上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、病院に行って蜂窩織炎の治療が終了しました、先生の話に
よると静脈が1本切れているので、通常の太さになるにはだいぶ
かかるとのことでした、足が浮腫んで仕方ないので、大体どの位
かかるのですか?と尋ねると年単位で考えて下さいとのこと、2~3
年かかるようです、それまでは足の浮腫みや痺れなどの症状は続く
ようです、静脈が細いとリンパの流れも悪いようです、それはいいの
ですが、今度は尾てい骨と足の裏側がとても痛いです、治療も終わった
ので今度は整形外科に行って、この痛みを治療しなければなりません、
腰痛プラス尾てい骨、足の太ももの裏と立っているのも辛い状態です、
早くこの状態を治さないともうすぐ年末です、体が痛いからなどと言って
られないのです…
ああ、猫になりたい…

SWG02_3506.jpg

今日は霞城公園に行って紅葉の写真なんかを撮ってみようかなと昨日から
考えていたのですが、台風が来ている影響もあるのか朝から曇り空でした
晴れていれば、写真を撮ったあとに佐藤屋さんに行ってラーメンでも食べ
ようかなと思っていたのですが諦めました…、治療も終わったので寒河江の
ゆ~チェリーのお風呂でも入れば少しは足の痛みも取れるかなと向かいました
土曜日の午前8時なので入浴客は少ないようです、約40分ほど入ったり出たり
を繰り返していました、湯上りにはいつものマッサージチェアーに座り200円を
投入して揉まれます、ちょうど切開した場所を揉まれるのでかなり痛い感じです
仕方ないので右足は外してやりました、今回は2回、全身とおしりマッサージです
計400円、本当であればちゃんとした治療院に行ってマッサージしてもらえば
少しは良くなるのでしょうが、そんな余裕はありません(笑)。

ああ、今年は紅葉の写真撮れるのかな…、もみじ公園行きたいなあ~
西蔵王の野草園は今年はもう行けないかな?

SWGB02_3649.jpg
スポンサーサイト
今日は東根のほうに用事があり、帰る時間がAM11:00頃になるので
東根の伊勢そばさんの店が新しくなったと風の噂で聞いたので、行って
みることにしました。

SWGB02_3948.jpg

お店の場所は以前の店から北に100Mぐらいの場所にあります、駐車場も
広くて30台以上停めれるんじゃないでしょうか。

SWGB02_3950.jpg

そういえば店内は禁煙になったのでしょうか?僕が行った時には結構、
客も入っていましたが、誰も喫煙している人がいなかったような気がします、
その為の、喫煙所なのかな…

SWGB02_3952.jpg

まあ、とにかく中に入ってみましょう!

SWGB02_3951.jpg

暖簾を潜って店内の左側には蕎麦打ち場があって外から見られるように
なっています。

SWGB02_3955.jpg

さて、店内を見渡すと左側には座敷席がズラッと並んでいます。

SWGB02_3953.jpg

右側にはテーブル席が6つ並ぶ。

SWGB02_3954.jpg

その他に、テーブル席の奥にも座敷席が見える、以前の店に比べると
収容力が増した様ですね、しかし、まだAM11:00だというのに、どんどん
客が入って来る…

SWGB02_3956.jpg

注文のシステムが変わったようです、まず、蕎麦打ち場の隣にあるレジ
カウンターで食べたい物を注文する、そして、番号札をもらう、帰りに
その番号札を持って支払いをするというシステムだ、あらきそばのシステム
に近いものがあります、僕は窓際のテーブル席に座りました。

SWGB02_3960.jpg

テーブルの上を見ると以前と同じワサビのチューブが置いてありました。

SWGB02_3957.jpg

10分ほど待って、もり天が運ばれて来ました、早い!

SWGB02_3964.jpg

さっそく、麺を食らう!おおっ、この固めの二・八の太くて平たい麺、そして
辛目のつゆ、くあ~、美味い!今度はかき揚げだ!あれっ?以前より固さが…
何だか食べやすくなっていますね、前は固くて歯が立たなかったのですが、
少し改善したのかな、尾花沢産の一番粉を使った蕎麦は噛むと甘味を感じる
、これだけ店内が広いと一人で行っても合い席とかはないだろうという広さも
魅力だ。

SWGB02_3968.jpg

もり天 750円
伊勢そば
東根市大字野田1779
TEL 0237-42-3047
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日 不定休
蕎麦の記事も2つストックがないとアップしないと自分で決めて
いますが、以前は、ほぼ休みの度にそば屋を駆け巡り、何軒もの
写真のストックがあり、ヘタすると、食べた蕎麦の味も忘れてしまい
そうですが、そこは、やはり忘れないもので写真を見ると思い出して
しまうのです(笑)。

さて、右足のほうですが、傷口もだんだん閉じて来て、膿とかも
あまり出ないようになりましたが、何て言うんですか?リンパの何か
が戻るまでは足のむくみが取れないそうです、相変わらず靴下を履い
て、その日の終わりに脱いで見ると瓢箪(ひょうたん)の様にくびれて
います、腰が痛いのも右足の痺れや痛みも、このリンパ何とかがもとに
戻らないと治らないのかもと思っています、そんな中、フラワー長井線
まつりに行った時に長井駅で、今度は左足をコンクリートの淵にぶつけ
てしまう、まるでコントの様なことをしてしまいました、お陰で今度は左足
を怪我してしまいました、両足に化膿止めの薬を塗っています(笑)。

あれっ?何の話でしたっけ…、そうそう、蕎麦の話ですね、今日は暫く
ぶりで、蕎麦を食べに行って来ました、何故か火曜日というのはそば屋
さんが休みの店が多いので、どうしても行く店は限定されてしまうのです
が、きふねさんに行って、前回、食べれなかった田舎板そばをとも思った
のですが、きふねさんは座敷席しか無かったような気がしたので、残念
ながら今回はパスしました、携帯のカメラでの記事はあるのですが一眼
レフで撮影したかったのですが…

で、いろいろ考えたところ近場のそば屋さんにしました、テーブル席が
あって山形駅周辺のそば屋さんと言うと…、う~ん、いろいろネットで検索
しても蕎麦の写真しか載っていないなあ~、店内の様子が分かるような
記事が出てないかなあ…、って、そういう意味では自分のブログいいです
よね(自画自賛)、だって店内の様子が分かるから、こんな時に役に立ちま
す、こりゃあ、もっと取材しなきゃ駄目かな?

という事で、やっと決まったのが山形駅東口駐車場にある交通センターの
2階にある、そば処「千石」さんです。

SWGB02_3929.jpg

もちろん車はこの駐車場に停めました、ちょうど2階が空いていたので
ラッキーでした、というより、これから起こるアクシデントの為には本当
に助かりました…

SWGB02_3930.jpg

調べてみると開店時間はAM11:00~と書いてあったので毎度お馴染み開店前
に到着したのですがAM11:00になっても暖簾が上がるどころか、店内は真っ暗
です、あれっ?もしかしたらAM11:30開店なのかなと、何度も車と店の往復をし
ました、結局、暖簾が出たのはお昼ちょうどでした(笑)、いやあホント、車が近く
に停められて良かったあ~

SWGB02_3943.jpg

こういう名店街のようなお店には必ずあるショーウィンドーですね。

SWGB02_3944.jpg

学生風の4人連れが奥の座敷席に座ったようです、年配の男の人がテーブル席に
僕はカウンターに座りました、その後、サラリーマン風の人が一人テーブル席に

SWGB02_3933.jpg

足が痛いので座敷席に座れないので暗い画像になりそうです、仕方ないかっ!

SWGB02_3936.jpg

この千石さんでは地物の山菜を使った山菜そばや三色そば(抹茶・うどん・そば)など
いろいろ名物メニューがあるようです、う~ん、今日は寒いし是非、舞茸そばというもの
を食べてみたいのですが…、ここは蕎麦のブログをやっている以上、もりそば、もしくは
板そばを注文するしかないのです…、というか最近、蕎麦を食べたなかったので自分的
には板そば大歓迎!なんですが(笑)。

SWGB02_3937.jpg

確か、この千石さんは以前、七日町にある「味山海」という居酒屋さんと姉妹店になって
いたような気がしますが…

SWGB02_3935.jpg

田舎蕎麦風板そばが運ばれて来ました、田舎風って、誰が何て言っても田舎そばだと思い
ますが、何故、田舎風なのだろう…

SWGB02_3938.jpg

蕎麦は二・八の感じがします、モチモチした食感ですね、蕎麦の香りを強く感じます、
なんかどこかで食べた味ですね、思い出せませんが…、量は結構ありますね、つゆは
少し甘めかな、でも蕎麦湯で割ると鰹節のダシの香りが漂う、次回は絶対に舞茸そば
を食べるぞお~

SWGB02_3940.jpg

田舎風板そば 980円
そば処 千石
山形市香澄町1-16-34交通センター2F
TEL 023-641-1699
営業時間 AM11:00(?)~PM15:00
定休日 無し
結局、行って来ました、腰のほうはあまり痛みが無かったの
ですが、怪我している方の右足全体がかなり痛みました、宮内駅
に着いた頃には、痺れもあり、かなりしんどい状態でした…

痛みを我慢して、昨日から予定していたコースで3駅全部回って
来ました、途中、いろいろアクシデントあり、ハプニングありの
旅でした、この様子は「まだまだスウィングガールズ」のブログ
で記事にしていますのでリンクからどうぞ!

今日は片道全線100円なのです!

SWG02_3927.jpg

長井駅ではテレビ局の取材なのか…

SWG02_3915.jpg
さてと、どうしたものでしょうか?相変わらずの腰と
足の痛みがある体で大丈夫なのか?昨日は整形外科
に行って痛み止めと座薬を貰って来た、これで何とか
ならないだろうか…

もちろんカメラは持って行くけどアルミケースを持ち
歩くのは不可能と思われる、でもカメラはもう1台持っ
て行きたい、う~ん、ナップザックの中にカメラが入る
ように改造してみるか、交換レンズは持って行かない、
18-105mmで十分でしょう、駅舎内が暗い場合があるので
もう1台のカメラには30mmF1.4のレンズを装備すれば
大丈夫じゃないかな…

昨年は休みが取れず行けずじまいでしたが今回も怪我
で行けないなんて嫌なので、頑張ってみますか!
とりあえず荒砥駅から宮内駅まで行って、今度は長井駅
まで戻って来て、最後はまた荒砥駅に、という予定です。

フラワー長井線まつり②

皆さんもいかがですか?
フラワー長井線まつりは荒砥駅、宮内駅、長井駅で開催
されます、時間はAM10:00~PM14:30までです、しかも
この日はフラワー長井線全線片道100円で乗れるんですよ!

もし問題なく行く事が出来ましたら、まだまだスウィングガールズ
のブログのほうでフラワー長井線まつりの様子をアップしていき
ますので見て下さいませ。それでは明日!
気温は20℃?厚着をすると汗が出るような感覚だけど
半袖1枚シャツでも大丈夫みたいな季節…

何を撮るわけでもなく、ただブラブラと歩きシャッター
を切る、そんな写真です。

SWGB02_3828.jpg

SWGB02_3797.jpg

SWGB02_3836.jpg

SWGB02_3855.jpg

SWGB02_3811.jpg

SWGB02_3860.jpg
そろそろ野草園も紅葉しているかな?と思い、出かけて
みました、11時頃に着きましたが天候が思わしくありません…
寒いような暑いような天気です、とりあえずウィンドブレーカー
を着て回ってみるか。

SWGB02_3823.jpg

すごい、晴れてますが、これは野草園から帰る頃の天気で実際
に野草園内を回った時はほとんど曇り空でした、色付いている
ところと、まだまだのところがあります。

SWGB02_3851.jpg

ナナカマドの森に行くと葉が落ちてる木がたくさんです…

SWGB02_3817.jpg

やはり今夏の高い気温の影響で葉が黒くなっているのがたくさん
あります。

SWGB02_3838.jpg

さて、今回一番の目的は昨年撮れなかった10月桜です、場所は
園内ではなく、野草園のバス停のところにあります。

SWGB02_3824.jpg

快晴になって来たのでちょっと白トビしてますが、これが10月桜
です、花は中輪、八重咲きで淡紅色、開花期は4月上旬、10~12月
10月頃から咲き始め、翌春にも咲く、年2回花を咲かせる珍しい桜です。

SWGK02_3825.jpg

野草園も11月一杯で閉園になってしまいます、今年は足の怪我の
為に、少ししか行けなくて残念でした、この日も足を引きずって
腰をかばいながら、痛みを我慢しての駆け足での撮影でした、
新・ふぉとギャラリーのブログのほうでは多少、加工した画像や
紹介してない花の写真を公開する予定です、こちらの写真はほとんど
手を加えてないです、もし今月中に足が治ったら来月また訪れる
予定です。

SWGB02_3835.jpg

撮影日2010.10.20
今日は村山市に出かけたので以前から撮りたかった河島地区の
碁点橋近くにある最上川の水門まで行ってみました。

SWGB02_3776.jpg

水門(すいもん)は河川や運河、湖沼、貯水池などに設けられる構造物
で可動式の仕切り(門扉)によって水の流れや量を制御し、高水時には
堤防としての機能をもちます。

SWGB02_3775.jpg

現在日本で設置されている水門の多くは、ローラーゲートといわれる門扉
方式を採用しています、ローラーゲートは、鋼鉄などでできた開閉用ゲート
の板に、ローラが付いたもので、それをワイヤロープなどによって垂直に
持ち上げて上下に開閉します、ローラーが付いているため、摩擦抵抗が少なく
大きな水圧がかかる大規模な水門にも利用できるほか、構造上止水が容易で
信頼性が高いため河川構造物ではよく用いられています、多分、この水門も
ローラーゲートだと思われます。

SWGB02_3780.jpg

SWGB02_3779.jpg
今日は足がまだ治っていないのに親戚の法事で村山市に
行ってきました、正座出来ないので失礼になるかなと思い
ましたが、お寺には椅子があり、家のほうでも椅子を出して
もらったので何とかなりました、さて、次は料理の席です、
村山のクワハウス碁点が会場とのこと、座敷だったらどう
しようと思ったのですが、テーブル席の会場でした、ここには
テーブル席の宴会場は少ないらしく、大分前から予約したとの
ことでした、有難いことでございます、感謝!こちらがクワハウス
碁点さんです、僕はもう4、5回は訪れたことがあるのかな?

SWG02_3781.jpg

2階に上ってすぐ突き当たりの部屋が会場のようです。

SWG02_3783.jpg

目の前には秋の食材で料理された品々がたくさん並んでいます♪

SWG02_3784.jpg

こちら先付け、栗が一番美味しいです!

SWG02_3785.jpg

鍋物はすき焼きです、肉がかなり柔らかくて美味しいですね、聴いて
みると山形牛とのこと、贅沢です。

SWG02_3786.jpg

刺身は大トロ、甘海老、帆立貝柱など、全てが新鮮な素材を使って
いるようです。

SWG02_3788.jpg

天麩羅は海老、銀杏など、すでにお腹は満腹状態です…

SWG02_3791.jpg

このクワハウス碁点さんでは、ノンアルコールビールFREEがありました、
これは助かりますね、ウーロン茶ではなかなか、なま物も美味しく食べら
れないような…、これも贅沢。

SWG02_3789.jpg

やはり秋と言えば出て来るのがコレ!山形名物の芋煮ですよね。

SWG02_3790.jpg

今度は蒸し物が出て来ました、何だか料理多いなあ~

SWG02_3792.jpg

中にはもちろん松茸、鶏肉?いいダシが出てます、美味しいスープ
でした。

SWG02_3793.jpg

まだまだ出て来ます、今度は鮑(あわび)のバターソテー、鮑大好き
なので感動です!

SWG02_3794.jpg

そして、以前に来て食べられなかった桑の葉入りの蕎麦です、コシが
あるというよりモチモチとした麺ですね、ほのかに桑の葉の味がします。

SWG02_3795.jpg

写真は以上ですが、このほかに炊き込みご飯、お吸い物、デザートの
メロン、巨峰などなど…、秋の味を満喫した1日でした。
いつまでも痛い、痛いと言っていても仕方が無いので少し
リハビリの為に歩く事にしました、訪れたのは緑町にある
旧山形師範学校の建物です、新・ふぉとギャラリーのブログ
でも何枚か大きい画像をアップしましたが、こちらでは、もう
少し詳しく紹介します。

SWGK02_3404.jpg

山形師範学校は明治11年、旅篭町に開設されましたが、新たに
同34年、現在地に新築したのが本建築です。

SWGK02_3405.jpg

SWGK02_3406.jpg

この建物は門の近くにある門衛所です。

SWGK02_3409.jpg

一時期、山形北高等学校の校舎として使用されましたが、現在
は山形県立博物館の分館「教育資料館」として、山形県の教育
の歩みを展示しています。

SWGK02_3412.jpg

ルネッサンス様式を基調とした左右対称の美しい建物です、中央
玄関のポーチ、塔屋、左右の飾り破風、ドーマー・ウィンドゥなど
が印象的な木造二階建、桟瓦葺の建物で、明治の面影を今に伝えて
います。

SWGK02_3415.jpg

SWGK02_3484.jpg

SWGK02_3416.jpg

SWGK02_3417.jpg

SWGK02_3432.jpg

入口を中の方から撮影

SWGK02_3430.jpg

SWGK02_3425.jpg

今や山形で映画撮影された「たそがれ清兵衛」はじめ様々な
作品で有名な鶴岡出身の「藤沢周平」さんは山形師範学校卒業
ということもあり「藤沢周平」さんのコーナーがありました。

SWGK02_3428.jpg

SWGK02_3424.jpg

今では見ることの出来ない木の廊下…

SWGK02_3485.jpg

窓から覗くと子供時代の僕が見えたりするような感じを
受けたりするノスタルジックな昼下がりの教育資料館の
建物でした。

SWGK02_3486.jpg

撮影年月日2010.9.29
山形市緑町二丁目
電話 023-642-4397(県立博物館別館教育資料館)
旧山形師範学校本館
国指定重要文化財指定
指定年月日 昭和48年6月2日

公開 : 9:00~16:30 11月1日~3月31日は9時30分の開館
休業 : 毎週月曜日・国民の祝日(5月3・4・5日、11月3日は開館)
    年末年始(12月28日~1月3日)第1,3土曜日の午後とそれに続く日曜日
料金 大人 : 大人:150円
   子供 : 子供:70円
   その他:70円 学生
HP http://www.yamagata-museum.jp/
手術と言っても膿の溜まってる所をメスで切り開いただけ
なんですが、普通は1ヶ月位でほぼ治るらしいのですが、僕の
場合は違うようです…、8CM近く切ったのですが、切り口はまだ
開いたままです、現在は抗生物質を投薬してないのですが、足の
浮腫(むくみ)がまだ取れていません、靴下を脱ぐと、境目が瓢箪
のようになっています、切り口の膿もまだ出ています、現在は点滴
治療も行っていないのですが、何故、化膿が止まらないのでしょう、
現在は自分で消毒をして化膿止めの軟膏を付けて大きなバンドエイド
のようなものを当ててますが、傷口はまだ乾いてません、多少、濡れ
てもいいですよ、と先生も言ってるのですが、膿が出ているうちは
怖いですね…

あさっては再度、病院に行って診察してもらいます、あまりにも
浮腫みが取れないので出来れば抗生物質を服用したい旨、言うつもり
ですが、最終的には診断次第ですね、このまま軟膏での治療を続ける
のか、どうするのか、こんなに治癒の期間が長い病気は初めてです、
お風呂もまともに入れないし、車の運転も30分が限度で右足が悲鳴を
上げます、座っているのが一番、楽なのですが、それでは運動が出来
ないので体重が増えるだけで、更に足に負担が掛かってしまうし…

今まで、足をかばう様な歩き方や寝方や座り方をしていたので、右の
体部分が全部傷みます、時々、息も出来ないくらいの痛みが襲って来ます、
ああ…、いつになったら…、精神的にも限界ですね、夜は強い安定剤と
鎮痛剤を服用してます、それでも効かないのでアルコール類も少し…

朝、起きるのが辛いですね、節々が痛くて起き上がれないです、このまま
の状態が続くわけはないと思っているのですが、なんだか不安です…
来週の末くらいには普通に階段の上り下りが出来るくらいにはなりたいと
思っています、もうすぐ年末商戦も始まりますし、いつまでもこんな状態
じゃ使い物にならないですものね!

SWGB02_3760.jpg
やっと暑い夏が終わったと思ったら、もう朝晩は涼しいと
言うより寒いという感じになって来ました。

そんな10月の始めに西バイパスから更に西に行ってみました
、目的は鉄塔とそば屋さんですかね~(笑)

鉄塔群を撮影していると霞城セントラルが遠くに見える田園
風景が目に入りました、ちょうど稲刈りの時期で面白い風景
かなと思って撮ってみました、こんなに大きな農業用水路が
あるんですね。

SWGB02_3730.jpg

もうすぐ雪か…

SWGB02_3728.jpg
やっぱ、撮り鉄なので、こんな写真を時々UPするわけで…
足が正常な時は休みの度にこの東大手門の橋の所や山形駅
の西口近辺を一眼レフを2台と三脚を持ってウロウロしている
変なオジサン状態でしたが、足を痛めてからは、そう言う機会
が無くなってしまいました、しかも、抗生剤の投薬を止めてから
急に足の浮腫みが激しくなってきました、来週、病院に行った
時に相談しないと歩くのも辛い状況なので抗生剤の投薬を続ける
旨、話しないと…、蜂窩織炎(ほうかしきえん)恐るべし!
もしかしたら分からないところで骨のほうまで化膿が進行して
いたりして…、何故なら背中や腰、右足の全てが痛いのです、寝て
いても起きていても、座っていても痛いのです、痛み止めの薬、
安定剤、いろんな薬を服用しても痛みが止まりません…
精神的に参ってます。

さて、この写真は4月の中旬頃の撮影です、桜が真っ盛りの頃だった
と思います、桜じゃなくて列車を撮っているとこが面白いですね(笑)。

SWGB02_0379.jpg

SWGB02_0380.jpg

SWGB02_0381.jpg

いやあ、こんないい撮影場所が自宅から歩いて10分も掛からないところに
あると言うのは嬉しいものです、但し、その人が撮り鉄だったらの話ですが…
今頃ですが…、夏に食べた、新そばの話です、8月の末に南陽市に
ある北条さんに行って来ました、以前にも訪れた事があるので今度
で2回目になります。

SWGB02_2893.jpg

前回は昼時に行ったので店内の写真は撮れませんでしたが、今回は
開店時間近くに訪れたのでお店の中の様子を撮影させて頂きました。

SWGB02_2894.jpg

入り口の扉を開けると店内が見渡せます。

SWGB02_2899.jpg

中から入り口を見るとこんな感じです。

SWGB02_2896.jpg

奥には座敷席がありますが、手前右側にも部屋があります。

SWGB02_2895.jpg

なになに、本日のランチ750円!手づくりコロッケライスと
夏野菜とトマトの煮込みハンバーグライスの2種類から選
び、むぎきりか蕎麦のどちらかをセットに出来るのか…。

SWGB02_2913.jpg

とりあえず席に着いて品書きを見ると、「夏の新そば」と書いて
あります、この北条さんは、そばもいいですが、麦きりが有名
なんですよね、僕のあとから入った客も麦きりを注文する人が
多いようでした、でも夏の新蕎麦は期間も短いし、あといつ食べ
られるか分からないと思うと、当然、注文は夏の新そばを使った
板そばに決まりです!

SWGB02_2900.jpg

2階にも部屋があるようです。

SWGB02_2901.jpg

そば茶やそば枕などの小物も販売していますね。

SWGB02_2902.jpg

良く話を聞くと1日限定30食しか出さないそうですが、いろんな人に
食べてもらいたいとの意味があるそうです、本来、新蕎麦は秋なの
ですが、夏の新蕎麦は春に種を蒔き夏の時期に収穫出来るように
品種改良した蕎麦なのだそうです。

板そばが運ばれて来ました、一緒に付いてきた、丘ひじきと漬物が
美味しかった記憶はあります。

SWGB02_2909.jpg

この手打ち蕎麦は二・八で打っているそうです、コシが適度にあり
喉越しのいい蕎麦です。

SWGB02_2907.jpg

つゆは鰹節の味が程よく効いていて、この爽やかな夏の新そばの
味を引き出してくれます。

SWGB02_2912.jpg

夏の新板そば 1,200円
北条
南陽市蒲生田1410-1
TEL 0238-45-3456
営業時間 AM11:00~PM15:00/PM17:30~PM20:30
定休日 月曜日
手術からもう1ヶ月を過ぎようとしています、まだ膿が出ています、
随分、化膿してから放って置いたと言うことになるんですね…
あの怪我した時に整形外科じゃなくて外科に行かなかった事が
間違いだったわけで…

それにしても右足をかばっているのか腰や背中や膝の裏や太もも
の裏とかいろいろ痛い!膿が止まって縫ってしまえば一件落着!
ということなのでしょうが、随分、時間がかかるようです、今日は
休みですが、母を病院に連れて行く日なので、付き添いです、周り
から見ると、どっちが患者なのか分からないぐらいの感じです(笑)、
痛み止めとかは市販薬とか飲んでますが、あまり効かないようです
特に、寝る時が痛いですね、あとは夕方、両足と腰が悲鳴を上げます!

座っていても痛い、立っていても痛い、もちろん寝ていても痛い、
こんな日々が一体いつまで続くのか…

投薬は相変わらず続けています、あまりにも膿が止まらないからです、
そろそろ乾いて来てもいい頃だと先生は言うのですが…

そんなこんなで、夜は酒でも呑んで麻痺させるしかないですね、という
のは自分の都合で、ついでに安定剤も飲んでます、そりゃあ体に悪い
のは分かりますが、そうでもしてないと痛みが和らぎません…

今、一番したいことは膝と足の屈伸運動と思い切り走り回ることです(笑)、
それからトイレを洋式に換えること…

それでも仕事はしなければなりません、もちろん、チカラ仕事もあります
、結局、安静にしている時間なんてほとんどありません、これで早く治る
わけがあるわけない…

しかし、右足と左足の大きさがかなり違うなあ~

という事で、何故か今月は給料が少なくて発泡酒も呑めない状態です、
節約・節約…、昼間はカップ麺1つで済ます、そりゃあ体には悪いし栄養
バランスも偏るの承知の上、先々月からの医療費で小遣いも使い果たし
経済的にキツイ!

そういえば「トリス」って安いウィスキーじゃなかったけ?どう考えても
レッドより高い?980円?も少し安くてもいいんじゃない?ま・角やら
オールドやらよりもいいっか、ニッカも安い割には味がいいのですが、何故か
僕はサントリーが好きなのだ…、トリスと言えばハイボールです、最近は
ちょうどいい容量のソーダも売っているので余らないように呑むことが出来
ますね。

SWGB02_3708.jpg
とにかく足がまだ治療中なので30分以上の車の運転は医者から禁止
されていますので、今回は山交バスでの野草園でした、駅前からバス
が出てるんですね、足の具合が悪くなくてもバスで野草園まで行くのは
いいかも!約30分で到着です、回りの景色を見ながら乗っていると、
あっと言う間に到着します。

さてと、夏のボーナスでやっと購入したマクロレンズを使わないと、と言う
ことでしたが、その折に足の怪我が…

全然、使いこなせない内に月日は流れて行きました…
この10月にやっとまた使える機会が来たという感じです、ああ~一体いつに
なったら、このマクロレンズで撮った写真を生かせるように出来るのかな…

と言いながら、この秋、初めての西蔵王野草園です!写真のほうは主に
ひろぽんの「新・ふぉとギャラリー」で紹介して行く予定ですので、たまには
行ってみて下さいませ。

最初はいつもの学習センターの写真から

SWGB02_3615.jpg

クリン草の谷の前はこんな感じになってます、もう少し前だと蛇さんがたくさん
いましたねー

SWGB02_3613.jpg

ロックガーデンにある栗の木からは栗がどんどん落ちて来てます、ちょっと
怖いような…

SWGB02_3521.jpg

たまたまアスファルトの道路に居た「ばった」さん、近づいても逃げる様子
がありません、今日の暑さで対応出来てないのかな?

SWGB02_3700.jpg

撮影年月日2010.10.2
撮影カメラ Nikon D40X
使用レンズ SIGMA18-200mmF3.5-6.3DC OS
僕は自分では撮り鉄とは思ってないのですが、どうなんでしょう?
SL列車にはあまり興味もないし、遠くまで行っていろんな路線を
走る電車や気動車を撮りに行きたい!という気持ちもありません、
でもフラワー長井線や左沢線のフルーツライナー号を撮りたい
気持ちは強いですね、山形線や仙山線、山形新幹線等はそんなに
撮りたいとは思わないのです、でも、基本的には撮り鉄の部類に
入るのでしょうね…

以前に寒河江駅に行った時に、かなり時間をかけて撮ったフルーツ
ライナーの車両です、車両基地にある車両を撮れるというのは素晴
らしいことですねー

近々、山形の車両センターに再度挑戦してみたいのですが、足が
治らない内は無理出来ないですね、医者からは車の運転は最高でも
30分以内、普通に歩くのも制限されていますので…

SWGB02_0426.jpg

SWGB02_0427.jpg

SWGB02_0429.jpg

SWGB02_0430.jpg

撮影年月日2010.4.20
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。