早朝運転されている
ようですが、クモヤ143型を種車に719系5000番台の電装を基本として改造
した車両です。

標準軌台車をはいており、走行関係は719系同等の性能ですが、新幹線区間
の25kV、在来線区間の20kVの両方の電圧に対応できる電気系を持っていま
す、また保安装置,列車無線装置も山形線区間用と東北新幹線区間用の2種類
もっています。

落ち葉掃き列車とは~秋になると線路への落葉が増えてきますが、この「葉」
が曲者。葉に含まれる油分が車輪とレールとの摩擦を下げ、空転や滑走などの
トラブルを引き起こします。
上り勾配区間では空転により列車が上れない、下り勾配では滑走により
減速し切れなくなる恐れがあるなど、列車の運行に支障が出てきます。

そこで、レール上の落ち葉を「掃く」列車を営業運転前に走らせて、これを
軽減させているようです、使用車両は線区により異なるようで、単機のEL
やDLが多いようですが、奥羽本線(山形線/山形新幹線)の板谷峠におい
ては、クモヤ743という事業用の車両を使用してこの作業が行われてます。

SWGB03_9045.jpg

クモヤ743による作業ですが、車内に水の入ったタンクを積み、その水を
レール上に高圧で噴霧する事で落ち葉を飛ばしているとの事です。
実際にその噴霧しているところを見せてくれました、UPで撮りましたが
わかりますか?

SWGB03_9043.jpg

*VOL.6に続く
車輌センター行きの新幹線の時間までまだ時間があるので駅構内を
ブラブラして他の車輌や列車を撮影することにしました。

SWGB03_8998.jpg

左沢線や仙山線、それに山形線といろんな列車が入線したり発車したり
で鉄にとってはたまらない時間ですね、でもこの日は天気が良すぎて白トビ
して撮影が大変ですね、編集ソフトを使用してもなかなか…

12:13発の米沢行山形線

SWGB03_8997.jpg

12:00発左沢行左沢線

SWGB03_9000.jpg

11:57着の仙山線です、このまま折り返しの12:42発の快速仙台行になります。

SWGB03_9004.jpg

SWGB03_9006.jpg

SWGB03_9008.jpg

SWGB03_9019.jpg

12:27着左沢線

SWGB03_9011.jpg

SWGB03_9021.jpg

さて、そろそろ車輌センター行の新幹線の時間になりました、次回は車輌センター
の中を紹介します。

*VOL.5に続く
なかなかブログの更新が進みません…、昨日は昼夜勤明けで夜の
出勤まで寝ていました、今日は夜勤明けなので更新しようと思った
のですが結局は9時から夕方5時まで寝てしまいました、5時まで寝
て、また今夜も寝なきゃなんないなんて何て理不尽な(笑)、さて前回
の続きです、今回はDE10形ディーゼル機関車を特集します。

DE10はローカル線の貨客列車牽引や入換用途を主目的として開発され
、1966年(昭和41年)から1978年(昭和53年)までに合計708両が製作
され、日本各地のローカル線で蒸気機関車を置き換え、動力近代化を促
進しました。

エンジンはV型12気筒ディーゼル機関のDML61ZA形 (1,250ps / 1,500rpm)
を1基搭載しています。これはDD51形用DML61Z形の冷却能力やピストンを
強化して定格出力の引き上げを図った機関で、液体変速機もDD51形同様の
フォイト式を基に高低2段の速度切替が可能なDW6形を搭載する。

これは特性の異なる3組のコンバータと2組の速度切替弁を内蔵し、これらを
随時切り替えることで走行特性を本線での列車牽引(高速段: 最高85km/h)
・入換作業(低速段: 最高45km/h)の双方に最適化する仕様であり、冷却系
機器は1端側前位に放熱器と送風機を設ける。過熱対策としてSG用の水を
放熱器に散布する機構(ウォータースプレー)も備えており、側面の放熱器
カバー上部に片側5組の撤水口を設けています。

SWGB03_8979.jpg

SWGB03_8980.jpg

SWGB03_8984.jpg

SWGB03_8985.jpg

SWGB03_8987.jpg

SWGB03_8989.jpg

SWGB03_8990.jpg

SWGB03_8991.jpg

SWGB03_8992.jpg

*次回VOL.4では山形駅ホームに停車している仙山線や左沢線の写真
 を紹介します。
鉄道まつりのイベントの記事をちょっとお休みして、先週の10日に
西蔵王の竜山さんに行った時の話です、この日はカミさんと一緒に
野草園に行った日です、特に咲いている花は少なく、写真を撮ると
いうより歩くことが目的になっていました(笑)、二人で結構歩いた
と思ったのですが万歩計を見ると7,500歩ぐらいしか歩いてないです
ね…、さあ帰りますか!というところでカミさんが蕎麦が食べたいと
、う~ん、この辺で美味しい蕎麦といえば「竜山」さんしか思い浮ば
ない、まだ新そばには早いけど、竜山さんに向かいました、時間は
午後3時近いが確か竜山さんは午後4時まで営業してるはず…

そういえば今年の夏に「だしそば」を食べに来たなあ…

SWGB03_8824.jpg

もりそばをお願いしました、注文を終えて待っていると先ほど野草園に
いた3人組の女性が入って来たようです。

SWGB03_8825.jpg

おっと、これは携帯のカメラでの撮影ですので画像が荒れてます、
ごめんなさいです。
ここに来るといつも寝っころがりたくなってしまいます…

厨房の方では蕎麦を打つ音が聞こえてきます、打ち立てを食べれるんだ!
ということで運ばれて来た、もりそば、美味しそうです。

SWGB03_8826.jpg

竜山さん独特のこの麺、中細でコシがあり喉越しが最高です、つゆは
辛めですが蕎麦の味を十分に引き出してくれます、ああ、美味い!
そして蕎麦湯も美味い!新そばの時期には必ず行くぞ!

SWGB03_8827.jpg
さて、蔵王名物からから汁でお腹も一杯になったし、5番線ホームに
向かいます、ここではディーゼル機関車(DE10)、軌陸車キリン等が
展示してあります。

SWGB03_9015.jpg

近くに行くにはホームの南端まで歩いてから線路を渡ります。

SWGB03_8982.jpg

途中ではレールスターの乗車会が行われています、子供達がたくさん並んで
順番待ちをしていました。

SWGB03_8994.jpg

さて、これが軌陸車です、軌陸車とは軌道と道路の両方を走る車両で、一般的に
、鉄道保線用などに使用されています、線路等の工事又は作業に使用する機械で
軌道及び一般道路を走行するものをいい、保守用車に含まれます。

基本的にはトラックなどをベースに、軌道走行用の装備を付けたものです、軌道上
への乗り入れは保線部門敷地の専用スロープや踏切からになります。

SWGB03_8981.jpg

道路上では一般の自動車として走行し、線路上では油圧などでレール上に鉄輪を
降ろして走行します。線路上を走るときにエンジンの動力をレールに伝える手段とし
てはタイヤ駆動(後輪ゴムタイヤを鉄輪と同時にレール面に接触させて推進する方式
(デュアル・モード・ビークルなど))と鉄輪駆動(タイヤから摩擦車の原理で動力
を伝える方式、あるいは油圧モーターで直接駆動する方式など)があります。
軌道上では道路上ほどの走行性能が得られない場合が多いですが、保線などの作業
用では速度は問題になりません。

SWGB03_8993.jpg

VOL.3ではDE10の写真をたくさん紹介します。
10月14日(日)に山形駅で鉄道まつりのイベントがありましたので
レポートにしてみました、僕は今年で2回目になります、昨年は山形
駅から車輌センターまで新幹線で行き、高速走行時の揺れを抑える
アクティブサスペンションの体験とか洗車機の中を通ったりとかあり
まして、その後すぐまた山形駅に戻るということで車輌センターの中
はほとんどわかりませんでした、でも今年は何と、車輌センターで降
りて見学出来るということで期待が持てます、この整理券は午前と午
後の2回、800人分です、昨年は受付30分前ぐらいに並んで余裕で
整理券をもらえたのですが、実際に駅に来て見ると、なんとすでに行
列が長く出来ています、う~ん、ギリギリ400人以内に入るんじゃない
かな?と思って並んでいたのですが、ちょうど僕の前15人ぐらいで予定
数が終了してしまいました…

次は午後の分、11:30になってしまいます、すでに午前の部の整理券で
並んでいる人は後ろに400人ぐらい居るのでは?ああ~やめた、やめた!
と一旦、家に帰ってしまいました、その後、やはりDE10の写真だけでも
入場料を払ってでも撮影する価値はあるのではと思い、再度、山形駅に
向かいました、で、たまたまツイッターを見ていたら、川西の学生音楽祭
で知り合った旅人さんがつぶやいていました、え~、僕の4、5人前に並ん
でいたみたいです、そういえば何となく旅人さんと似ている人が居た様な
気がしてはいたのですが…

その旅人さんはあの後、午後の部の行列に並んでいたとのこと、山形駅
に着いたら車両センター行きの乗車券を一緒に取ってくれるという、おおっ
、旅人さんはネ申だ!本当にありがとうございます、と言うわけで旅人さん
とはここで一旦別れて12:55発の山形車輌センター行きのつばさの17号車
で再会することにしました。

とりあえずは駅の東西自由通路ではNゲージ鉄道模型展示と実演をやって
いたので暫く見学しました。

SWGB03_8963.jpg

SWGB03_8975.jpg

SWGB03_8968.jpg

とにかく駅構内に入ってみることにしようと進んで行くと、こんな幟が目に
入りました♪「山形名物玉こんにゃくと蔵王温泉名物からから汁のおたのしみ
試食会」です。

SWGB03_9009.jpg

これは行列に並んでも食べたい(笑)。

SWGB03_8978.jpg

僕はからから汁をお願いしました、からから汁の丼を持って近くの窓際にて
試食会です!さてさて旅人さんより頂いた入場パスと乗車券を確認します、
ミステリー列車はどうやら左沢線で風っこ号が運転されたらしいです。

SWGB03_8977.jpg

さて、VOL.2ではDE10や軌陸車「きりくしゃ」を紹介します。
今日は七日町の歩行者天国に行くか、それとも白鷹町から長井方面
にフラワー長井線の撮影に行くかと迷いましたが天気も安定して来た
ようなので、置賜に!夜勤明け一旦自宅に帰り、カメラや機材を準備
し8時20分頃に家を出ました。

R348を車で走ると、もう頭の中は「A列車で行こう!」の音楽が♪

今日は新しい撮影ポイントを見つけようといろいろロケハンしてみまし
た、これも楽しいんですよ、おっ、こんな所に道路が、行ってみよう!
と思ったら、農道ですがUターン出来ないほど道が狭くなって来て出れ
なくなったり、肝心のフラワー長井線の車輌が見えなかったり…

今日の1枚目は四季の郷駅の近くをウロウロして撮影ポイントを探し
ました、これから来る列車は下りなので逆光にならないように西側から
カメラを構えなきゃいけないわけですが、なかなかいいポイントが見つ
かりません、最初はこの場所からと思ったのですが…

SWG03_8875.jpg

なんか、つまんないなあ…
おっ!ここいい、これは壇廻橋梁と呼ばれるものですね、ここをフラワー
長井線が通過するところを撮ったらいいんじゃないですかね~、逆光なの
で絞りを調整しなきゃ、でもブレるかな?

SWG03_8876.jpg

あやめ公園にある橋梁もいいですよね、ただ、ここもいつも同じ場所から
の撮影なので他のポイントを探してみましたが、なかなか見つかりません
結局いつもと同じ場所から…、悔しくて自分の影を撮る。

SWG03_8921.jpg

白兎駅にも行きました、今の時期は稲刈りが終わった田んぼとフラワー長井線
のコラボがいいんですよ♪ここではとてもいい写真が撮れました。
ここは羽前成田付近の線路沿いです、四季の郷駅に行った時に一羽の白鳥を
見かけたので、もしかしたらこの羽前成田にもいるかと思って探したのですが
いませんでした、あとは鮎貝駅の東側にもよくいるんです、もう少ししたら、たくさ
んの白鳥がみられるようになりますね。

SWG03_8920.jpg

さて、肝心の写真はまだまだスウィングガールズのブログと新・ふぉとギャラリー
のブログにボツボツとUPしていきます。
むむむむ…、何だ今週の土日はいろんなイベントがあって何処に
行っていいのかわからなくなってしまう、とりあえずは山形駅で開催
される鉄道まつりには必ず行かなければ!前回はせっかく車輌セン
ターに行ったのに降りる事も出来ず、そのまま山形駅に逆戻りだった
ので消化不良だったのですが、今年は新幹線や在来線の車輌の
点検・整備をしている様子やつばさの運転室、検測車(イーストアイ)
の展示も見られるらしい、って、鉄ですね~(笑)、ま・たまには子供
に戻るか!整理券をもらう為に早起きしなきゃ!

あとは13日の土曜日は山形市七日町では歩行者天国が開催される
、山形ご当地B級グルメコーナーや大曽根餅つき保存会による実演・
餅ふるまい、第8回ふらっと♭街かど音楽祭なんかもある、その他
やまがた舞子さんと一緒に記念写真が撮れたり、はながたベニちゃん
コーナーもあるよ!

でもでも13日は白鷹町と長井方面に行く予定なのだ、今度こそフラワー
長井線の写真を撮影に行きたいのだ、当日は夜勤明けですが、前夜に
カメラを車に積んでおいて朝そのまま出掛ける予定です。

でも気になるのは天気です、今日も午前中は青空と暗い雲が覆う空が
共存していました…

青空はこちら

SWGB03_8873.jpg

で、反対側に目をやるとこんな空…

SWGB03_8874.jpg

むー、明日はどうなるのだろう?雨が降ったら七日町、晴れたらフラワー長井線
希望的にはフラワー長井線の撮影に行きたいなあ、そういえばこの前UPした
記事にもう1度野草園に行ってみたいと書いておりましたが、その翌日に行きま
した、蔵王温泉近くに水を汲みに行った帰りに寄ってみました、開花状況はあまり
変わってなかったのですが、ゴールデンピラミッドが満開で黄色の絨毯のように
なっていました、後ほどUPしていきます。
久し振りに晴れましたね~、こんな天気の良い日に家の中で
PC開いているなんて…、いやホントは白鷹まで行くつもりだ
ったんですけどね、朝自宅に帰ると昨夜は全然寝てないので
強烈な眠気が襲ってきて(笑)、結局、椅子の上で午後1時頃
まで寝てしまってました…

今月の21日(日)はフラワー長井線まつりがあるのですが今年
はどうでしょう?夜勤明けで、そのまま行くつもりなのです、10時
から午後2時30分までなので間に合う列車があれば良いのです
が…

ということで西蔵王の野草園の写真です、もう今頃は色付いて
来たのではないでしょうか、蔵王の紅葉もいいけど、野草園の
中の紅葉も綺麗ですよ♪今月はもう1回行かなきゃ!

SWGB03_8487.jpg

SWGB03_8484.jpg

SWGB03_8477.jpg

SWGB03_8689.jpg

SWGB03_8690.jpg

SWGB03_8713.jpg
ここ暫く夜勤が続いています、よく世間で言う昼夜逆転の生活って
こんなことを言うんですね、しかし決して慣れることはないと思いま
す…

お陰さまでブログのネタも無い(笑)、夜勤明けの日は夜まで休み
みたいなものですが、また夜になると会社に出勤するので出掛け
るにも時間が制約されてしまうので、なかなか予定が立てられま
せん。

来年の3月には60歳を迎えます、厚生年金がいくらもらえるか分
からないけど、そこそこの額であれば仕事も辞めてゆっくりしたい
のが本音です、それとも65歳までギリギリ働いて国民年金を満額
でもらうか…

今の世の中の情勢では年金だってもらえるのかもらえないのか
という感じですものね~

SWGB03_3751.jpg
霞城公園の東大手門の北側のこの場所は山形線と左沢線、仙山線
のレール幅の違いが一目でわかりますね。

SWGB03_8751.jpg

山形新幹線と山形新幹線は右の線路で線路の幅は標準軌の1435ミリ
左の線路は左沢線と仙山線用の狭軌の1067です。

SWGB03_8752.jpg
昨日は夜勤明けで朝8時近くには自宅に戻りましたがその後
眠る予定ではなかったのですがちょっとだけベッドで仮眠しよ
うかなと横になるといつのまにか眠ってしまい気が付くと時間
はもう夕方の5時…、ああまたやっちまった~全く何にも無い
無意味な1日の過ごしかた…

天気も良くないし出掛ける気も起きなかったが、そのお陰で
寒くも無く暑くも無いちょうど良い天気の悪さが眠気を助長し
たのでしょう、まるで8月から9月までの夜勤の時の睡眠不足
をこの1日で取り返してやろうという意気込みがあったようだ…

で、今日の休みはパッチリ目が覚めた!がやはり天気は眠気
を誘う感じの空模様だ、そういえば毎年この時期は霞城公園の
二の丸のお堀端、東大手門の北側のお堀沿いに彼岸花が咲く
ので写真でも撮りに行こうとカメラの準備をする、カミさんが今年
はちょうど開花の時期に(1週間ほど前)その彼岸花が咲いている
場所で一夜にして根こそぎ彼岸花が盗まれるという事件があった
そうだとの話を聞いた、とんでもない事をする輩がいたものだ、
きっとそんなヤツは祟られて地獄に落ちるのであろう…

気を取り直して、どれだけ取られているかの確認も兼ねて昼頃に
重い腰を上げる、いやいや実は歩かなければならない体なのだ、
1万歩は無理としてせめて5千歩は歩きたい、西掘には鴨たちが
勢ぞろいしていた一体何羽いるのだろう?50羽以上いるようだ。

SWGB03_8815.jpg

西門から入り歩いていると独特の匂いがしてくる…

SWGB03_8808.jpg

金木犀(キンモクセイ)の花が満開だった。

SWGB03_8805.jpg

さて、彼岸花の咲いている場所は二の丸の左の石段を上がって左側の土塁の
上から下のほうにかけてです。

SWGB03_8742.jpg

ただし結構急な坂になっているので近付いて撮影するのはかなり危険が
伴う、確か昨年は上の方に群生して咲いていたと思ったがその近辺には
ほとんど咲いていない、多分、その場所の花を盗んで行ったのだろう…

SWGB03_8746.jpg

なので下のほうには昨年と変わらず多くの彼岸花が咲いていた、残念なのは
写真撮影がとても難しいこと、足を踏み外したら、あっという間にお堀の
中にまっ逆さまです。

SWGB03_8741.jpg

こちらは上の方にさいている彼岸花です。

SWGB03_8736.jpg

SWGB03_8734.jpg

実はこの彼岸花はこんな危険を冒さなくても東大手門から見られます、
わかりますか?

SWGB03_8780.jpg
だいぶ夜勤も慣れてきた感じですが、朝帰るとふらふらするのが
わかる、あとはその日の夜にまた夜勤に行くわけですが、日中に
どこかに行こうという気持ちもなくなってくるわけで…
慣れてきたところで今度は毎日雪との戦いになるわけで(笑)、でも
このままでは仕事に押しつぶされてしまいそうなので気分転換、
ストレス発散のために何とか出掛けてみようとたくらんでいる。

最近、スーパーのお酒売り場で目を惹いたのがこのキリンの白ハイ
ボールです、9月の26日に新発売されたらしいのでホントつい最近
ですね。

SWG03_8729.jpg

缶のパッケージがなかなかいい♪白地に白の大きな文字がデザイン
されている、この白ハイボールでは「ホワイトドッグ」と呼ばれる熟成前
のウイスキーでつくることによって、「樽由来の成分がないスッキリした
味わいを実現させた」(キリンビール)という。

確かにグラスにあけて見るとほとんど無色の中に少しだけ薄茶色といった
感じですがブラウンシュガーを混ぜているとのこと、技術的には無色に
出来るそうですが、アンケート調査の結果、ウイスキーをイメージできる
茶色のほうが人気があったそうだ。

僕的には一口呑んだ後の独特の香りと味にちょっとクセがあるなという
感じがしますが、キンキンに冷やして呑むと最強のハイボールだと思い
ます、我々世代が思っているハイボールとは一味違うテイストですので
是非、一度試してみては?

SWG03_8732.jpg
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。