上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13号線を高畠方面に向かう途中の橋の手前左側に丸ポストを
見つけました、椚塚(くぬぎづか)と言う地名だそうです、珍しい
地名ですね。

SWGB03_3136.jpg

SWGB03_3137.jpg

米沢に行く途中に偶然見かけた丸ポストです、集配時間を貼る場所は
錆びで表示がありませんでした。

SWGB03_3139.jpg

なので投函口の下の方に貼ってありました、久し振りの丸ポストです、
あとは小野川温泉方面かな…

SWGB03_3138.jpg
スポンサーサイト
毎朝のウォーキングも三日坊主で週に1回ぐらいしか出来ていません、
米沢までの車通勤はやはり腰に来ますね~、慣れるまでは仕方ない
ですね、この3連休は2回ほど日帰り温泉に行って来ました、入った後は
少し楽なのですが暫くするとまた痛み出すような感じです、なかなか以前
に撮った写真をアップ出来ません、川西のダリヤ園やフラワー長井線の
車輌とかの写真がたくさんあります、あっ!野草園の写真も、そろそろ秋
の植物が咲いているでしょうね、野草園も行ってみたいです。

最近はウォーキングの時に携帯電話のラジオを聴きながら歩いています、
結構いいもんですね、リズム良く歩けます、ということで今回はデジカメも
同行しました(笑)、今の時期だと夜明けはAM5:30頃でしょうか?AM6:00頃
から霞城公園を歩きました、昇る太陽とともにシャッターを切りました。

SWGB03_3111.jpg

SWGB03_3112.jpg

SWGB03_3113.jpg

SWGB03_3115.jpg

SWGB03_3116.jpg

SWGB03_3117.jpg

SWGB03_3128.jpg

SWGB03_3130.jpg
前回の記事の続きになります、伝国の杜の帰りに高畠町まで足を
延ばしてみました、博物館の資料にあった旧高畠駅を実際に見て
みようということになりました、僕は以前に何度か訪れているのです
が、まだ見たことのない人がいるというので…

この旧高畠駅は、この地域の名産である高畠石を使って建設された
石造りの駅舎です、高畠石はさらに、個別の石切場の名前を付けて
細分化されていて、高畠駅に使われたのは瓜割石切場から切り出さ
れた瓜割石です。

SWGB03_3108.jpg

高畠線は、山形県東置賜郡高畠町の奥羽本線糠ノ目駅(1991年に高畠駅
と改称)から分岐して(旧)高畠駅を経由し二井宿駅までを結んでいた、山形
交通の鉄道路線です。

SWGB03_3103.jpg

駅のホームはそのまま残されていて、車輌も保存されています、上の写真は
高畠鉄道オリジナルの小型車モハ1です、ED1型電気機関車とワム201型有
蓋貨車もあります。

SWGB03_3104.jpg

SWGB03_3105.jpg

SWGB03_3106.jpg

ここまで来たら安久津八幡神社の三重塔も行ってみたいですよね~

SWGB03_3109.jpg

SWGB03_3110.jpg

んー、やはり三重塔はコンデジでの撮影では画像が鮮明ではありません
ね、これからだと紅葉の時期にはいいですよね、一眼レフ担いで来てみま
すか!
米沢にある伝国の杜「上杉博物館」で7月28日~9月25日まで開催されて
いる昭和の旅の記憶という昭和の町並みや昭和の生活用品を展示する
イベントがあったので訪れてみました、今回も一眼レフではなくコンデジ
での撮影です。

SWGB03_3074.jpg

一昨年の2月以来の伝国の杜です、しかしでかいなあ~

SWGB03_3075.jpg

今年で上杉博物館が開館して10周年になるそうで、他にもいろんな企画
が予定されているそうです。

SWGB03_3076.jpg

タイトルに近くてなつかしい昭和2とあるので今回で2回目の開催になる
のでしょうか?

SWGB03_3099.jpg

さあ、昭和の町にタイムスリップしましょう!というか写真撮影OK(ストロボ
禁止)の展示って珍しいですよね。

SWGB03_3080.jpg

これは電気屋さんですね、洗濯機・テレビ・冷蔵庫の3つは憧れの電化製品
でしたね。

SWGB03_3078.jpg

昔の自転車は丈夫だったですよね~

SWGB03_3081.jpg

下町の飲み屋街のイメージですね。

SWGB03_3082.jpg

喫茶店です、今では喫茶店も少なくなりましたね…

SWGB03_3083.jpg

僕が18歳ぐらいの頃まで活躍していたミュージックボックスです。

SWGB03_3084.jpg

今は床屋さんも安くなりましたね~

SWGB03_3086.jpg

こういった食堂はまだまだ見かけますよね。

SWGB03_3087.jpg

踏み台が懐かしいですね、確か母の実家にまだあったような…

SWGB03_3089.jpg

あのカメラのストロボ懐かしいですね、スライドして丸く広げて使うんです
よね!

SWGB03_3090.jpg

蒸気機関車に乗った時はトンネルに入る前に窓を閉めて…

SWGB03_3091.jpg

釜飯弁当を買った時には必ず家に持ち帰ってました(笑)。

SWGB03_3093.jpg

山交の高畠線の資料の展示がありました。

SWGB03_3094.jpg

SWGB03_3095.jpg

SWGB03_3096.jpg

SWGB03_3098.jpg

SWGB03_3097.jpg

外に出るとまだ雨が降り続いていました、23日からこの上杉神社近くで始まる
兼続どん丼まつり・うまいもの市の準備をしていました。

SWGB03_3100.jpg
久々のラーメン日記です、今回、転職した会社が山形市と米沢市を
基点にしてプロジェクト活動をするということで、僕は米沢チームの方
に配属になりました、昨日は山形チームと米沢チームが米沢で合流
してミーティングやプロジェクト活動に参考になる資料館等を訪れる事
になりました、午前中のミーティングを終え、昼食ということになり、米沢
と言えばラーメンでしょう!と米沢を代表するラーメン店の1つでもある
かわにし食堂さんに行くことにしました、平日の12時前に到着しましたが
雨降りなのに駐車場は満車でした…

SWGBE03_3073.jpg

店内に入るとすでにテーブル席もカウンターも奥の座敷も全部埋まっています
、6人で行きましたが3人が何とか奥の座敷席に座れたようです、残り3人も無理
矢理その座敷席に座ることにしました、暫くすると隣に座っていた客が帰り座卓
を繋げました、雨降りで寒かったのですが冷房がガンガン効いています、おおっ!
禁煙なんですね、この店。

SWGB03_3069.jpg

メニューは焼きそばや味噌ラーメンなど魅力的な品があるので迷いましたが、ここは
基本、中華そば(550円)でしょう!もちろん大盛り(150円増)!

SWGB03_3070.jpg

店の外には立って並んでいる客が溢れている、何だか早く食べないと気まずいような
雰囲気が漂うが(笑)、15分ほど待ってから運ばれて来ました、一人だけ野菜醤油
ラーメンを頼んだ人がいたので見てみると、こちらも美味しそうでした。

SWGB03_3071.jpg

米沢のラーメンを食べるのは何十年振りということになります、あの頃は太麺の縮れ麺
ばかり食べていたような気がします、ここ、かわにし食堂さんの麺は細麺の縮れ麺です
初めての食感ですね~、スープは鶏ベースらしいですが詳しくはわかりません、でも
かなりアッサリ系のスープです、少し甘めと言ってもいいのではないでしょうか、う~ん
クセになる味ですね、さて、米沢にいる間に何軒のラーメン店を訪れることが出来るので
しょうか…、そしてラーメンが運ばれて来る前までは強い冷房で震えていましたが食べ
終える頃にはハンカチで汗を拭いていました(笑)。

SWGB03_3072.jpg

かわにし食堂
米沢市大字長手1153
TEL 0238-28-1000
営業時間 AM11:00~PM15:00 PM17:00~18:30
定休日 水曜日
季節感がなくてすみません…、この写真は8月中旬頃に撮影した
ものです、なかなかブログをアップする時間がなくて、家に帰って
眠くならないうちに記事を書いているので遅れております、8月に
撮影した写真がかなりあります、8月は就職活動してたのでブログ
を書く気持ち的余裕がなかったのでたまってしまいました。

さて、白鷹町の山口地区に有名な蓮池があるというので出掛けて
みました、安楽院近くの休耕田にあるというので、安楽院でナビを
かけて探すことにしました、近くまで来ると案内板が立っていたの
で苦労しないで見つけることが出来ました、ここが安楽院です。

SWGB03_2718.jpg

蓮の花は2種類あるようで、ピンク色の蓮は「大賀蓮」と言い、
早朝に花びらを広げ夕方には閉じてしまいます。

SWGB03_2719.jpg

蓮池も2つに分かれているようです。

SWGB03_2733.jpg

こちらが「大賀蓮」

SWGB03_2721.jpg

SWGB03_2732.jpg

SWGB03_2724.jpg

こちらが古代蓮と言われる白色の「慈恩寺蓮」です。

SWGB03_2727.jpg
昨日は35℃もあった気温が今日は極端に低下して日中でも25℃前後で
肌寒いくらいでした、まだまだ夏物の服で大丈夫だなと思っていたので
困った…、でもまたいつ暑くなるか分からないので暫くは夏物で過ごして
みることにしますか。

今日は久し振りに寒河江のゆ~チェリーに行って来ました、朝8時頃に
到着、結構混んでいるのかと思いきや駐車場は空いていた、気温も下が
ったので長い時間湯船に浸かることが出来た、最近、左足が痺れるので
坐骨神経痛かなと思い、温泉に浸かれば多少は良くなるかなと、座って
仕事してるからかなと思いつつ、休みの日は朝歩こう!なんてやってまし
たが、どうも長続きしませんねー(笑)

ところで久々の蕎麦の記事です、こちら紅の蔵の中にある紅山水さんは、
山形駅西の南門の近くにある日月庵さんの姉妹店ということなのでメニュー
等はそんなに変わりはないと思いますが、何と行っても山形のアンテナ
ショップの中に入っているわけですから頑張って欲しいものです。

さて、そば処「紅山水」さんに行くには入り口が2つあります、1つは南側に
「おいしさ直売所」ある門から行く入り口です、下の写真がそうですね、
メニューの案内板も両方にあるようです。

SWGB03_2212.jpg

SWGB03_2213.jpg

一通り紅山水さんの中を歩いてみましょう、いろんな物があって楽しいですね。

SWGB03_2214.jpg

こちらは予約専用の蔵座敷ですね。

SWGB03_2215.jpg

山形の地酒が並んでいます。

SWGB03_2220.jpg

SWGB03_2221.jpg

店の中を横断すると西側の入り口に出ます。

SWGB03_2217.jpg

西側の入り口は通りから入るとこんな感じですね。

SWGB03_2219.jpg

開店はAM11:00なのですが少し早めに店内に入れてもらいました、外は
暑かったので感謝です!

SWGB03_2223.jpg

店内は座敷席がほとんどです、最近は座敷席が苦手な僕ですのでテーブル席
に座ります。

SWGB03_2228.jpg

まあ、一人ですからこのテーブルは気を使わなくていいですね。

SWGB03_2230.jpg

縁側のような所には紅花をドライフラワーにしたものが飾ってあります。

SWGB03_2234.jpg

さて、注文は1日30食限定の十割田舎そばです!確か日月庵でもありましたね。

SWGB03_2231.jpg

それにしても最近は蕎麦食べてないなあ~、以前は一週間に1回はそば屋さん
を回っていたような気がしましたが…

SWGB03_2243.jpg

うん、やっぱ日月庵の十割りそばです、硬くてコシがあって好きですね、こう
いう麺、やっぱり太麺の十割りそばが一番いいです、つゆは少し辛めの濃い目
、これが合うんですよね。

SWGB03_2240.jpg

十割り田舎そば(1日限定30食)850円 
そば処 紅山水
山形市十日町2-1-8
TEL 023-679-5102
営業時間 AM11:00~PM21:00(L.O.PM20:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は営業)、1月1日~3日
昨日、今日の2日間は長井の古代の丘縄文村で、ぼくらの文楽のイベントが開催
されました、初日の17日は会場に行くシャトルバスの乗り場でもある、フラワー
長井線の羽前成田駅の撮影に行く予定でしたが用事があり行けませんでした、
とっても残念です…、次回も開催されるのであれば絶対に行こうと思っています、
ツイッターでいろんな情報を見て、こんなに楽しいイベントが山形で開催される
って素晴らしいなあと思いました、それにフラワー長井線を有名にしてくれたって
いうこと自体嬉しいです!

さて、その用事のある2日間が過ぎ、夕方には買い物に出掛けました、それにして
も今日の暑さはすごかったです、車の気温計は36℃を表示していました、明日か
らは突然気温が下がるようですが、毎日続く暑さから気温が急に下がると体調が
崩れていくような気がします、気をつけなくては、本当に山形は秋という季節が短い
ですね~

買い物の帰りに少し雨が降ったようです、空を見上げると虹が出ていました、久し振り
の雨だったし、虹に見とれていました(笑)。

SWG03_3034.jpg
暫く振りにスーパーの冷酒コーナーを覘いてみると、発砲系の冷酒
の種類が随分増えて来ている、価格も安いものから高いものまで
いろいろ揃っていますね~、そんな中で今回選んだのは白鶴酒造から
発売されている、白鶴ハイボールをチョイス!

335mlで284円と価格の割には量も十分、かなり冷やして呑むと、一気
に飲み干しそうな感じのスッキリした喉越しです、アルコール分は8%
で炭酸は割りと強い感じがした、家だったら焼き鳥5本くらいにこのお酒
1本でちょうどかな(笑)。

SWGB03_3022.jpg

メーカー: 白鶴酒造(株)
商品分類: 清酒(発泡性)
発売日: 2011年03月08日
発売エリア: 全国
価格: 284円 (参考小売価格 , 税別)
容量: 335 ml

コンセプト:アルコール分は、8%。
 気軽に楽しめる、料理とも相性抜群な日本酒のハイボール。
 日本酒本来のうまみを生かした味わいと、爽やかな炭酸の飲み心地が楽しめる。
 日本酒の甘辛濃淡式では甘口、淡麗となるが、低アルコールおよび炭酸ガス含有
 であるため、実際はドライ(やや辛)でスッキリ(淡麗)な味わい。
最近は毎朝、霞城公園のお堀沿いを歩いています、大体は朝6時頃
自宅を出て西堀沿いに歩き、西門から遊歩道に上って行きます。

SWG03_3012.jpg

とりあえず西門からは土手に上って歩いて行きます。

SWG03_3013.jpg

南門からは今工事中らしく通れないようになっているようです…

SWG03_3015.jpg

でも、ちょっとだけ歩いてみました、短い時間ですが動画にして
みました(笑)。

[広告] VPS


この辺は二の丸付近から北門のほうに進んだところ辺りですね、朝の緑は
とても気持ちがいいです。

SWG03_3017.jpg

SWG03_3018.jpg

普段は見れない風景が出て来ます。

SWG03_3019.jpg

弓道場ではこんなに朝早くから弓を打っていました。

SWG03_3020.jpg
以前から気になっていた蚕桑駅近くにあるという田んぼアートを
見に先月の末に行ってみました、フラワー長井線の蚕桑駅には
案内板がありました、今までは反対側(西側)にあると思っていた
のでしたが反対(東側)のほうにあったんですね、とにかく行って
みましょう!*注、東西南北がハッキリしないので定かではないです…

SWGB03_2713.jpg

案内板の通りに進むと看板が見えて来ます、わりと蚕桑駅から近い
ですね。

SWGB03_2714.jpg

8月28日の日曜日には須貝智郎さんのライブがあるんですね、僕が行った
のは8月27日で1日前でした。

SWGB03_2715.jpg

さて、視線を田んぼのほうに向けると、おかいこ姫と姫に恋する青年の絵
が田んぼに現れています。

SWGB03_2716.jpg

蚕桑地区にはこんな伝説があるそうです、「おかいこ姫の恩返し」という
話で勤勉な農家の青年がいて、ある吹雪の日、雪に埋もれたカイコガを
助けるるのですが、カイコガは乙女に姿を変え、青年のもとを訪ねて織物
で恩を返すという話だそうです。

約35アールの水田にあるアートは色違いの3種類の古代米で描かれ、背景が
はえぬきで、腕を広げた着物姿の姫にまげを結った青年が寄り添っています。

SWGB03_2717.jpg

撮影年月日2011年8月27日
置賜で音楽活動がしたい!

  米沢でLIVEをやりたい!

ジャンルを超えた交流をしたい!



昨年から始まった「米沢で音楽祭を!」okiTama musician Festivalの
第2回が本日、米沢総合卸売センター内のP・PALで開催されます。

15:30開場、16:00開演です、チケットは前売り800円、当日券1,000円で
高校生以下は入場無料です、雑貨・物産・飲食販売ブースもあります。

詳しくは下の画像の下にある「大きなチラシ」の文字をクリックすると
たまふぇすのチラシのページに飛びます。

chirashi2011a.jpg

たまふぇす「大きなチラシ」
5月頃から暫く行ってなかった西蔵王野草園を訪れました、D40Xの
修理も終わったのでマクロレンズを使った撮影の勉強を兼ねてです
、写真のほうは「新・ふぉとギャラリー」のブログで紹介していきます。

8月28日の日曜日です、11時頃ですが、天気はいいのですが気温が
高くて暑いせいか駐車場には20台くらいの車しかありませんでした。

SWGB03_2871.jpg

SWGB03_2867.jpg

そうそう、この写真ではないですが赤とんぼを見つけました!ひょうたん池
のところですね、もう秋は近いのですね、などと言ってますが台風が近づいて
来ているせいか湿気がすごいです、PCのキーボードがペタペタします…

SWGB03_2953.jpg

それから野草園に行った前の日は久し振りに置賜地区に行ってきました、川西町
のダリヤ園や山口地区の安楽院の蓮池、もちろんフラワー長井線も!
以前は野草園を4周くらいしても平気でしたが、最近、疲れます、運動不足なんで
すね、少し走ってみようと思います、でも野草園で食べたアイスは美味しかった(笑

SWGB03_3001.jpg
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。