上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほとんどが山形でのロケという事で、やはりこの映画は観なくてはと
出掛けました、藤沢周平原作の短編小説を映画化した時代劇だという、
時代劇なんて映画で観るのは何十年振りなのだろう…小学校の時は
父に連れられて何回も観に行った記憶はあるが。

小川の辺②

山形市内や高瀬地区、慈恩寺のほうでもロケをしたとかいう、あとは
上山の旧尾形家なども登場しているらしい、映画の中ではそのロケ地
だけが気になる(笑)。

SWGB03_2124.jpg

明後日の7月2日から全国公開で山形だけは6月18日から先行公開して
います、まあ、平日の昼間と言うこともあり、客は年配者が多いって、
人のことは言えないのですが(笑)、確かに若い人は観ない映画だとは
おもうんですけどね…

SWGB03_2123.jpg

少し映画の内容を説明しましょう、藩から上意討ちの命を受けた戌井朔之助
(東山の紀之)、狙う相手・佐久間森衛(片岡愛之助)の妻が妹・田鶴(菊池凛子)
だったことから、朔之助は肉親の情愛と藩命の間で苦悩する。

田鶴自身が剣術遣いでもあり、もし刃向かえば彼は妹を斬らなくてはいけない…。
その朔之助が佐久間を探す道中に付き従うのは、戌井家に仕える若党の新蔵
(勝地涼)、彼は朔之助や田鶴とは兄弟同然に育った仲で、田鶴には主従関係以上
の思いを抱いていた、妹を思う朔之助と、愛する人を死なせたくない新蔵。
二人の男の心情は、田鶴との再会によって臨界点を迎える…

冒頭では海坂城から戌井が出てくるシーンを山形城跡・霞城公園の二の丸で撮影
しているが夜のシーンだったのでハッキリとはわからなかった…

慈恩寺でも夜のシーンでしたが出発する時は良くわかりました。

あと、二人が旅をするシーンでは高瀬地区の山々がものすごく美しく映し出されて
いた、この風景を観るだけでも価値のある映画ではないだろうか!

気になったのは、朔之助の妻、幾久を演じた尾野真千子です、初の時代劇だと言うが
、尾野が演じる幾久は、過酷な運命を背負わされた戌井家を憂い、夫の留守中、義父母
の心の支えとなるよう献身的に振舞うという役どころですが見事にこなしていると思う
現在は、ヒロインに抜てきされた2011年後期のNHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」
の撮影に入っているという。

尾野真千子

まあ、観る観ないは皆様の自由ですが、僕は何となく好きな映画でした、やっぱり
歳とってきたのかな…

小川の辺

キャスト:東山紀之、菊地凛子、勝地涼、片岡愛之助、尾野真千子、松原智恵子、
     笹野高史、西岡徳馬、藤竜也
監督:篠原哲雄
製作:川城和実、遠藤茂行、福原英行、木下直哉、大芝賢二、鈴木道男、小滝祥平、
   黒澤洋介、園部稔、岡正和、谷徳彦、阿部和夫、高橋文夫、吉村和文
原作:藤沢周平
脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
撮影:柴主高秀
美術:金田克美
編集:奥原好幸
音楽:武部聡志
スポンサーサイト
山形五堰の第2回目です、錦町にある神明神社の北側を流れて
いるのが八ヶ郷堰です。

SWGB03_2100.jpg

神社の中に入ってみます。

SWGB03_2105.jpg

実は八ケ郷堰は以前は現在の馬見ケ崎川だったそうです、昔、大洪水が
起きて城から離れた場所にするということだったらしいです、馬見ヶ崎川
が、盃山の麓で不自然に曲がっているのはその為なのか?

こちらは西側から撮影。

SWGB03_2102.jpg

そして、こちらは東側から撮影しました。

SWGB03_2103.jpg
最近出来た長井バイパスがありますが、フラワー長井線の西大塚駅
を今泉駅方面に行く時にそのバイパスの下を通ります、跨線橋ですね、
何とかこの跨線橋の上から撮影する事を考えていましたが交通量も
多く、車も停めれない様子です、そんな中、あるブログで、その跨線橋
の遥か上からフラワー長井線が走っている写真を見つけました、おおっ
ここはどこから撮影したのだろう?

とにかく現場に行ってヒントを見つけようと思ったら案外簡単に見つかり
ました、バイパスの途中に脇道を見つけました、ここかな?上に上って
みました、かなり急な山道ですね、車で行けるところまで行って、後は
車を降りて歩きました、そうすると長井バイパスが一望出来、フラワー
長い線のレールが見えます、ここだったのか!

ちょうど田んぼに水が入ったばかりの頃でした、ここからの撮影はいい
ですね、穂が伸びて、稲刈りの終わった頃とかもいい風景かも知れません

SWGB03_1936.jpg

ここは「八ケ森さくら園」ふれあい展望の丘と呼ぶのだそうです。

SWGB03_1938.jpg

近くには置賜総合病院が見えます、これで大体の場所は分かったでしょうか?
ここで撮影した写真は近々アップします。

SWGB03_1939.jpg
『RAILWAYS 第2弾』が2011年12月全国にてロードショーが決まりましたが
サブタイトルも発表されたようです、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
です。

公式ホームページも出来ているようです→こちらをクリック
レイルウェイズ2公式サイト

RW1.jpg RW2.jpg
ついに「ひろぽん号」が入院してしまった…、ブレーキが突然
効かなくなってしまったのだ、ブレーキが効かないわけだから
当然乗れないわけで、ディーラーに連絡しレッカーしてもらった、
原因はブレーキパイプの破損らしい、ところが交換部品が無いと
いう、そう、今回の地震が影響しているらしい、特にこのブレーキ
パイプというかホースはそんなに修理の頻度が少ない上に部品
工場や倉庫が地震で災害を受けていて生産が遅れているとのこと
でした、部品が入荷するのが多分、今月末から来月初めだという
約3週間以上、車が使えない状況になってしまった…

自転車がなかったら全て歩きでの移動手段しかなくなっていたので
こんな時は自転車が役に立つ、壊れたのが今の時期で良かった、
もし冬だったらと思うと(ブルブル!)。

下は僕の車ではないですけど同型のカリブです。

カリブ入院中②

カリブ入院
南陽市の市民体育館付近を通った時に上空からヘリの音が
聞こえて来ました。

SWGB03_1966.jpg

あれは防災ヘリのもがみだ!

SWGB03_1967.jpg

う~ん、こんなに近くから撮影するのは初めてです。

SWGB03_1969.jpg

どうやら体育館の駐車場に着陸するようです。

SWGB03_1972.jpg

SWGB03_1976.jpg

どうやら災害非常救助訓練のようなものをしていたようです。

SWGB03_1978.jpg

一般の人は誰も参加していないようなので消防関係だけでの訓練らしい
です、その後、カメラ撮影禁止の合図が僕に来ました、撮影するなということ
ではなく、危険だから近くに来るなという意思表示らしいです。

SWGB03_1980.jpg
山形市街地を網の目のように流れているのが山形五堰です、笹堰・御殿堰
・八ケ郷堰・宮町堰・双月堰の5つの堰があり全長115kmになります。

今回からこの山形五堰を紹介して行こうと思います、多分、車では行けない
場所が多いのでほとんど自転車で訪れようと思います、ひろぽん号の調子も
あまり良くないので明日は修理に出します、まあ、特に関係ないのですが車が
ないとやはり不便になりますね…

山形五堰については、これからいろいろ説明しながら紹介して行きますので
少しづつ記事の中で説明していきます、まずは山形五堰の始まりから!
と言っても、この写真は以前、馬見ヶ崎川合口頭首工というタイトルでこの
ブログで紹介していたのですが、再登場してもらいましょう。

山形五堰の水は釈迦堂にある、この馬見ヶ崎川合口頭首工(まみがさきがわごうぐち
とうしゅこう)から始まっているのです。

SWG4142_20110614180840.jpg

今回の第1回目はこちら山形五堰の御殿堰で七日町の済生館北側にある御殿堰
中央親水広場です。

SWGB03_2093.jpg

こんな風になる前はどんな堰の流れだったのでしょうね…、子供の頃は良く
遊んだ場所ですが、確か小さな小川の様な感じで流れていたような記憶が微か
にあります。

SWGB03_2095.jpg

SWGB03_2096.jpg
以前から気になっていたのですが…、そう、あの南陽市の赤湯の鳥上坂から
見える「白竜湖」です、一度も行ったことがなかったので今回初めて訪れてみ
ることにしました。

SWGB03_1941.jpg

そして、この白竜湖の伝説も調べてみました、以下は南陽の民話・伝説からの
資料です。

『ある時置賜が日照りで雨が全く降らず、水不足のため、あちこちで激しい闘争
が起こるようになった。村人は毎晩のように雨乞いをしたが、雨はいっこうに降り
そうもない。そこへ旅の僧がやってきて、その状況を気の毒に思い、天に向かっ
て経文を唱えること三日三晩、すると一天にわかに曇り、ぽつりぽつり雨が落ち
てきた。やがてざわざわと風がおきたかと思うと、湖から白竜が巻物をくわえて
天に昇っていったという』

このような伝説からこの湖を白竜湖と呼ばれるようになったと伝えられています。

SWGB03_1944.jpg

湖に竜神・水神信仰があることを伺わせる白龍弁財天があるというのですが
見つけられませんでした…

SWGB03_1942.jpg

山形には竜神伝説が数多くあるようです、きっとまだまだあるはずですので
探してみることにします、しかし湖面を見ていると本当に白竜が出て来そうな…

SWGB03_1943.jpg
今年は開花が遅れているといわれていましたが、先週の始めに
南陽市双松バラ園を訪れてみました、入園料は9日まで無料だった
そうです。

SWG03_1986.jpg

やはりまだ咲いているバラは少ないようです。

SWG03_1988.jpg

SWG03_1989.jpg

SWG03_1990.jpg

SWG03_1993.jpg

SWG03_1996.jpg

SWG03_1998.jpg

SWG03_1999.jpg

SWG03_2000.jpg

SWG03_2001.jpg

でも、咲いているところもたくさんあったのでちょっと得した感じ
です、あれから1週間経っているので大分咲いてきているのでは
ないでしょうか。

SWG03_1931.jpg

SWG03_1934.jpg

SWG03_1935.jpg

南陽市双松バラ園(双松公園)
期間6月上旬~7月中旬
問合せ 南陽市観光協会
TEL:0238-40-2002
地元の小学生が巫女の衣装を着て、舞を奉納します、鏡となった神社表面に
巫女の衣装と森の緑が映えますね。

SWG03_1890.jpg

SWG03_1893.jpg

SWG03_1895.jpg

SWG03_1899.jpg

SWG03_1900.jpg

SWG03_1908.jpg

SWG03_1913.jpg

さて、3回にわたって平成23年度の空気神社の空気まつりの模様を書いてみました、
いかがでしたでしょうか?来年度は是非、朝日町の空気まつりに足を運んでみて
下さい。

朝日町白倉 空気神社
期間 6月4日、5日
問合せ先 朝日町産業振興会 TEL 0237-67-2111
五穀豊穣祈願祭も終わり、ここでは神殿の内部公開が続いていますが
、イベント会場のほうに下りて見ることにします、係りの人たちも下に向か
います、大きな荷物が重そうです。

SWG03_1869.jpg

イベント会場では朝日町の特産品販売やミニSL、もちろん焼きそばやフランク
など美味しい屋台がたくさんです。

SWG03_1870.jpg

この下の広場では朝日町青年有志会によるチェーンソーアート会場があります、
ちょっと覗いてみましょう。

SWG03_1872.jpg

ふ~ん、これ全部チェーンソー1つで作ったんですよね~

SWG03_1875.jpg

え~と、手打ち蕎麦は午前11時からか…、少し早いけど近くのベンチに座って
待つことにするか。

SWGB03_1876.jpg

ベランダにはテーブルもあり、なかなか洒落たお店ですね、というよりも常時
開設しているわけではないのだろうが、こういうイベントの時にOPENするので
しょう。

SWGB03_1877.jpg

観光案内板を見ると朝日町はまだまだいい所がたくさんありますね、また訪れたい
と思います。

SWGB03_1878.jpg

しばらくベンチでボンヤリとしてると店の方が声をかけて頂いて、「蕎麦ですか?」
というので、「ええ、蕎麦を食べる為に待ってます(笑)」と答えると、「どうぞ!」
と開店前なのですが案内してくれました、ありがとうございます。

SWGB03_1882.jpg

店内は喫茶店の様な雰囲気ですね、事前に「もりそば」700円の食券を購入します、
風が店の中を通り抜けて行き爽やかな感じです、つゆと薬味、漬物が出て来ました。

SWGB03_1884.jpg

もりそばが出て来ました、コシのある中細の麺です、十割なのでしょうか、二・八なので
しょうか?これは食べやすいですね、つゆは多少濃い目ですが、このつゆが蕎麦の
甘味を引き出すんでしょうね。

SWGB03_1885.jpg

本当はもう1枚食べたいところですが、今、仕事がうまく行ってないので減量しています、
食は三分の一まで減らしてます、これからどうなるのか分からないので食欲が無いという
のが本当なのですが…

蕎麦打ち愛好会「そばの実会」と言うのは朝日町にあるそば屋さんの方が集まって作った
会のようですね、朝日町内にある「西郷亭」さんや「蕎楽」さんの店は休みのようでした、
多分この中で蕎麦を打っているのだと思います。

SWGB03_1887.jpg

あと、これはお店の方が今日一番のお客さんなので、と言うことで「ゆべし」をサービス
で頂きました、何から何まで嬉しかったです。

SWGB03_1888.jpg

さあ、次は空気神社で巫女の舞を撮りに行かなければ!
6月4日に朝日町白倉にある空気神社で年に一度しかないという
空気まつりに行って来ました、場所はAsahi自然観の先になります、
この大きな空気神社と書かれた石碑?を登って行きますが結構
辛いです…

SWGB03_1850.jpg

そして、この参道を登って行くと途中に塔が5つ参道脇に立っています
、今回、写真は撮らなかったので興味のある方は是非訪れて見て下さい。
この塔は宇宙を創る5元素といわれる「木・火・土・金・水」のモニュメント
だそうです。

SWGB03_1851.jpg

午前9時30分から始まると言う五穀豊穣祈願祭に間に合ってしまったので
一緒に祈願祭に参加しました。

SWGB03_1855.jpg

SWGB03_1856.jpg

SWGB03_1859.jpg

終了後は団子やりんごジュースも頂きました、ありがとうございました。
さて、いよいよ空気神社の本殿(内部)の公開というので早速、用意された
階段を下りて行きます、そうですね~深さは3メートルぐらいあるでしょうか…

SWGB03_1861.jpg

神殿には12の素焼きの瓶が並べられています、空気が御神体なのです、そして
参拝者の拍手の音が良く響く様になっているとの事です。

SWGB03_1862.jpg

さて、午後からは巫女の姿をした地元の小学生が舞うとのことなのでそれまで
下のイベント会場のほうに行ってみることにします。

SWGB03_1863.jpg
この前、朝日町に行った時に訪れた椹平の棚田です、山を上って
行くと案内板が出ていました、この他にも撮影ポイントがあるらしい
のですが、今回はこの場所で撮ってみました。

SWG03_1846.jpg

SWG03_1847.jpg

この日は天気が良過ぎるくらい良かったですね~、なので露出が難しい
です、時々曇ったりするし…

SWGB03_1845.jpg

同じような写真ですが縦撮りしてみました、それにしても空が高いなあ~

SWGB03_1844.jpg
今日は西大塚駅付近に用事があり、西大塚と言えば「かめや」の馬肉
チャーシューラーメンが頭に浮び、もう食べずにはいられないですね~
昼間の時間はもちろん避けて午後2時過ぎくらいに訪れましたがテーブル
に一人づつということもありますがテーブルは全部埋まってました。

以前に一眼レフでバンバン写真撮ったので今回は携帯のカメラで撮影
しました、うん!やっぱりいい画像ではない(笑)、カシオ系の携帯
カメラはブルーが強いような気がします、ホワイトバランスの関係なの
かな…、今度は携帯のカメラもマニュアル撮影出来そうなのでそれで
やってみようかなと思ってます。

SWGB03_2078.jpg

僕の座ったテーブルNOは1番、なので注文の時は1番で普通(大盛り・普通
盛り・小盛り)の3種類しかないので、あと、トッピングでメンマ・チャーシュー
が100円でプラス盛りになる、僕がいつも頼むのは普通のメンマプラス!
普通盛りが600円、メンマが100円で計700円になります。

SWGB03_2076.jpg

ああ、画像わりい~、なんかストレスが…(笑 今度は一眼もう一度持って
行こうかな、それより、どうですか!このメンマの量!馬肉チャーシューすら
埋まって見えてません、いつものしょっぱいつゆ!ああ、何でこんなにしょっぱい
んだろう!今日は午前中汗を掻いたので気にならないが、一応血圧を心配して
スープは残してしまいました、というかスープ残す人多いですね。

SWGB03_2077.jpg
落書き帳と鉄塔写真それに山形の街の風景の3つのブログを
やめました、まるっきりやめたので同じタイトルでの再開は
考えていません、この、ひろぽんの「禁煙日記」と「そば日記」
が中心でやっていこうと思います、考えてみると、このブログの
内容と新・そば日記も新・ふぉとギャラリーは、ほとんど同じ様な
感じなので、この2つもやめようと思ったのですが、ふぉとギャラリー
のブログも結局、何を表現しようとしているのか、テーマが未だに
はっきりしていない状態で続けるのはいやなのですが、も少しだけ
やってみます…
リンクして頂いている方には大変勝手で申し訳ありませんがお許し
下さい。

SWG03_1530.jpg
以前はミツガシワは大平沼のところにあり、撮影が大変でしたが
最近はひょうたん池の方にもあります、近くから撮れるので助かり
ます、まあ、それにしても毎年、毎年同じ植物を撮ってますね~

ああ、そういえば最近は禁煙の森のサイトに行ってるんですよ、
と言っても、以前のメンバーは誰もいないし、日記を書いても、すごい
ですね~、なんて言う歓声のコメントがほとんどなので、返すコメント
に何を言っていいのやら…

この夏は電気代の節約が話題になっていますが、家にはエアコンが
ありません、扇風機が1台あるだけです、それでもかなり暑い時で
ないと動かしませんね…、だって団扇がありますから(笑)、と言うことで
我が家に節電はありませんね。

SWGB03_1754.jpg

SWGB03_1755.jpg
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。