上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒河江の皿谷食堂と言えば牛ダシの中華が有名らしいですね、今日の
目的は同じ寒河江にある、そば処「平左エ門」だったのですが、店まで
行くと、何やら障子の張替えのような事を駐車場でやっていました、店の
入り口には張り紙も貼ってありましたが、字が小さくて何が書いてあるのか
さっぱり分かりません、判読出来たのは暫くの間お休みしますという文字
だけであった、店の主人らしき人が、さかんに入り口に貼ってある張り紙
を指差してますが、小さくて見えないっちゅうの…

時間はもう11時を回ってしまった、寒河江で蕎麦を食べようと思ったら
開店1番で行かないと店内の写真を撮るのは不可能だと思われる、くそ~
何処に行けばいいのだ!で、思い出したのが前回、2時頃に行った皿谷食堂
でした、ところが前回は2時だと言うのに駐車場は満車で店の中もかなり
混んでいるようでした、これでは撮影は無理だな…と諦めて帰って来たの
ですが、今日はまだ11時を回ったばかり、ここからは車だと5分もかからない
と思い、皿谷食堂に向かいました。

駐車場にはまだ1台の車も見当たらない、よしラッキーだ♪

SWGB02_2010.jpg

とりあえず店の向かい側から店の全体写真を撮影しよう、う~ん、どうしても
皿の文字が木で隠れてしまうな…、まあ仕方ないかっ。

SWGB02_2025.jpg

雨もポツポツと降ってきたようなので、とにかく店の中に入りましょう。

SWGB02_2013.jpg

実は以前、営業の仕事をしていた時に会社の同僚とかと何度か訪れた記憶が
あるのですが、全然思い出せません(笑)、多分、あの頃はラーメンを食べて
いたのだと思います、広い店内ですね~

SWGB02_2018.jpg

左側には小上がりがあり中央と右側には4人掛けのテーブルが並ぶ、テーブルの
上にはメニューが置いてないようです、仕方なく厨房の手前の上にかけてある
短冊形のメニューを見てみるが、良く分からない、なので、店の人に冷たいそば系
のものは何がありますか?と訊くともりそば・ざるそば・鴨そばとか…、うん?
鴨そば?それいいんじゃない、もりそばもいいんですが、この暑さでは冷たいスープ
も飲んでみたいし。

SWGB02_2023.jpg

寒河江の人気店なので開店時間になると、たくさんのお客が入ると思ったのですが
そういうわけでもないんですね。

SWGB02_2043.jpg

普段は中華そばというかラーメンが一番食べられていると言うが、この時期はやはり
ラーメンなのだろうか?それを確かめてみたかったのですが、結局、帰るまで他の客
が来ることはありませんでした、冷たいラーメンというメニューがあったので、それなの
かな?何て考えているうちに冷たい鴨そばが運ばれて来ました。

SWGB02_2019.jpg

鴨肉は結構な量が入ってます、確かに鶏肉よりは油ぽい感じがしますが、味は鶏肉より
も深みのある味と言うのでしょうか、そばは二・八でしょうか田舎そばですね、これだったら
もりそばも美味しかったかも、残念!

SWGB02_2045.jpg

そのわりにはスープはさっぱりしています、何と表現していいか分からない味ですが、
暑かったので全部、飲んでしまいました、もう1回食べてみたい気がします、次回は
温かい鴨そばを。

SWGB02_2044.jpg

冷たいとり(鴨肉)そば 700円
皿谷食堂
寒河江市本町2丁目6-54
TEL 0237-84-2188
営業時間 AM11:00~PM20:00
定休日 木曜日
駐車場 7台
スポンサーサイト
久々に、このブログをランキングに登録しましたけど、あまり好きじゃ
ないんですよね~、このランキングって、特にブログの中でアマゾンとかの
通販の紹介をしているわけじゃないし、ランキングが上がるとうれピイ♪
なんてこともないし…、じゃあやらなきゃいいんじゃん!とか言われてますが
自分でも良く分からないのです、

今年になって、山形のそば屋さんを取り上げた本を手に入れました、会社の
人に聞いて本屋さんでたくさん売ってるよ、しかも山積みで!なんて言われた
ので早速、市内の本屋さんを訪ねてみましたが、どの本屋にも置いてありません
、あれっ?何で?で、会社の人に良く聞くと、いやいや、そんなことはないよ!
と言われ、再度、西田のこまつ書店へ!やっぱり見当たりません、仕方なく
カウンターにいる店員さんに聞いてみようと、レジの方に行くと、な・なんと!
レジカウンターの手前に積んであったのです!ああああああ!ここか!(笑)

で、購入したのがこの本です!

SWGB02_1975.jpg

仙台の出版社からの発行ですね、(株)プレスアートという所から平成22年2月25日
に出版されてます、価格は1,300円、僕が手に入れたのは3月の末頃でしたでしょうか…

今更、山形のそば屋の本何て、なんて思っている人も多いでしょうが、実はこの本で
一番、気に入ったのが写真なんです、蕎麦の麺の撮り方がいいんですよね~、これは
絶対、参考になりますね~、最近、手に入れたマクロレンズの出番が来た~って感じです♪

なので、以前に行ったそば屋さんでも、また全然違った雰囲気で写真が撮れるんじゃ
ないのかと、今のうちから興奮しております(笑)。

以上、報告でした、さてと、明日は晴れ間が見えたら東沢のバラ公園に足を延ばして
みようかな?だから、休みが多いんじゃなくて、普通のサラリーマンが土日連休ですが
僕はサービス業なので振り替え休日として休んでいるので平日に休みが取ることが多い
んですよ~、結局は週休2日を分割して取っているという感じなのです。
この前、のだめの映画を観る為に西口のパーキングに車を
停めようと思い向かいましたが、駅にフルーツライナー号が
待機線に停車していました、たまたまカメラを積んでいたので
撮ってみました。

SWGB02_1934.jpg

SWGB02_1935.jpg

SWGB02_1936.jpg

SWGB02_1937.jpg

撮影年月日2010.6.21
今月の7日に行った大江町にある大山自然公園のヒメサユリを
紹介します、自分のブログを見ると昨年も同じ時期に行ってました、
ブログって便利ですね、2年前のあの頃は何してたんだろう?と思っ
た時に検索すると出てきます(笑)。

訪れたのは朝7時頃だったのでしょうか…、昨日でイベントも終わった
とのことで片付けの人たちが早く来て整理していました。

SWG02_1712.jpg

駐車場からの眺めもいいですね~

SWG02_1695.jpg

こちらは展望台からの景色です。

SWG02_1704.jpg

さて、ヒメサユリの写真を撮らなくては、この朝早い時間でも3人の
カメラマンがいました、でも、この日は朝から日差しが強くなって来て
かなり暑くなってきたので朝早くの撮影で正解なのでした。

SWG02_1659.jpg

SWG02_1660.jpg

SWG02_1661.jpg

SWG02_1671.jpg

ログハウスが並んでいる周辺に来るといろんな蜂が勢い良く飛び回って
います、おお~、こわっ!

SWG02_1708.jpg

蜂をかわしながら命がけの撮影を続けます(笑)。

SWG02_1681.jpg

SWG02_1693.jpg

SWG02_1701.jpg

来年こそ朝早く来よう!目標6時!

SWG02_1702.jpg

撮影年月日2010.6.7
山形市内でまだ行ってないそば屋さんはたくさんある、その内の
1軒である「みどり屋」さんを訪れてみました、お店の場所は山形
市役所の裏通りを西に行ったところで、もうすぐ進むと羽前屋さん
が見えてくる手前です。

SWGB02_1927.jpg

山形市内なのでいつでも行けるという気持ちがあったせいか逆に
なかなか行けないものです、ここ暫くは遠出しないで市内のそば屋
さんを中心に訪れてみようと思っています、さて店内に入ってみましょう、
入口の右側には小上がりの座敷が3つ並んでいます。

SWGB02_1909.jpg

中央には二人用のテーブル席、窓側には4人用のテーブル席があり、奥が
厨房になっています。

SWGB02_1912.jpg

僕は一番奥のテーブルに座りました、何だかとても気持ちが落ち着く
店です、何だろう?時間の流れがゆっくりしている様な…
みどり屋さんについては何も知らないで来たので何がお勧めかは
分からない、こういう時はやっぱり「もりそば」でしょう!

SWGB02_1948.jpg

もり蕎麦が運ばれて来ました、わりと白っぽい蕎麦ですね、田舎そばと
言うより更科ぽい感じです、二・八か三・七かどちらかの感じがします、
クセがないと言うか、食べやすい蕎麦という表現が当てはまるかも知れ
ません。

SWGB02_1922.jpg

つるつると喉を蕎麦が通り過ぎていきます、つゆは濃い目ですがダシが
効いているためか甘みがあります、麺とつゆのバランスはとてもいいです。
向いのテーブルに座ったおじさんが頼んだ刻み海苔が一杯乗ったざるそばが
とても美味しそうでした(笑)。

SWGB02_1926.jpg

もりそば 580円
みどり屋
山形市旅篭町1-17-16
TEL 023-622-4079
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日 日曜日
駐車場 4台?
んははは!久し振りの蕎麦の話題だあ~、とか言ってますが、結構
そば屋巡りは続けているんですけどね、そば屋に行っても写真を撮り
過ぎて、どの写真を使っていいのかとか編集するのが面倒になって
来てしまってお酒にはしってしまうのです(笑)。

そんな中、道路計画で本町にある「近江屋」さんが改築してオープン
したというので訪れることにしました、一体あの蔵はどうなってしまった
のか?店の場所は以前とほとんど同じ場所になるのでしょうか、店と
蔵が隣同士に建っていました。

SWGB02_1881.jpg

開店はAM11:30、相変わらずの10分前到着でした(笑)、自宅から車で5分
しかかかりませんでした、でも、すぐに暖簾を出してもらい開店前に店内へ

SWGB02_1902.jpg

一旦、外に出て蔵の写真を撮ることに、話を訊くと蔵は西側にずらしたそう
です、以前は店の中にあったのですが外に出ると蔵の素晴らしさを再認識
しますね。

SWGB02_1901.jpg

SWGB02_1899.jpg

蔵のほうで食べてもよかったのですが、写真だけ撮らせてもらうことにしま
した、以前より明るくなってます。

SWGB02_1882.jpg

前に訪れた時には気が付かなかった掛け軸とかも分かるようになってますね。

SWGB02_1887.jpg

こちらは入り口の方で東側になります。

SWGB02_1884.jpg

さて、蔵とテーブルのある部屋の方は店に入って右側から入れるようになって
います、以前よりは明るくなったので蔵で食べる人が増えたそうです。

SWGB02_1889.jpg

僕は以前の雰囲気を残した大きなテーブルに座りました。

SWGB02_1888.jpg

奥には一人がけようの椅子が3つ並ぶテーブルがある。

SWGB02_1891.jpg

この日は暑かったので冷たい麦茶がメチャメチャ美味しかったです♪
蕎麦を揚げたものもサービスでテーブルの上に出ていました。

SWGB02_1892.jpg

本当のことを言うと一度でいいから、ここのラーメンを食べてみたいと
思うのですが、やっぱり蕎麦が食べたいのですね~(笑)、ラーメンブログ
とかやってる人はたくさんいますが、ラーメンを食べに行って蕎麦を食べたく
なるという事は無いのですかね…、とにかく注文は板そばです。

SWGB02_1898.jpg

この平たい麺が好きです、麺は二・八ででわかおりを使っています、この麺が
つゆに良く絡むのです、つゆはわりと甘めですがダシが効いているので蕎麦の
味を良く出してくれます、この夏は暑さを忘れる涼しい蔵で板そばを味わって
みてはいかがでしょうか!

SWGB02_1895.jpg

そば処 近江屋
山形市本町2-2-26
TEL 023-623-0344
営業時間 AM11:30~PM14:00 PM16:00~PM21:00
定休日 日曜日
前回にのだめの前編を観た時に前売り券を購入していたので
そろそろ観に行かないと知らない内に終わってしまうかも知れ
ないので、2連休の最終日の今日(2連休たって個人的にだけど…)
映画館に足を運びました、平日のしかも月曜日の昼の12時50分から
の回なので観客はほとんどいないんじゃないのかな?と思いながら
チケット売り場へ、一番後ろの席も空いているようなので5、6人ぐらい
かなと席に着くが、始まる頃に、あたりを見回すと20人くらいいるだろうか
へえ~、さすがのだめ!

SWG02_1965.jpg

前編の公開が1月なので、もう半年以上も経っていたんですね、後編を見る
前に前編を観てみようかとも思いましたが、観ないで来ました、それにしても
のだめのテレビドラマとスウィングガールズの映画を知ったのはどちらが
先だったのだろうか…

SWG02_1957.jpg

スウィングガールズの映画ではあのグループの中にいる鈴木友子が良かったの
ですが、のだめでの野田めぐみは、そんなに夢中になるほどではなくただ面白い
だけ?結局、僕はどんな役でもこなしてしまう上野樹里という女優そのものに魅力
を感じてしまうのだろうか…

後編はどうなるのだろうと期待を感じながら鑑賞しましたが、映画の中で成長
していくのだめにはワクワクしてしまいました、普通ならネタバレ近くまで
内容を話してしまうのですが、今回は2人の展開を静かに見守って行くことに
します(笑)、でもオーケストラが演奏する時に千秋が演奏曲について話す
ところがいいと思う、クラッシックに興味の無い人でも聴いてみたくなるのは
僕だけだろうか…
相変わらずのドタバタコメディもふんだんに出て来るので飽きないで観ていら
れます。

SWGK02_1961.jpg

あと、映画の中でのだめと同じアパートに住んでいるヤドヴィという女優さんの
吹き替えを蒼井優がしているとのこと、後でパンフを見てわかりました、上野樹里
と蒼井優はいろんな映画で共演していますよね~、それにしても吹き替えだけなんて
もったいないですね…

SWGK02_1959.jpg

二人の恋の行方は?どうなるのでしょう…、まだご覧になってない方はどうぞ
お早目に映画館に行って観てはいかがでしょうか。

SWGK02_1958.jpg
2年振りのラベンダー園です、天気予報は今日から暫くは雨になっている
ようです、でも朝は少し晴れ間が見えた、うん!大丈夫だ!と思った途端
激しい雨が…、こりゃあさすがの晴れ男もダメか…???うん??
雨が止んだよ~、家でのんびりムードからお出かけ体制に切り替えだ!

昨日の19日から山辺町玉虫沼公園の「かほりの広場」ではラベンダーまつり
が始まりました、去年も行ってるのかなと思って自分のブログで検索したら
去年はなんでか行ってなくて2年前に行ってました、今年は近くの中山町最上
川河川公園ではミニSLの展示と子供を対象に試乗会もあるというので、そちら
にも顔を出してみようかと思って出発しました。

土日だけなのでしょうが整理の係員の人が駐車場の誘導をしていました、
すると係員の人が車の中を覗いて何か言ってます、窓を開けて話を聞くと取材
の方ですよね?と言っているようだ、僕は、いえいえ写真を撮りに来ただけです
と言ったのですがマスコミや取材関係者の人は上の駐車場に案内します、と
言われました?ま・いっか、上の駐車場というのはラベンダー園の隣にありました
、これは近いわ♪でも、考えて見ると、車の後部席には三脚が3つ出しっぱなしで
助手席にはアルミのカメラケースと布製のカメラケースが2つ、更にこれでもか
とフロントガラスの下にはマクロ撮影用の4つ目の三脚が…(笑)
多分、ロカール系の雑誌社と思われたのでしょう。

上の方の駐車場に停めたのですが、一応入り口付近も撮りたかったので下に下り、
写真を撮ることにしました、2年前も同じ様な位置から撮ったような…

SWG02_1867.jpg

ここから坂道を上ります、途中から下界が見渡せるポイントがあります、さてと
到着です、今年もいろんなイベントが企画されているようです、ラベンダー摘み採り 
や、あと、山辺高校の生徒が作ったという手作りパンも販売されていました。

SWG02_1868.jpg

ここからは嫌と言うほどラベンダーの写真を(笑)

SWGK02_1848.jpg

SWGK02_1849.jpg

SWGK02_1852.jpg

まだ、ラベンダーの花も三割程度の開花でした、来週の週末あたりがいいのではと
係りの人は言ってました。

SWGK02_1853.jpg

SWGK02_1856.jpg

SWGK02_1859.jpg

SWGK02_1860.jpg

SWGK02_1861.jpg

SWGK02_1864.jpg

SWGK02_1865.jpg

SWGK02_1870.jpg

SWGK02_1871.jpg

SWGK02_1874.jpg

撮影年月日2010.6.20
2010年ラベンダーまつり
開催日 6月19日(土)~7月4日(日)
場所 山辺町 玉虫沼農村公園「かほりの広場」
時間 平日:AM10:00~PM15:30
   土日:AM10:00~PM17:00
問合先 山辺町産業課農業整備係
TEL  023(667)1106
以前から観たいと思っていた映画でした、もう公開から5年も
経っているんですね…

リンダ1

スウィングガールズ以来の学園音楽ものの映画かな、すごく
感動してしまいました、最近こればっか…o(-_-;*) 涙腺がかなり
ゆるくなって来たようです。

映画のあらすじは簡単に言うと、~とある地方都市にある高校。文化祭を
数日後に控えたある日、軽音楽部所属の5人組のガールズバンドがギターの
骨折を発端に分裂してしまった。

ギター、ボーカルがバンドを離れたが、ステージに立つことを諦めなかった
3人。彼女たちはたまたま目の前を通った韓国からの留学生をボーカルに引き
いれ、ザ・ブルーハーツのカバーを目指す。文化祭ライブ当日まであと3日。
寄り道だらけの4人の練習が始まる………。

リンダ7

韓国から来た留学生ソン役を演じている、ペ・ドゥナがこの映画の中で
光っている、カンヌ映画祭で絶賛された作品の「空気人形」にも主演で
出ています、とにかくこのソンが楽しい♪

留学生ということもあり友達もいない、放課後も小学生の女の子とマンガ
なんかを読んでいたりする…

リンダ3

文化祭では韓国交流イベントのようなものをやっているが誰も訪れる気配
はないようだ…

リンダ2

分裂したメンバーはバンドのヴォーカルを探すが、たまたま通りがかった
、韓国からの留学生のソンをボーカルに誘った、初めてブルーハーツの曲を
聴いて感動して涙を流すソン、残りの練習期間も少なく、本当にこのバンド
でブルーハーツの歌が歌えるようになるのだろうか…

リンダ4

そしていよいよ体育館ではライブの準備が始まるがバンドのメンバー4人が
来ない、ライブの実行委員たちは心配する…

リンダ6

この最初のシーンからライブ当日までに、この4人のいろんな物語があったりで
話が進んで行く…、さて最後、この4人のメンバーのライブは成功するのか?
ソンは歌えたのか?この映画を観てから、ブルーハーツの曲がとても好きに
なりました、この4人の思いが歌と重なり合いとても気持ちが入って聴いてしまい
ます、ああ…いい映画です。

リンダ5

監督 山下敦弘
脚本 向井康介、宮下和雅子、山下敦弘
出演者 ペ・ドゥナ
前田亜季
香椎由宇
関根史織
三村恭代
湯川潮音
公開 2005年7月18日
いつもカミさんに言われるが、休みが多いわけじゃない、普通の会社の
週休2日の土日分と祭日分の休暇を振り替え休日として取っているわけ
なので、決して休みが人より多いわけじゃないのだ…

今日は雨降りじゃないのですが、カメラを持って出かける気分にはなら
ない…、実家の母を病院に連れて行って、金魚の水槽の水換えをして
ブックオフで母の為に本を10冊ほど購入し、自宅に戻る…、しまった!
帰りにゆ~チェリーに寄るんだった…、ま・いっか。

ニュースを見ていたら山形地方も梅雨入りを宣言したようだ、でもあまり
ジメジメしていないのは何故なんだろう?

実家からの帰りにTSUTAYAに行き、DVDを借りる、旧作は1枚80円だそうだ
以前から比べるととんでもない価格だ、ゲオの影響もあるのだろう…

いつもは新作or準新作ばかり借りているので旧作は何を借りていいのか
わからない…、洋画はほとんど借りないので邦画というか日本映画しか
観ないし、アニメコーナーで「時をかける少女」をセレクト、他に邦画
3作品を借りてくる。

それにしても最近は蕎麦を食べていない、以前は休みと言えばそば屋を
探して歩き回っていたのですが、少し情熱が冷めて来たのだろうか…

山形の蕎麦は随分洗練されて来ているような気がする、全部の店とは
言わないが、個性的でワイルドで荒削りの店が減って来ている様な気が
する…、優等生が増えすぎて来た、店の造りや接客なんぞには拘りを求
めない、麺やつゆに刺激が欲しいのだ、他県から考えれば贅沢な考え
だと言うのは分かりますが、どうなのでしょう?山形市内に関して言えば
もう飽和状態なのでしょうか?これ以上、蕎麦屋が出来たらどうなるの
でしょうか…

最近、市内に新しいそば屋の開店が目立ちますが、何故か肉蕎麦をメイン
にしている店が多い、肉蕎麦は谷地に任せればいいと思う、それに僕は
肉蕎麦が嫌いなわけではないが、食べても蕎麦の味や香りがないと思う、
肉蕎麦ファンに言わせれば何を言ってるんだ!との声が聞こえますが、
やはり山形の蕎麦は蕎麦本来の味を楽しみたいし、蕎麦湯も味わいたいと
思うのは僕だけなのだろうか…

最近、購入したばかりのタムロンのマクロレンズ90mmを付けて猫の写真
でも撮ってみた、ほとんど明かりは無し、露出の調整だけで撮ってみる、
三脚なんかは使わないのでもちろんブレブレだ、最近、ピントが合った
写真があまり好きじゃなくなった(笑)、いいんじゃない、写真なんて
感性で撮れば、と思うほどの技術も持ってないが言いたい(笑)。

どうなんだ?猫よ、山形の蕎麦の未来は?気のせいか猫も考えている様な
顔をした…

SWGB02_1845.jpg
左沢駅でSLの入れ替え作業を撮り終えて、後は帰るばかりだったの
ですが、かなりお腹が空いて来たので駅前にある丸五そば屋さんに
行って、冷たい中華を食べました、あっ、写真はないですよ(笑)。

その後は寒河江のゆ~チェリーに行き、久し振りの温泉です、今日は
いろいろ歩き回ったので熱い風呂は気持ちがいいですね~。

そして家に戻ろうと思ったのですが、SLさくらんぼ号の上りの時刻を
確認すると、間もなく羽前金沢駅を通過する時間です、くう~、行かな
きゃ!

撮影ポイントを探して歩いているうちに時間が迫って来たので線路の
東側の農道での撮影になりました、逆行気味だし線路付近の草がかなり
伸びていたので、決していいポイントではないと思いますが…

レンズは18mm-200mmのズームを使いましたが、これは選択ミスかも、
18mm-105mmくらいの方が良かったかも…

SWGK02_1818.jpg

SLの向きは逆になっています、ちょっと格好悪いような気がしますが
逆に珍しいので、このショットは貴重なのかも知れませんね。

SWGK02_1820.jpg

SWGK02_1827.jpg

ちょうどいいショットがピンボケになってしまいまいましたのでアップ
出来ませんでした、やはり三脚は必須アイテムですね!さて長い間
お付き合いありがとうございました、SLさくらんぼ号の特集を終わります。
今回は左沢駅に着いたSLさくらんぼ号が山形駅に向かう上り列車になる
ため、SLの入れ替え作業が始まります、まずはSLから客車をDE10が
退避線に移動させます。

SWGK02_1795.jpg

待避線まで移動した客車とDE10。

SWGK02_1797.jpg

その後、SLが自走して客車に連結作業に向かいます。

SWGK02_1801.jpg

ポイントの切り替え線まで進みます。

SWGK02_1805.jpg

そして客車がある待避線まで戻ります。

SWGK02_1811.jpg

そして客車と連結完了!

SWGK02_1816.jpg

その後、下りの左沢線の列車が入線して、上りの列車になって左沢駅を出発
するまで待避線で待機ですね、本線まではDE10が誘導します。

SWGK02_1844.jpg

あと1回だけ続きます…
山形市内を車でAM10:30頃出発し左沢駅にはAM11:00頃に到着しました、
左沢駅を車でグルリと一回りして撮影ポイントを確認、ほとんどホームから
の撮影になる感じですね、駐車場が心配ですが、左沢駅を後にして、柴橋駅
から左沢駅の間にあるトンネル付近の撮影ポイントを探します、この場所は
ネットでいろいろ調べると書いてあったので、とりあえず来てみました、左沢駅
にSLが到着するのはPM12:05で、まだ約45分前、JRの保線区の方が5人ほど
来て安全を確保しています、カメラマンは時間が経つに連れ増えて行きます、
こんな調子だと運行本番はかなりのカメラマンが集まるのでしょうね、この場所
は左沢方面に対して下りになっているので黒煙は期待出来ないとのことでした
、でも撮影アングルはいい位置を確保できました。

SWGK02_1771.jpg

SWGK02_1773.jpg

その後、左沢駅に到着しているSLの撮影に向かいました、SLの周りには大勢の
カメラマンや報道関係の人たちがいました。

SWGK02_1779.jpg

SWGK02_1789.jpg

この後、SLの車両の入れ替え作業があり、これも撮影しました。

SWGK02_1791.jpg

続く…
前回の続きです、山形駅の構内にやって来ました、入場券を購入して
左沢線のホームに向かうと、今日の試運転には招待客が乗るとのこと
なので、マスコミ関係各社がカメラを担いでたくさん来ているようです。

SWGK02_1745.jpg

先ほど客車と連結したSLが左沢線のホームに入って行きます。

SWGK02_1758.jpg

せっかく入場券を購入してホームに来たので仙山線やフルーツライナーの
車両も撮らなきゃ!

SWGK02_1754.jpg

SWGK02_1753.jpg

そんなこんなでSLは搭乗開始したようです。

SWGK02_1760.jpg

さて、ここから僕はSLの出発を待たずに山形駅から離れます、速攻で駐車場に
行き、高速を利用して寒河江ICを経由して左沢に向かいます。

SWGK02_1765.jpg

続く…
2010年の6月12日(土)・13日(日)の2日間にJR左沢線をSLさくらんぼ号
が走ります、確か1年か2年前に山形駅で同じさくらんぼ号の写真を撮った
記憶がありますが、その頃は撮り鉄でもなかったし、SLにもあまり関心は
無かったようでした(笑)、その、さくらんぼ号の試運転が8日から10日の
3日間、本番と同じ時刻に走るというので試運転と本番の中で休みは今日
の10日だけ、これは行くしかない!

いろいろ撮影スケジュールを考えたのですが、どうにも良くわからない…
フラワー長井線であれば撮影ポイントも分かるのですが、左沢線でしかも
SLとなれば皆目見当が付きません、最初から初心者でも撮れるという羽前
金沢駅で待ち構え、その後、左沢駅まで行ってSLの車両の入れ替え作業
を撮影すればいいのか…、入れ替え作業というのは左沢駅には車両の向き
を替えるターンテーブルの施設が無いため、機関車は転換が出来ずに、
バック運転で山形まで戻るようになるからです、その入れ替え作業の撮影を
しようかと…、まあ、とにかく山形駅まで行くことにしました、山形駅発AM10:44
なので1時間前の9:40頃に山形駅西口に着きました、あれっ?SLが目の前に
、車を停めて、とりあえず撮ります(笑)。

SWGK02_1724.jpg

おおっ、煙が!SLの醍醐味ですね!

SWGK02_1726.jpg

何だか、これでもう満足したような…(笑)、今度はバックで駅の構内に向かって
走って行きます。

SWGK02_1728.jpg

車輪の下あたりからはスチームが勢い良く出てます!

SWGK02_1730.jpg

う~ん、SLいいですね♪

SWGK02_1732.jpg

そのまま駅までSLを追いかけて行くと沿線にはカメラを構えた撮り鉄たちがたくさん
いました。

SWGK02_1736.jpg

客車と連結作業をしていたのですね、この写真を撮ってから駐車場に車を停めて
山形駅のホームに向かいました。

SWGK02_1741.jpg

何だか長い1日になりそうな予感です、続きます…
今朝は早く起きて夜明け前に大江町の大山自然公園に行き、ヒメサユリの
写真を撮ろうと思っていたのですが、残念ながら起きたのがAM5時…、もう
夜が明けてました、それでもAM6時前には家を出発し、大山自然公園に着い
たのがAM6:30!市内から30分で来るんですね。

SWGK02_1703.jpg

何でそんなに朝早く行くのかですか?夜明け頃だと、ヒメサユリの咲いている
林の中が霧というかガスがかかっていて幻想的な写真が撮れるんです、まあ
その時の気温や気象状況にもよるので必ずとは言い切れないないのですが…
こんなに早く、しかも平日に来る人はいないだろうと思っていたら、いました(笑)
白レンズを付けたカメラを持って三脚を据えて写真を撮っている人が一人、先に
進むとさらにもう一人、同じ考えを持った人は僕一人じゃないと言う事か…
今回はタムロンの90mmのマクロレンズでの撮影が出来ました、写真の方は
のちほど、このブログと新・ふぉとギャラリーのブログで紹介して行きます。

SWGK02_1700.jpg

さて、話は変わりまして、大江町から帰って来て、今日は1日、腰痛のこともある
のでベッドに寝てようかと思ったのですが、ふと、気なっていた映画「RAILWAYS」
を観に行こうと思い立ちました、この映画は嶋のムービーオンでの上映です、実は
ムービーオンはまだ行ったことがありませんでした、今日の上映の一番近い時間は
AM9;40の回でした、時計を見るとすでにAM9:15、ヤバッ!すぐに車に飛び乗り
嶋へ、まあ平日だし、そんなに混んでいないだろうと思ったら駐車場は7割ほど埋ま
っている、ほえ~、中に入るとチケット売り場には人がかなり並んでいる、またまた
ほえ~、でも「RAILWAYS」なんかは若い人はあまり観ない映画かなと思いました、
座席に座って辺りを見回すと15人くらいでしょうか、他の人は「書道ガールズ」か
「座頭市」なのか…

SWG02_1719.jpg

月曜日はメンズデーという事で料金は1,000円なのだそうだ、ところで、この
「RAILWAYS」という映画、途中で泣いてしまいました、まさか泣くとは思いません
でしたが、不覚にも涙が止まりませんでした…。

RAILWAYS③

僕はこの映画の主人公の役の中井貴一という役者さんはそんなに好きではなかった
のですが、この映画を観てファンになりました(笑)。

RAILWAYS①

とりあえず、どんな映画の内容なのか簡単に…ネタバレはありません。

大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にした筒井肇(中井貴一)は、
仕事に追われる毎日を過ごしていた、そんな時、工場整理というリストラの仕事と、
取締役への昇進を告げられる。

肇が仕事に追われるようになってから、ハーブショップを経営する妻の由紀子(高島礼子)
との距離は広がり、夫婦の会話は殆ど無くなってしまっていた。自分の夢が分からず職活動
中の娘・倖(本仮屋ユイカ)とも、親子の会話が途絶える始末。

リストラの仕事に取り掛かっていたある日、故郷島根で一人暮らしをしている母・絹代
(奈良岡朋子)が倒れたと連絡が入り、急いで田舎に帰ることに。母の容体が軽度の心筋梗塞
だと聞き、翌日には東京へ戻る肇、だが、再度病院からの呼び出しを受け、母の精密検査の
結果を告げられる、肇は母と一緒に撮った写真を見つめながら、一畑電車の運転手になることが
、小さい頃の夢だったことを思い出す。それを、いつまでも傍にいれると母が喜んでいたことも。

もう一度夢を追い求めてみたいと思った肇は、リハビリ中の母にも家族にも内緒で、一畑電車運転手
の採用試験に応募する、そして、年齢のハンディを乗り越え試験に合格する。

同じ採用試験に合格した青年・宮田(三浦貴大)と知り合った肇は、同僚となる為仲良くしようと
するが、何故か宮田は心を開こうとしなかった、ある時、宮田が野球を諦めた高校球児と知った肇は
、自分が何故運転手を目指そうと思ったのかを話す。

運転手として働き始めた肇は、今までにない満足感を感じていた。そんな真っ直ぐな肇の姿に家族や
周囲も影響され、それぞれにとっての本当に大切なものに気づいていく‥。

少しずつ誰もが変り始めたある日、ある出来事が思わぬ事態を巻き起こしてしまう。

RAILWAYS②

僕も都内で仕事をしていて山形に帰る事もなく仕事をしていて、ちょうど結婚したばかり
の頃に母が倒れ、映画と同じような状況になった事があります、母の面倒をみるために仕事
を辞め帰郷したからです…

ここに出てくる一畑電車が走るシーンがとても印象的でした、広い田園地帯と鉄塔の中を
走る電車の風景はそれだけで感動してしまいました、あと、オープニングの電車が車庫から
出て来るときに一窓ごとに光が差し込むシーンは最高です♪あと宍道湖でしょうか、夕陽の
風景がすごく綺麗でした…

今、一番感動できるのはこの映画ではないでしょうか。

SWG02_1717.jpg

などと書きながら、今日は暑い!グラスに氷を入れて発泡酒を注ぎ、更に電気ブランを入れ
てわけの分からないものを呑んでいたら、頭がフラフラになって来た…

SWG02_1721.jpg
今年は野草園でスタンプカードをもらって来ました、8回行くと
1回分が無料になるそうです、間もなく8個のスタンプです、この
調子だと今年は3回くらい無料で入園出来るかな?

SWGB02_1585.jpg

マクロレンズを購入するといろんなものを撮ってみたくなります
が、やっぱりこんな写真を撮ってしまうんですね~(笑)。

SWGB02_1498.jpg

SWGB02_1499.jpg

ニッコウキスゲを撮ってみました。

SWGK02_1590.jpg

まあ、撮影技術はだんだん良くなって来るでしょう、今は練習期間です。

SWGK02_1594.jpg

それはそうと、大江町の大山自然公園ではヒメサユリが咲いていて、
昨日までイベントをやっていたそうですが、低温の影響であまり咲いて
いないと言う声を聞きました、僕は昨年の今日、訪れていました、明日
行ってみようかな…
長い間続いている腰痛ですが、先日、薬が無くなったので、2度目の
整形外科に行って来ましたが、湿布を貼り、痛み止めの座薬をしてか
ら訪れました、医者の診断が始まり、いろいろ足とか腰とかを動かして
痛みはどうですか?と訊くので、あまり痛くないですと答える、そりゃあ
そうです、湿布に座薬では痛みが少し和らいでいる状態なのですから
、そこで先生の一言が「だいぶ良くなって来てますね!」って、それは…

そんな漫才みたいなことがあって、今日は休みでした、もちろん、ゆっくり
寝ていれば腰に負担も掛からないし、1日だらだらしていようと思ったので
すが、最近、購入したマクロレンズをちゃんと使ったことがないし…
空を見ると何だか曇っている、でも今年は晴れ男なので雨は降らないはず
だ(笑)、西蔵王の野草園に行ってみるか!でも腰は相変わらず痛い!

とにかく湿布を痛みのある場所に2枚貼り、座薬をして出かけることにした、
そこまでして写真を撮るのか!はい、撮りたいです(笑)。

そんなわけでAM11:00過ぎに野草園に到着しました。

SWGB02_1627.jpg

早速、D90にマクロレンズを装着し三脚を片手に野草園内を駆け巡るので
ありました、暫くするとポツポツと雨が…、嘘だろう!ほんとにポツポツだった
のですが、カメラを濡らしたくなかったので、少し学習センターのデッキで
一休みしよう、しかし、マクロレンズは面白いなあ、これからいろんな写真が
撮れると思うと楽しみでしょうがない、そのためにも早く腰痛を治さなければ
、あっ、そうだ、そういえば以前から気になっていたそば屋さんで洛颸菴(らくしあん)
さんに帰りに行ってみよう!前に1度訪れたことはあるのですが、三色もり天が
気になっていたので。

SWGB02_1584.jpg

らくしあんさんに到着したのはPM1:40頃でしょうか、駐車場には車が1台も停まって
いないようです。

SWGB02_1612.jpg

以前、訪れたのは何年前になるのでしょう…、あの頃は携帯のカメラで写真を撮って
ましたねー。

SWGB02_1613.jpg

さて、店内に入ってみましょう!入ると右手には居酒屋風のテーブルがあります。

SWGB02_1614.jpg

僕は窓側のテーブル席に座りました。

SWGB02_1616.jpg

奥の方には座敷もあるようです。

SWGB02_1615.jpg

さて、注文はもちろん「三色もり天」です、中華麺とうどんを打つので少し時間
が掛かってしまうと言われましたが全然大丈夫ですと答えましたが、うどんも
中華麺も手打ちしてるんだ…

SWGB02_1619.jpg

この「洛颸菴」さんでは中華麺がありますが、ラーメン類は一切やっていないのです
、もちろん蕎麦も手打ちです。

SWGB02_1620.jpg

三色もり天が運ばれてきました!すごいボリュームですね、本当に1,000円でいいの
でしょうか?と訊きたくなってしまいます。

SWGB02_1623.jpg

天麩羅も何種類あるのでしょう、海老に南瓜に茄子に…、小皿に黄色ぽい粉末状の
ものがあるので試しに天麩羅に付けてみると、カレーのような味が、面白い味です、
カレー塩?

SWGB02_1625.jpg

さて、麺のほうを見てみましょう、蕎麦は十割りの手打ちそばです、歯ごたえがあり
喉越しもいいですね、少し平たい感じの麺ですがカドが立っています、つゆも蕎麦と
天麩羅、両方に合うこだわりを感じる味ですね、中華麺は太く独特の歯応えです、
これは癖になりますね。

SWGB02_1624.jpg

次に、気なった薬味を紹介しましょう!こちらは葱と一緒に3つの薬味がのってます、
練り唐辛子と生姜と山葵です、こういうのが何だかいいんですよね。

SWGB02_1656.jpg

あとは、この店独自に調合したのではと思わせる唐辛子です、いろんなものが入って
いるようです、とても風味のある唐辛子です、これはお勧めです。

SWGB02_1657.jpg

三色もり天 1,000円
洛颸菴 らくしあん
山形市小白川町4-28-25
TEL 023-632-7834
営業時間 AM11:00~PM19:00(中休みなし)
定休日 月曜日(祭日の場合は営業)
タレ・薬味の追加は有料
店内禁煙
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。