上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二日前から痛み出した腰と足…、困ったものだ、対策は…
温泉です(笑 、今日も早番で帰らせてもらい、最近、通っている
百目鬼温泉へ!

午後5時45分到着、まだ日が沈んでいないので明るい感じだ、この前
行った時は同じ時間でも真っ暗だった、陽が長くなって来たんだなと
思う。

今日は平日だし、そんなに混んではいないだろうと思って出掛けたの
ですが、かなり混んでいました、駐車場は空きが2、3台という感じかな…

案の定、中に入ると洗い場が満席で少し待つ…、考えてみるとこの時間
が夕方一番混むのかな?今夜は6時30分頃までいましたが、そのくらいの
時間になると10人くらいになっていたので、それから今日、気が付いたの
ですが、風呂場は男女が入れ替わるのですね、どういうサイクルかは分かり
ませんが、今日、あれっ?って思って、この前と全てが逆というか反対だった
から…

今日は最初から露天風呂のほうに入りました、最初はかけ流しのお湯が出て
来るところに入ってましたが、ちょっと熱い湯が来るので、少し離れたところに
移動しました、上を見上げると空がまだ青い感じでした…

ここの温泉は塩分も入っているのですが体が浮くほどの濃度ではないようです、
湯気の間から見える青い空を見上げる…、白い雲が動くのが分かる、時間は6時
前くらいなのだろうか…、以前の山形では考えられない、この日帰り温泉ブーム
、僕としてはいいばっかりなのだが、会社帰りにこんな贅沢が出来るのだから…

この温泉は3分以上は入らないことと注意書きがしてありますが、かなり長湯
してしまいました、青い空が、段々、群青色に染まって行きます、雲の流れが
分からなくなってきて、風呂から立ち上るもうもうとした湯気が勢いをましていき
ます…

群青色をした夜空を見上げているといつの間になんだろう星が煌き始めた、こんなに
長い時間、空を見上げることは昼間でもあまりないことだと思う、露天風呂を照らす
スポットライトがやけに眩しく感じるが夜空に点々と現れる星たちはそんなライトに
負けまいと光を放っている…

帰りに前回は閉まっていた焼きそばやたこ焼きを売っている店が今日は開いていた
、試しにと思って焼きそばをお願いしました、良く考えてみれば風呂に入る前に予約
すれば良かったと後悔する、1人前400円で玉子入りが500円、当然、注文は玉子入り
車の中で待っていれば車まで持ってきてくれるという、帰ってから早速食べてみたが
これが美味しい!次はたこ焼きでも買ってみるかな…
スポンサーサイト
今朝の新聞を見ると、昨日27日に西川町の月山沢の国道112号で
大規模な雪崩が発生し、現場付近が全面通行止めとなった、と書
いてあった、全面通行止めの箇所も出ているようです、復旧のメド
は経っていないとの事…

3月の4日~6日まで開催される志津温泉の雪旅籠の灯りのイベント
は実施されるのだろうか?今の時点では公式サイト、ブログ、西川町
のホームページ等では何も書かれていない…
ついに買っちゃいました!結構悩んだんですけどね…
持ってて損はないような気がして、こういう感じのアニメ
の世界好きなんです、この歳になっても心に来るものが
あるんですね。

DVDボックスは3枚組になっています、本編のディスクと
もう1枚は動画コンテ等が入った特典ディスク、そして
オリジナルサウンドトラックCDが入っています。

CIMG0645.jpg

本編のディスクにはオールカラーのブックレットと劇場
フィルムカットが入っていました、僕のフィルムは第3章
の秒速5センチメートルの中の回想シーンに出てくる小学校
の誰もいない教室のようです。

CIMG0643.jpg

特典ディスクは内容盛り沢山で、動画コンテが約63分、第1話「桜花抄」
のyahoo!先行配信バージョン約29分等々…

そしてオリジナルサウンドトラックCDは11曲収録です。28分

CIMG0644.jpg
この4~5日前頃にテレビのニュースで山形のどこかでマンサクの
花が咲いたってさ、とカミさんが言うので、てっきり霞城公園の西門
のところかな?と思ってたのですが、去年、僕が霞城公園でマンサク
の花を撮影したのが確か4月中旬ぐらいだと思いましたので、何だか
違うんじゃないかなって…

で、結局、いろいろ調べたり聞いたりしてみたのですが、わからず
じまいでした、でも、2月中旬から末にかけてマンサクの花が咲く地区
があるんですね、何だかそういう話を聞くと春は少しづつ近付いてきて
るんだなと思います♪

去年の3月15日に山形の西公園にはマンサクの花が咲いたとのことで
早朝に行ってきてます、となるとあと約2週間ぐらい経つと見られるの
かな?ちなみにその時に撮影した写真を再掲載してみますね、この時
はネコヤナギも咲いていました、これも春の訪れを知らせる植物なんで
すよ。

それはそうと、今朝から異常に腰が痛い、足首も痺れを感じる、立って
いてもしゃがんで仕事をしていても腰痛と足の痛みでどうにかなりそうだ
来週の火曜日は東根の帰りに山形市内にある評判のいい整形外科に行って
みることにした、入院治療なんかしている時ではないわけで…

評判の良いと言う事は混むと言う事なので、午後からはその整形外科と
神経クリニックの2つの病院に行って1日が終わりですね。

原因を考えてみたんだけど、多分、昨日、母の家で宅急便の受け取りの
為の電話やら確認とかしていたのですが、住んでる人が居ないととても
寒いのです、家の中が…、石油ストーブは最大火力でエアコンも30℃に
設定して風力も最大にしてたのですが何時間経っても暖かくなって来ない
のです、かなり体や腰が冷えたのが悪かったのでしょうか…、今は湿布薬
と鎮痛剤と安定剤を服用していますが、あまり痛みは和らがない様です…

そろそろマンサク?

そろそろマンサク?②

撮影年月日2010年3月15日
山形西公園 AM7:20頃
西川町の月山朝日観光協会から、この前申し込んだ
「雪旅籠の灯り」のバスツアーの案内状が送付されて
来ました!

SWGB03_0144.jpg

今から楽しみです!久々のイベントですし、写真撮影も久し振り、
しかも夜景ですから難しい撮影になると思いますが、それがまた
いいわけで…、それに料理が期待出来ます♪

SWGB03_0145.jpg

で、この日の午前中は白鷹町のあゆ茶屋で「しらたか そばまつり」の
イベントに行って来ます(笑、こちらは午前10時からの開催です、ついでに
フラワー長井線の車両の撮影も出来たらいいなと思っていますが…

ところで、この「しらたか そばまつり」の公式サイトを見てみたら、
僕のブログの写真を使っているようです、ちょっとビックリです、別に僕の
サイトの写真は」無断転載等は禁止してないので別に構わないのですが言って
くれれば元ファイルを提供するのに…、ブログの写真からコピーしているので
鮮明な写真じゃないのが気になります…、因みにこちらがその公式サイトです
「しらたか そばまつり」公式サイト

こちらが僕のブログの記事→ひろぽんの「新・そば日記」白鷹の隠れそば屋 あゆ茶屋
と、とりあえず1日で2つのイベントに参加して来ます、足ですか?痛いですよ(笑
昨夜は早番にしてもらい久し振りの寒河江のゆ~チェリーでした、
前回の日曜日は混み過ぎて脱衣籠も無い状態でしたが、週末とは
いえ金曜日!どうなのか?駐車場は空いているし、脱衣所もあまり
人が居ない状態でした、やっぱ平日の夕方は空いてるなあ~と、の
んびりお風呂に浸かって過ごしました。

今日は休みだったので、また、ゆ~チェリーに行きたいのですが、
土日祭日はこりごりですので、この前行った百目鬼温泉がいいかな
と思ったら3日間は入浴料が300円のところ200円ということなので
こちらはきっと激混みなのは間違いないでしょう…

さて、今日も東根です、というか今日の用事は母が入院しているので
宅急便の不在通知が3件ほどあるようでしたので、その受け取り手続
きです、1件だけは期間が過ぎてしまったので送り元に返送されたと
連絡がありました、残りの荷物はTELで連絡し午前中に再配達か取り
に行くかの選択です、11時くらいまで全部終われば、東根のそば屋
さんに蕎麦でも食べに行こうと思いましたが、全部終わったのが11時
30分でした、急いで出掛けたのですが、どこのそば屋さんももう車が
一杯でした、さすが土曜日の東根・村山地区のそば屋さんですね…

23日の水曜日も東根に行って来ましたが、その時の用事は母が入院
したと言うことで現在の介護の等級を変更した方がいいとケアマネー
ジャーから連絡があり、その手続きに行って来ました、東根の市役所
の東側にサポートセンターというのがあるとの事で行きました、この辺
はいろんな建物があってよく分からないのですよね~

SWG03_0140.jpg

何だかよくわからなくなって来ました…

SWG03_0141.jpg

職業訓練センターの隣の建物だったと聞いたので探していましたが、やっと
発見しました(笑
なんだかんだと結局、毎日のように東根まで行ってます、ガソリンも3月から
値上げとか…、何もこんな時に値上げしなくても…

とにかく今日は、そば屋さんにもふられ、日帰り温泉も混んでいるとのことで
まっすぐ帰って来ました、足はまだ痛いですね、足というより腰も痛いです、
いい整形外科が市内にあるのですが、自分の病院に行く暇がないので暫く頑張る
しかないですね、母が退院すれば、整形外科や皮膚科とか、行きたい医院がある
のですが…

当面は市販薬で何とか体を持たせないと…、で、結局手が出てしまうのがお酒なん
ですね~、最近、ハマッているのがコレ!ブラックニッカのクリアハイボールです
、何がいいって、レモンの絞り汁が入っているので普通のハイボールと一味違うん
ですよね、しかも糖類0ゼロ、でもアルコール分は7%!最高ですね♪

SWG03_0143.jpg
2010年5月に公開された映画「RAILWAYS(レイルウェイズ)」の第2作目
の製作が決定されたようです、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ
などで知られる映画プロデューサーの阿部秀司氏が製作総指揮をとる
オリジナル作品とのこと。

「RAILWAYS 2」(仮題)は、日本海を臨む富山県を舞台に、長い歴史を
誇る富山地方鉄道に42年間勤め、1ヶ月後に定年を迎える男と、男の人
生を支えながらも、これからの自分の人生を再び見出そうとする妻の物
語、前作の錦織良成監督の下で助監督を務めた蔵方政俊監督がメガホ
ンをとる。

撮影は富山県のオールロケとなり、3月中旬にクランクイン、4月下旬に
クランクアップを予定しており、制作はROBOTが務め、松竹の配給で、
来年全国公開される予定です、今から楽しみです♪

800px-Toyama-chihou-railway-16011.jpg

上の写真の車両は富山地方鉄道16010形電車です、1995年 - 1996年に
富山地方鉄道が、廃車となった本系列の車体に九州旅客鉄道(JR九州)
の485系電車廃車発生品であるDT32・TR69系台車・MT54形主電動機・CS
15系制御器、ならびに京浜急行電鉄1000形(初代)のマスコンハンドル
を自社の稲荷町テクニカルセンターで組み合わせ、16010形電車として
落成させた車両です。

「富山鉄道株式会社ホームページ」
百目鬼温泉、ここはいつか昼間に行って写真とか撮りながらゆっくり
入りに行きたいと思っていたのですが、今夜、何故かデビューしました
寒河江まで行くのも遠いし、どうなのかな…という感じで、百目鬼温泉
てどうよ?と会社の人たちに聞くと、いいんじゃない、ということで、それ
じゃあ行ってみるか!ということになりました。

百目鬼温泉であれば会社から車で10分もかからないでしょう、温泉に
入っても湯冷めする距離ではないですしね、早速行ってみました、最近
出来たヤマザワ富の中店の交差点を右折して山形白鷹線を進んで行く
と案内板が見えてくるので、そこを右折します、しばらく進むと夜の闇の
中に明るいところが見えて来ます。

SWGB03_0138.jpg

駐車場は夜なのでよくわからないのですが、あまり広く感じないですが50台
ぐらいの駐車スペースがあるとのことです、さて、入ってみますか!

SWGB03_0139.jpg

携帯のカメラしかなかったので入り口までは何とか撮影出来ましたが、中の
写真はありません。

入り口を入るとカギ付の下足箱と普通の下足入れがあります、そこで靴を脱ぎ
中に入ると、右側に入浴券等の自動販売機がありますので、購入して風呂場に
向かいます、風呂場の入り口にはカギ付のロッカーがあるので、ここに貴重品
とかを入れることが出来ます、脱衣所にはロッカーはありません。

SWGB03_0137.jpg

内湯は洗い場が7つありますが、もう少し欲しいですね、空くのを待って体を
洗いました、内湯に入って気がついたのですが浴槽に浸かると洗い場が丸見
えで、なんだかなあ~という感じです、入った瞬間この温泉は僕に合うかもと
思いました、いつも、ゆ~チェリーに入っているので大体分かるのですが温度
は41℃ぐらいじゃないでしょうか、そんなに熱いと言うほどではない感じです、
僕には丁度いい感じの温度ですね、5分ほど入り、露天風呂のほうにも行って
みました、露天風呂は思っていたよりも広い感じを受けました、お湯の温度は
少しぬるめの感じがします、回りの岩が面白い位置に配列というか、うまくデザ
インされていて、うまい具合に体にフィットする感じです、これいい!

こんなにいい温泉が会社の近くというか山形市内にあるんだから、わざわざ寒河江
まで行くことないか!僕には優しい温泉ですね、入ってもう2時間近く経ちますが
まだ体が温まっています、この次は昼間に行ってくるつもりです。

あと、2月の26日に行くつもりでいた、月山志津温泉の雪旅籠の灯りのイベント
ですが予約が一杯だと言うことと、母の問題で3月は行けないだろうと思ってた
のですが、3月の5日のツアーに申し込んでみたのですがまだ空いているとのこと
だったので、やっぱり行くことにしました、もちろん母の状況次第ではキャンセル
と言うことになってしまうのですが、楽しみが何もないと日々、辛いものがある
ので…
ここ最近、何だか気持ちが落ち着かない…、安定剤を服用
しているのだが精神的に焦った感じというか、イライラすると
いう感じではないのだが何故か落ち着かない、原因はあるの
だろうが自分としては思い当たらない、あるとすれば、やはり
足がいつまでも治らない?とか母の病気?違うようだ…

僕にはもうそんなに残された人生は少ない、20歳頃の自分は
巨大な時間と茫漠とした人生が横たわっていた、だが今の僕
の時間は少なくなってしまったが茫漠とした人生は今でも横た
わっているのだ…

今朝、久し振りに空を見上げてみた、朝の月は何となく清々しい
感じを受ける、キリッとした冷気が体を覆うが、その冷たさは真冬
のそれとは違って爽やかな感じだ…

明日は休みだが、また母の病院に行かなくてはならない、着替え
を置いて、洗濯物を取りにだ、もちろん、いろいろ話をするのだが
どうも話がかみ合わない時が増えて来たような気がする、ボケで
はないのだろうが、やはり病棟にいると以前の手術の記憶が蘇っ
て来るのだろうと思う…

気晴らしにどこかに写真でも撮りに行きたくても休みのたびに病院
に行かなくてはならないので結局何処にも行かないで休みの1日は
終わってしまう…

2月22日AM7:00の月
さて、くも膜下出血で入院した母ですが、今週の金曜日18日に
医者から呼ばれまして、詳しい症状などを話して相談したいと
連絡があり、ドキドキしながら病院に行ったわけですが、出血後
の再出血が一番危険ということなのですが、幸い、再出血も起き
なくて、容態は安定に向かっているとのことでした、更に、手術も
可能とのことで、どうしますかと問われる、但し、年齢的に見ても
手術にはかなりのリスクが伴うとのこと、そんな事を聞けば当然
手術はしないほうがいいというのが家族的には答えるわけで、まあ
医者だから、そういう事は言わなければならないわけで…

暫く入院治療ということになりました、でも脳神経外科というのは
ちょっとこれはという老人が病室に居るわけで、母の場合は逆に
精神的にキツイかなと思ったりするのですが、血圧も安定させな
きゃならないし、塩分の少ない食事にも慣れてもらわなければなら
ないし、もう少し頑張ってもらったほうがいいのかなと…

毎日、病院を訪れるのは出来ないわけで、今のところは1週間に
1回ぐらいしか病院には行けないので母には辛い思いをさせてしま
いますが、これだけは仕方が無いわけで…

で、その18日の話を聞いた後に、連絡するところがありました、もし
手術とか容態が悪くなっていると言われる場合があるので、申し込
んでいなかったのですが、月山の志津温泉で開催される「雪旅籠の
灯り」という雪で作られた旅籠や氷で作られたテーブルがあるバー
などがあって、とても興味深いイベントなんですよね、その締め切り
が19日だったので、母が病院にいる間なので不謹慎ではあるのです
が予約の電話を入れてみました、すると、もうすでに26日、27日の
バスツアーは満席になっているとのことでした…

3月にもバスツアーはあるのですが、母の退院も予想されるので予定
を入れても行けない場合が出て来るので、今年は諦めました…
アマチュアカメラマンにとってはいい修行になるかなと思ったイベント
だったのですが…、残念です…

雪旅籠の灯り①

ということもあり…、最近、また右足の痛みが酷くなり右の腰まで痛みが
出て来ました、まあ、少しづつ良くなって来ている感じはあるのですが、
もう浮腫みが無くなって来たなあと思っていた今日この頃、またもや浮腫
みが出て来ました、うん、これは少しおとなしくしてないとヤバイかも…
今週の17日の夜以来に、ゆ~チェリーの温泉には行ってなかったので、
今夜は早番で帰らせてもらい、行って来ました、ところが駐車場は満車の
うえ停めるところがないので道路で駐車場の空き待ちをして、やっと空いた
場所に車を停めて、中に入ったのですが、今度は脱衣所が満員でロッカー
も脱衣籠も空いてない状態、ああ~混み過ぎだってー、でも痛みには耐え
切れず、暫く待って風呂に入るのでした…、ああ、キク~!

帰り道、そういえばこの前機種変した携帯のカメラで左沢線の金沢駅の写真
でも撮ってみようかなと思い、夜の撮影に挑戦してみました、以下2枚の写真
です、ふ~ん、携帯でもここまで撮れるんだあって感じですね。

羽前金沢②

羽前金沢①
この度、第7回を迎えた第20回東北学生音楽祭を盛り上げて
行こうと思い、応援ブログを今夏に立ち上げましたが、まだまだ
スウィングガールズに載せた音楽祭の記事も応援ブログに
移動させ、第5回から第6回目までの音楽祭の模様をまとめて
もみました、しかし、一個人での活動では限界があることを思
い知る事となりました、しかも年に1回のイベントということもあ
り、その間のネタが無い状況になってしまいます、その上、今
年は体の不調と重なり、音楽祭関係の取材等がほとんど出来
ない状態でした、こんなんじゃまともな応援サイトとしては機能
してないと同じです、しかも今年は写真撮影全面禁止になったり
して、映像も残せなくなりました、音楽祭の模様は全て公式サイト
で発表していますので、もし記事を書くとしても演奏の内容や
演奏曲の紹介、そして自分なりの感想とかを書くぐらいしか出来
ないと思います。

音楽的な知識も少なく、ブログで分かる様に表現するのはほぼ
不可能だと思いました、となると、応援ブログの意味がないという
ことになります、なので一時的に東北学生音楽祭応援ブログは
閉鎖することにしました、但し、東北学生音楽祭関連の情報や話題
については、まだまだスウィングガールのブログで取り上げて行き
ますので、そちらの方でご覧下さい、勝手に立ち上げて勝手に閉鎖
してしまうという事になりまして大変申し訳ありませんでした、今後
は「まだまだスウィングガールズ」のブログのほうで頑張って行き
ますので宜しくお願いします。

ブログ休止
以前に紹介したようなしないような…、撮影日を見てみると
2009年の12月になっていました、冬の日差しが強くて白とび
してしまってます、それにしても山形にはもう丸ポストなんて
ないですよね~、あるのかなあ…、期待出来るのは米沢方面
、小野川?白布?

SWGB6312.jpg

SWGB6313.jpg

SWGB6314.jpg
今日は母が入院している病院の先生に現在の症状とか今後についての
話があると言うのでAM10:00まで東根の総合病院まで行って来た…
一昨日、病院から電話が来てからは何となく不安な気持ちが頭の中を
駆け巡っていた、もし、くも膜下出血後の症状が悪く、間もなくの命だよ
とか言われそうで…、お酒も呑めないので気が落ち着かない、安定剤
をいつもより多目に服用する、最近はいろんなことがあって昼用の安定剤
ではあまり効き目が無い感じがする、しかし、夜用の安定剤は効き目
が強いので服用出来ないし…

予定の時間に病院に行き、先生の話を聞くと症状ははだいぶ落ち着いて
来ているとのこと、ここで手術をしてもいいのだが年齢的なものもあり
危険性はもちろん伴うとの事で家族と本人とでの相談で決めて欲しいと
言われる、ここは当然、手術は避け今後の血圧管理に注意して再発を防ぐ
ようにして行ったほうがいいと思いその旨伝えた、手術でボケや麻痺、
体の機能停止などが起きたらかえってひどいことになるのは分かっている
からだ。

病室担当の看護士さんに聞くと、自分で点滴の管を外したり、起き上がったり
するので危険だからベルトを装着しましたとのこと、最近はなんでも承諾書
が必要なもので、今日も何枚かの承諾書にサインをした、元気がいいのは
いいことだけど、少し心配になって来た(笑)、病院の食事はどうかと訪
ねると、不味いと言う、多分、塩分をかなり抑えた食事が出されているので
あろう、出来れば病院に入院している間に慣れてくれればいいのだけど、退院
した後で、思い切り塩分の強い食べ物を隠れて食べそうな気がして怖い…

これは、もし退院したら毎週1~2回、病院の他に訪れて食事を作ったりチェック
しないといけないなあ~

ということで、この前の山辺駅の続きです、そういえばこの前、大宮?にある
鉄道記念館のテレビを見ていました、行ってみたいですね~、鉄としては1回は
行ってみたい場所です、山形からだったら日帰りも可能でしょうが、出来れば
泊まりで2日ぐらいかけてじっくり見てみたいです。

この山辺駅の上下線の時刻表を見てみると上りと下りの発車時刻が
同じ時間帯が多い、この日はAM10:52発の上り線と下り線がほぼ同時
に入線し発車して行く…

上りの車両が見えて来た!

SWG02_4384.jpg

SWG02_4388.jpg

振り返ると下りの車両はすでにホームに到着するところでした。

SWG02_4386.jpg

SWG02_4393.jpg

下り列車が発車して行く…

SWG02_4396.jpg

と同時に上り列車も…

SWG02_4401.jpg

春になったら右足もだいぶ良くなってくれるような気がするので、丸1日かけて
フルーツライナーの車両を追いかけて撮影してみたいなあ~

SWG02_4431.jpg
この間から紹介しているアニメ映画の「秒速5センチメートル」ですが
いよいよ第3話になります、舞台は再び東京へ、大学を卒業して仕事に
追われる貴樹、季節は2008年の春…

5センチ⑤

結局、明里とは結ばれず、プログラマーの様な仕事をしていたが、その
会社でも付き合っている女性がいたが、心が通うことはなかった…
その会社も辞めてしまった、町を歩く貴樹、これは子供の頃に出て来た
場所?例の踏み切りに出る、そこで明里?と踏み切りですれ違う。

5センチ①

踏み切りを渡り終えた貴樹は明里?が振り返ると思い、電車が通り過ぎる
のを待つ…、あの時の約束を思い出して。
そこに流れる山崎まさよしの「One more time,One more chance」の曲、
今までの貴樹、明里との情景が次々とカットインして流れて行く、それに
しても、この曲の歌詞は映画の内容と合い過ぎる。

明里は自分の両親のところに帰っています、来月は結婚式を迎えると言う
もちろん相手は貴樹ではない…

5センチ②

自分の部屋であの時渡そうと思った手紙を見つけます、この時、明里は何を
思っていたのでしょう…、多分、明里には貴樹は思い出の人になってしまって
いたのではないでしょうか。

5センチ③

貴樹は未だに明里のことを思っています、桜の散る頃になると、きっと明里
とのことが思い出されるのでしょう、会社の恋人からのメールや電話に出る
こともない貴樹だった、彼女からは「私たちは1000回メールをやりとりして、
たぶん心は1センチくらいしか近づけませんでした」と別れを切り出されてし
まいます。

5センチ④

新宿で明里が待ち合わせていているのは貴樹ではない別の男でした、明里の
婚約者でしょう。

5センチ⑥

そして、また踏み切りでのシーンに戻り明里?とすれ違う、名前に?を付けたのは
本当にこの女性は明里なのだろうか?という疑問が残るからだ、監督自身、明里で
あると言っているので明里なのだが、明里ではない女性の場合の展開もある…

5センチ⑦

振り返れば彼女も振り向いてくれるかも知れない、と微かな希望を抱き、振り返る
その時2人の間を切り裂く長い長い電車…。その電車が通り過ぎた後、向かいの
踏み切りの前には、明里の姿はなかった、それを見届けた貴樹は振り返って踏み
切りの場所を後にし歩き出す…

5センチ⑧

是非、機会があればご覧になって下さい、経験のある方は、きっと胸が切なくなる
かもしれません、僕には貴樹の気持ちが分からないような、すごく良くわかるよう
な…
昨年の11月頃だろうか…羽前山辺駅を訪れました、町名は「やまのべ」ですが
駅名は「やまべ」と読みます、島式ホーム1面2線を有する地上駅で、上下線の
列車の行き違いも行われます。

SWGB02_4372.jpg

SWGB02_4373.jpg

寒河江駅管理の簡易委託駅(山辺町が受託し、山辺商業協同組合に再委託)。

SWGB02_4376.jpg

ホームに入るには入場券が必要でしょうか?と訊くと撮影ですか、入場券は
いらないですよと言われる、有難いものです、感謝!寒河江方面を見ると
跨線橋のようなものが、でも、これは駅構内で駅舎やホーム同士を連絡する
ために架けられたものでは無く、駅の線路を跨ぐ歩道橋のようなものですね。

SWGB02_4374.jpg

とにかく駅のホームに行ってみます。

SWGB02_4377.jpg

左沢線はフルーツライン左沢線の愛称があり、羽前山辺駅の駅名標は、リンゴの形
をしています。

SWGB02_4378.jpg

跨線橋を渡って車両が到着するホームのほうに行ってみましょう。

SWGB02_4380.jpg

SWGB02_4379.jpg

SWGB02_4375.jpg

跨線橋の上から見る寒河江方面

SWGB02_4381.jpg

そして、こちらが山形方面

SWGB02_4382.jpg

次回は山辺駅に到着する上下線のフルーツライナー号を紹介します。

SWGB02_4383.jpg
いつもだ…、18歳ぐらいの時から、異常に疲れると眠くはならないのだが
いつも同じメロディが頭の中を駆け巡る、その曲はサージェント・ペパーズ
・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド、お馴染みビートルズが1967年に出した
アルバムのタイトルでもある。

10日に母が入院してからろくに寝ていない、でも眠くはならない、年齢のせい
なのだろうか、眠くならない代わりに体が悲鳴を上げる、体中の関節が痛み
出す、もちろん今まで痛かった右足もここぞとばかりに痛みに拍車をかける

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド、この曲は18歳の時に
初めて聴いたと思う、独身寮に住む寮生でステレオ(昭和40年代後期はこれで
通じるが、いわゆるオーディオセットだ)を持っているのは数少ない、その部屋
で聴いたビートルズのアルバムは今まで聴いていたビートルズの曲とはまるで
違うインドの楽器を使ったりして何か幻想的な(当時で言うサイケデリック)音楽
だった…

そのタイトル曲のサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドの曲が
精神的なダメージを受けると頭の中で流れ出すのだ…、今まで生きて来た中で
その曲が流れたのはそんなにたくさんではない、そりゃあそうだ、そんなに何度も
精神的なダメージを強く受けていたら、多分、今頃は廃人になっていたことだろう…

だが今回は頭の中を流れた、久し振りなのだ…

今日、病院に行った時は母はかなり精神的に参っているようだった、何かわけの
分からない事をしゃべっている、くも膜下出血が原因ではなさそうだ、以前に心臓の
動脈瘤の手術をした時にもこんな感じだったのを覚えている、寝ていると幻覚の様な
ものを見るのだろう、あまり長く入院させたくないと思った、明日の朝からは食事も
出るとの事、少しは元気が出るだろうか?

ヒメカイウ(姫海芋)、ミズバショウに似ているがサトイモ科ヒメカイウ属の多年草です
環境省のレッドデータブックでは、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の
変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧に登録され
ています。

SWG02_1640.jpg

2010年6月西蔵王野草園にて撮影
ああ、また野草園の中を歩き回れる日が来るのだろうか…
昨日は久し振りに自分の家で寝ることが出来た、というか寝たのが
久し振りだ、かなり眠るのだろうと思ったけど、歳のせいかそんなに
睡眠時間は要らないようだ(笑

さて、今日は母は検査の日で午前中は時間が出来た、以前から予定
していた川西町で開催される東北学生音楽祭に行ってみたかったので
午前中だけは大丈夫かなと思い出かけました、販売したチケットの代金
も渡さなきゃならないし、今回、スタッフのお手伝いを引き受けたのに
足の調子が悪く、その件についても謝りたかったので…

案の定、2時間もすると右足が痛み出し、立ってられない状況になって
来た、今回、ブログで知り合った方に挨拶したかったので探し出し会う
ことが出来たので良かった、あと、今回は全ての演奏の写真撮影が禁止
と言うことで、写真等はほとんど撮ってません。

ロビーでの演奏を暫く聴いていましたが、11時30分頃には病院に戻らな
いといけないので川西フレンドリープラザを後にしました。

東根まで2時間30分くらいかかるのかな?途中で食事がしたいと思い
上山にあるそば屋さんで「あららぎ」さんを思い出しました、前回、訪れた
のが2007年の1月ですから、あれから4年振りになりますね~

SWGB03_0133.jpg

雪が降ってましたが、そんな風景もいいですね♪

SWGB03_0132.jpg

以前は携帯のカメラでしたが今回は一眼レフでの撮影です、因みにあららぎ
とは上山出身の斎藤茂吉が携わっていた短歌雑誌の名前ですが、イチイという
植物の別名ということであり店の入り口にはその木が植えられている。

SWGB03_0134.jpg

店内に入ると左側は明るい座敷がある。

SWGB03_0130.jpg

中ほどには蕎麦打ち場がある、ここで蕎麦を打ってるのかな…

SWGB03_0118.jpg

蕎麦を打っているところを見ながら食べられる席なんて最高ですね!

SWGB03_0127.jpg

僕は店内に入って右側に並んでいるテーブル席の窓側に座りました。

SWGB03_0115.jpg

今日は寒いので温かいそばにしてみようかな?何て考えたのですが、やはり
冷たい蕎麦が食べたいですよね!いつも注文する板そばをお願いしました、
これは十割り蕎麦と二・八そばと田舎そばの3種類が味わえるという贅沢な
板蕎麦です。

SWGB03_0121.jpg

手前の量の多い白っぽい蕎麦が十割り蕎麦です、これは本当に蕎麦の香りが
強いですね、ああ、久し振りの蕎麦は美味しいなあ~

SWGB03_0123.jpg

次に食べたのは同じ十割の黒い田舎そば、更に蕎麦の香りがするのかなと
思ったのですが、それほどではないですね、ただ、のど越しはいいですね♪

SWGB03_0124.jpg

最後は左上にある二・八そばです、これは逆に思ったより蕎麦の風味があり
ます、3種の蕎麦は全て同じつゆで食べますが、わりとコク味のあるつゆですが
3種の蕎麦全てに合いますね!土曜日ということもあり駐車場は満車で店内は
席も僕が食べ終わる頃には一杯になってました。

SWGB03_0125.jpg

板蕎麦 3種盛り 1,150円
手打ちそば あららぎ
上山市川口字下河原202-3
TEL 023-672-2543
営業時間 AM11:00~PM15:00(品切れ次第終了)
定休日 火曜日
*全席禁煙です。
そういえば、今週の月曜日に朝早くに頭痛が酷くて吐き気がすると
言ってました、単なる軽い一酸化炭素中毒のようなものだろうと思っ
ていたのですが、全然、違いました、次の日はデイケアの日だった
のですが、やはり気持ちが悪く、頭痛もあったようで、昼の内に家に
帰ったのでした、その旨、ケアマネージャーから連絡があり、電話し
たのですが、だいぶ楽になったとの事で、しばらく様子をみることに
しました。

次の日も連絡を取っていたのですが、朝のうちは頭痛も楽になって
来たようだと言うので、安心していましたが、夕方、電話した時には
吐き気がすると言い、電話の向こうでは嘔吐している母の声が聞こえ
ました、会社を早めに出て、家族で母の家に行くと、やはり頭痛がする
との事でした、その時点で、もしかしたらくも膜下出血のような気がした
のですが…、思えば、その時にすぐ救急病院に連れて行ったほうが
良かったわけだと思います、とりあえず、一度家に戻り、僕だけ母の
家に来て様子を見ることにしました、いろいろ調べてみるとやはり
くも膜下出血の可能性があると思い、次の日に総合病院に連れて行く
事にし、寝ないで朝まで様子を見ていました。

次の日の朝も、頭痛と吐き気がすると言うので、とにかく総合病院に
電話して、症状などを説明すると、これは脳神経外科ですね、と言われ
AM11:30まで手続きして下さい!と言われて焦って母を病院まで連れ
行くと、CT検査、血液検査、レントゲン、採血検査、MRA等‥

先生に呼ばれ、レントゲンやCT、MRAの写真を見せられ、脳動脈解離
の破裂による、くも膜下出血という事がわかりました、と言うことは月曜日
の朝にくも膜下出血していたんですね…、ただ、出血の量が少なかった
ことが幸いして、寝たきりや麻痺、死亡することは無かったのです…

手術は今のところ出来ない様子です、動脈瘤につながる血管が弱っている
ので回復するまでは手術は無理とのこと、ただ年齢が年齢なので手術に
絶えられるかどうかは疑問も残るとのことでした、可能性として今後、弱っ
た血管が元に戻り、再出血の可能性は残すものの、再発するかどうかは
わからないので、このままと言うことも考えられます。

とにかく、病院にいってすぐ入院と言うことなので、一人でどうしようもなく
多少のパニック状態になりました、その日は病院の休憩室のような場所で
一晩を過ごしました、テレビがあるわけではなく、あるのは安食堂にある
ようなテーブルと椅子だけです、ほとんど眠れぬまま朝を迎えました…
というか、いつでも病室に来れる状態にしていて下さいと言われているので
眠るわけにはいかないのですが…

二日間寝ないまま、今朝はまた山形まで戻り、風呂に入って着替えをして
から、また病院に逆戻り、病室は6人部屋なのですが、雰囲気は暗いです、
母は何十分置きに血圧を計る自動血圧測定器、これがかなり痛いと言って
ました、点滴と自動注射をしています、食事は取れません、くも膜下出血
の特徴として眼の痛みもあるので、部屋はカーテンを閉めっぱなしです、
本人はだいぶ頭痛も楽になり、食欲も出てきたようです、夕方になり看護士
さんに、明日は検査があるので来なくてもいいですよ、と言われました、
と言うことで今日は久し振りに山形の自宅で眠れそうです、楽しみにして
いた、東北学生音楽祭も泊まる予定でしたが、ホテルもキャンセルしました、
明日は午前中からPM3:00ぐらいは時間があるので、川西町までいけるのかな
?と思ってます、すぐに東根の病院に戻るので車での移動距離も長く時間的
にも余裕がないのですが、とにかく明日にならないと分かりません…

もしもタイムリープが出来るのなら、月曜日に戻って、すぐに病院に連れて
行くのですが…、母よ時をかける少女になれ!

SWG03_0024.jpg
前回、記した「秒速5センチメートル」の映画の続きです、今回は
第2話になります、貴樹は転校して種子島の学校に通っています、
そしてそこに登場する貴樹に片思いをする花苗(カナエ)を中心に
して物語は進んで行きます。

コスモナウト①

中2の時に転校して来た貴樹に花苗は一目惚れして夢中になってしまう、
貴樹と同じ高校に行こうと思い猛勉強する姿はいじらしくさえある…
ただ、高校生になっても花苗は貴樹に好きだという言葉が言えないでいる
、何とか機会を作って告白しようと思っている花苗、朝、弓道の部活をし
ている貴樹に話しかける為にタイミングをはかっている花苗…

コスモナウト②

コスモナウト③

でも、結局、普通の会話しか出来ない花苗だった…

コスモナウト④

高校3年になり進路をはっきり決める時期になっていた、花苗は貴樹が東京の
大学に行くことにしている事を聞き、迷う花苗であった、そんな迷いが花苗が
やっているサーフィンにも表れ波に乗ることが出来ないでいた…

コスモナウト⑤

コスモナウト⑥

そんな花苗は貴樹とは帰りもバイク(カブ)で一緒に帰ったり、途中のコンビニ
に寄ってジュースを買って一緒に飲んだりしている、いい関係に見えるが、時々
貴樹が誰かにメールを送っている姿を見付けることがあった…

実は、貴樹は宛のないメールを打っていたのだが、それは明里に対してだったのか
多分、そうなのであろう、貴樹はまだ明里を忘れられずにいたのだ…
貴樹は明里のメールアドレスを知らない、多分、手紙のやり取りもやっていないの
ではないのだろうか?

コスモナウト⑨

花苗は不安な自分の気持ちを貴樹に伝えると貴樹も同じ様に迷いがあるという、
自分も貴樹も将来のことがわかっていないと知り二人共同じ共通点がありことで
気持ちを吹っ切ることが出来ます、吹っ切れることによって波に乗れるようにな
った花苗、半年ぶりに波に乗れた日に、貴樹に告白することを決心するのでした。

コスモナウト⑩

なんだか、ここでは花苗と付き合ってもいいんじゃないかな、と思ったりする
ほど、花苗の思いが胸に伝わってきます…

コスモナウト⑪

帰り道、二人は視線を合わすことなく歩いて行きます、花苗は貴樹が自分を見て
ないことに気が付きます、花苗は告白出来なくて泣き出してしまいます…
その時、打ち上げられるロケット、目を奪われるふたり、その時、花苗は貴樹が
自分とは違う、どこか遠くを見ており決して自分を見てはくれないことにきずいて
しまう…。

コスモナウト⑫
ああ…、なんて暗いタイトルなんでしょう!
どうしても身体の調子が悪いと心も病んでしまうんですね~
そんな中、今日は母を病院に連れて行く日なので東根まで行く、
相変わらず雪が多い、何なんだこの雪の多さは…

母の家に着くと、今朝早く頭痛が酷くて救急車を呼ぼうと思った
と話す、ええっ!大丈夫なのか、良く聞くと、昨夜飲む薬を飲んで
いなかったらしい、病院からもらってきている薬を飲んだら治った
と言っている、でも、多分、原因は違うようだと思った…

最近の住宅は空気の流れが悪く、戸を閉めてしまうと密室状態に
なることが多い、しかも、寝るときに敷き毛布の温度を最高に上げて
寝ていると言う、それじゃあ頭痛も起きるわけだ、一応、そんな
ことはしないで、戸を少しでも開けて寝るようには言って来たのだが
どこまでわかっているのやら…

僕の足の痛みは相変わらずだ、整形外科に行ってもMRI!MRI!としか
言ってくれなく、自分で判断も出来ない医者ばかりだ、かと言って以前
治療した総合病院の外科に行くのもおかしい…、すでに蜂窩織炎の治療
は終わっているので再検査なんてのは不可能だろう、しばらくこの状態
で様子を見るしかないのか…

それにしても痛み止めの薬が効かないというのは辛い、相変わらず一番
効くのは酒のようだ…

どうなるんだ、僕の身体…

SWG03_0023.jpg
木曜日はとても良い天気で普通だったら、白鷹町や長井方面に
出かけて写真でも撮りに行くところですが、やはり右足の痛みが
強くて、家の中でじっとしていました。

寒河江の日帰り温泉に行きたかったのですが、休みの日は行け
ずじまいでした、ゆ~チェリーのお風呂は神経痛や腰痛などの
痛みに良く効くということで通ってますが、本当に入ると暫くの時間
は痛みが和らぎます、昨日は早番だったので久し振りに行きました
、しかし土曜日は混みますね~、ほんと、洗い場もお風呂も一杯で
ゆっくりは入れないですね…、でも入ったおかげで昨日は久し振りに
良く眠れました。

土曜日のゆ~チェリー
この前、時かけのアニメを借りに行った時に見つけたDVDです、
新海誠監督の「秒速5センチメートル」、この映画は1話「桜花抄」
2話「コスモナウト」、3話「秒速5センチメートル」の全3話の短編
アニメーションになっています。

内容は、遠野貴樹と篠原明里の切ない恋の物語です…
第一章「桜花抄」では小学校から中学校の子供時代の主人公、
遠野 貴樹(とおの たかき) と初恋のヒロイン、篠原 明里(しのはら
あかり) の淡い夢のような恋愛を描いています。

秒速⑤

それにしても、このアニメの綺麗さは何なんだろう、あまりにも
綺麗だ…

秒速③

秒速②

「ねえ、秒速5センチ何だって。桜の花が落ちるスピード」アカリが言う

秒速⑬

3話の中に共通するテーマがこの秒速5センチメートルだ、時間と距離…

秒速④

桜が咲き乱れる踏み切りで「また、ここで桜を見ようね」と約束するアカリ

秒速⑭

シーンは中学に進学した貴樹がアカリからの手紙を受け取るところに変り
ます。

秒速⑥

小学校卒業と同時に明里が栃木に引っ越し、二人は離ればなれになります、
しかし、中1の終わりに今度は貴樹が鹿児島に転校することになり、もうアカリ
と会えなくなる様な気がして、引っ越す前に栃木にいるアカリに会いに行く貴樹

秒速⑦

話は遡り、小学生の終わりに貴樹に栃木行きの電話をするアカリ…

秒速⑨

そのアカリの話に、本当はアカリが一番切なくて悲しい気持ちなのに、アカリに
何も言ってやれない貴樹…

秒速⑧

そして貴樹は栃木に向かう、予定では夜7時に岩舟駅の待合室で待ち合わせをする
のですが乗り継ぎの電車などが全て雪で遅れ到着の時間のメドが経たない…

秒速⑩

5に岩舟駅に到着したのは4時間以上過ぎた夜の11時15分…

秒速⑪

それでも待合室にはアカリの姿があった、一緒にアカリの作った弁当を食べ
駅は閉まり、歩き出す二人…、近くには大きな桜の木があり、ゆっくりと降る
雪を見て、散る秒速5センチメートルの桜の花を「まるで雪みたいじゃない」
と言っていた明里の言葉を思い出す…。
その桜の木の下でかわす初めてのキス、二人の心が一つになる瞬間だった…
帰りの電車は無くなり、誰もいない小屋で毛布に包まれ眠る二人、そして朝を
迎える…、アカリが渡すはずだった貴樹への手紙を出すことが出来なかった、
それが、これからのお互いの心のすれ違いの始まりだったのだろうか…

秒速⑫

第二章、第三章はまた紹介する時まで…
相変わらず右足の痛みがひどいです、よく見ると右足のほうが左足より
腫れて大きく感じます、痺れと痛みがあります、いつまで続くのか、時期
経てば治るのか、全くわかりません…

なので休みの日も外出することは少なくなりました、せめて寒河江の
日帰り温泉にでもと思いましたが、それすら面倒になるぐらいの痛みです。

昨日、借りて来たDVDでも観る事にしました、最近、時かけにハマっています
、実は小説はまだ読んでないのですが、1983年に公開された原田知世が
主演した映画をオリジナルと考えて観てみることにしました、このアニメは実は
以前に借りて観ているのですが、2010年公開の「時かけ」の映画を観てから
アニメ版のほうをまた観たくなってしまったからです…

時かけアニメ

さて、原作というか1983年の映画と比べて見ると登場人物の名前が違って出て
いる、芳山和子役は(紺野真琴)、深町一夫役は(間宮千昭)、浅倉吾朗役は
(津田功介)に変わっているが。

時かけアニメ②

芳山和子は真琴の叔母役で出演している、この叔母もとても謎めいた部分があって
途中にはオリジナルの場面を彷彿とさせるシーンも出て来る。

時かけアニメ⑤

ストーリーはオリジナルとは基本的には同じなのだが、多少異なる展開になっている
、でも、この理科の実験室はそのままだ。

時かけアニメ③

そしてタイムリープする時の映像は2010年の実写版より優れているかも知れない。

時かけアニメ④

しかし深町一夫のイメージが最近観た2010年の映画の印象が強くて、なかなか
とけ込めなかったが、ラストシーンを観て何となくわかりました。

時かけアニメ⑥

この映画ではタイムスリープが1日に何度も行われるので、観ていてよくわからなく
なってきてしまうのが難点かな…

時かけアニメ⑧
ちょうどPCが壊れる前の日に行った「王様の焼肉」の山形店を紹介
します、会社の新年会をここでやる事になりました、もちろん呑み放題
を付けてもらってのセットメニューです。

この王様の焼肉は本店というか中山町にもお店があるようです、それに
しても暫く外呑みしてなかったのでテンションが上がりっ放しでした(笑
あっ、あと、まさか一眼レフを持って行くのも変なのでコンデジでの撮影
です、フラッシュを焚かないので画像暗いですがごめんなさいです。

SWG03_0003.jpg

それにしても今年は雪が多いですね~

SWG03_0002.jpg

ここは以前は中華料理屋さんでした、その前は何だっけかな?とにかく最初の
店は焼肉屋さんでしたので原点復帰ですね!

SWG03_0005.jpg

店内に入ると入って右側には小上がりの座敷席があり、並びにはテーブル席が
あります、僕らが座ったのは左側の調理カウンターの向かいにある10~15人位
が座れる座敷席です、奥にも大きな宴会用の座敷があるようです。

SWG03_0008.jpg

久し振りの焼肉に心が躍ります(笑

SWG03_0009.jpg

呑み放題のメニューも充実している、生ビールはプレミアムモルツだ、他にもホッピー
やらカクテルなどメニューは充実しているなあ~

SWG03_0010.jpg

久し振りに呑むビールはやはりホップの香りが漂うが、いつもビールを呑んでいる奴ら
にはわからないだろう、毎日、発砲酒や第3のビールを呑んでいる僕にしかその味は分か
らないはずだ!って、これって自慢?

SWG03_0018.jpg

あっという間に一杯目を飲み干してすぐお代わりを頼むのであった…

SWG03_0011.jpg

と、間もなく1品目のメニューが登場!キムチだ!

SWG03_0013.jpg

牛刺し、意外といけますね、僕苦手だと思ったのですがかなり食べれます♪

SWG03_0014.jpg

ちょうどいい感じにサラダが来る。

SWG03_0015.jpg

その後も上カルビ、ミノ、牛上タンとどんどん運ばれて来る!

SWG03_0016.jpg

焼肉だけでお腹一杯食べたなんて何年振りなのだろう…
これはロース?♪

SWG03_0017.jpg

ここで生ビールからハイボールに切り替える、これが旨い!

SWG03_0019.jpg

最後はビビンバと冷麺が出て来て、更にデザートが出る!

SWG03_0020.jpg

王様の焼肉 山形店 
山形市篭田3-5-6
TEL 023-674-9727
営業時間 11:30~14:30(L.O 14:00)/17:30~23:00(L.O 22:30) 定休日 不定休
何とかPCが復旧してきました、やはりバックアップを取って置く
というのは大事な事ですね、PCであればいいのですが、自分の
身体の場合はそういかない訳で…、相変わらずの痺れや痛みが
続く毎日です、リンパ管の切れた右足は足首から腰まで痛みが
あります、その上、多分であろう坐骨神経痛のお陰でお尻や太もも
の裏が傷む、普通の腰痛であれば痛み止めなどを服用すれば、
ある程度痛みも治まるし、以前からの病気なので対応は出来るの
ですが、ヘルニアの腰痛の痛みとは、やはり違うので対処が出来
ない…

最近は手術した右足の切開した切り口がかなり痛む、その上、今年
の冬の寒さのせいで両足の小指と親指がしもやけになってしまい
歩くのも辛いという最悪な状況になってしまいました、こんなんで
12日の東北学生音楽祭のお手伝いなんてやれるのだろうか?
迷惑をかけそうな気がして来た…、写真撮影も出来ない手伝いなんて
この歳のおっさんが出来るのだろうか…

とにかく酒を呑むと痛みは消える、麻痺するのだから当たり前なの
ですが、効く薬が無いいじょうこれに頼るしか眠る方法はないのだ、
ビールなどはカロリーが高いので呑めないし、やはり焼酎系なので
しょう、そこで最近、見付けたのがこれ!お酒を薬代わりにする僕の
味方です、そば焼酎のお買い得な一升瓶!

SWG03_0021.jpg

てなわけで、なかなか体調が悪く外での活動が出来ないでいます、
ブログは続けますが、そば屋さん巡りとかは少しお休みさせて頂ます
何とか3月頃には身体も復旧させて行きたいと思います。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。