上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞城公園に咲く、梅の花の続きです、南門の近くの土手から
見える風景です。

SWG8111.jpg

ここを右に下りて行くと体育館があります。

SWG8112.jpg

下りたところから霞城セントラルを見る…

SWG8113.jpg

また西門の近くにやって来ました、何か黄色い花を咲かせている木が
あります。

SWG8118.jpg

SWG8117.jpg

そして、ここでは白梅の花が満開になっています!

SWG8120.jpg

SWG8121.jpg

やっと、ここで春の訪れを感じました♪

SWG8122.jpg
スポンサーサイト
風が更に強くなって来ました、う~ん、近くの佐藤屋さんに行って
芋煮ラーメンでも食べようかな…

SWG8084.jpg

でも、今食べたらまた豚になる(笑)もう帰ろうかな…と思った時に
見慣れない電車がやって来ました、あれっ?この電車は仙山線の電車かな。

SWG8088.jpg

何か今まで見ていた車両と違うような…

SWG8093.jpg

後から調べたらE719系の他にもE721系の営業運転をしていたらしい、なんで
気が付かなかったのだろう。

SWG8094.jpg
もちろん!列車も試し撮りです、フラワー長井線もこの
18mm-200mmのレンズで撮る予定なので大手門の上から
撮影です、それにしても風が冷たいなあ…

電車を待っていると、後ろから音が!あらっ、上りの電車が
来たんですね、あわてて撮影です!

SWG8069.jpg

701系の電車ですね、ああ、久々の撮り鉄です(笑)。

SWG8070.jpg

と、間もなくE3系の山形新幹線が!

SWG8071.jpg

ああ!加速が早くてピントが…

SWG8074.jpg

なんて言ってる内に左沢線フルーツライナーが!

SWG8079.jpg

これは、このレンズの威力発揮という感じですね。

SWG8081.jpg
体育館のある方から大手門に向います、あれっ?道路が随分
キレイになっていますねー

SWG8066.jpg

手前の方の道路には青いラインがあって「本来の堀ライン」と
書いてあります、ふ~ん、ここまでお堀があったんだ…、でも、
まだ案内板のようなものが立ってないので、これからなのでしょう。

SWG8067.jpg

旧済生館病院本館(山形市郷土館)の近辺もかなり整備されていてキレイ
になっていました。

SWG8068.jpg

二の丸の土手から見る山形市内

SWG8096.jpg

反対側の土手には小さな花が咲いていました。

SWG8098.jpg

そして白梅と紅梅のコラボが楽しめます♪

SWG8108.jpg

ここでは紅梅を撮ってみましょう!同じ紅梅でも品種が違うのか
色合いが違いますね。

SWG8101.jpg

SWG8106.jpg

*続きます
今回、購入したSIGMAの18-200mmF3.5-6.3DC OS HSMのレンズの
試し撮りに霞城公園に行って来ました、3月も、もう終わるというのに
昨夜から朝にかけて雪が降り、道路にうっすら積もった感じです…
一体、いつになったら春が来るのだろう、今日は午前中にキタムラと
ケーズデンキに行って来ました、今回、手に入れる予定のD90のカメラ
とNECのPCの下見です、D90については今持っているD60のカメラの下
取り価格が結構いい値だったので、D90がかなり安く手に入る予定なの
でほぼ決定です、PCの方はまだ迷ってますが、今日、現品を見てかなり
気に入りました、何と言ってもXPのOSがインストールしてあって後から
Windows7にグレードアップ出来るのがビビンと来てしまいました、15.6
ワイド画面も気に入りました、多分、これで決定ではないでしょうか!

まあ、その話は置いといて、とにかく出かけましょう、いつものように西口門
近くにある桜の木まで歩きました。

SWG8052.jpg

近付いてみると、もう芽が大分膨らんできてますね~

SWG8054.jpg

さて、このレンズの最大の特徴でもある18mmから200mmまでの撮影範囲ですが
実際に試してみました、まずは18mmmで霞城セントラルビルを撮ってみましょう。

SWG8056.jpg

そしてズームを最大の200mmにして撮影です、OSが作動しているはずですが
多少ブレるのでしっかり持たないと駄目ですね、それにしても、このレンズはいい
ですね、今のところカメラはD40Xしかないので、野草園でレンズの交換はしたく
ないので、何とか、このレンズで頑張ってみましょう、最初の野草園ではマクロ的な
撮影はしないので大丈夫だと思いますが…、マクロレンズは今夏のボーナスで何
とか手に入れたいですね。

SWG8057.jpg

公園の中に入ると何やら白っぽい花が咲いていますよ。

SWG8063.jpg

白梅が咲いています♪

SWG8061.jpg

SWG8060.jpg

まだ蕾の紅梅…

SWG8062.jpg

*続きます
常緑の葉は丸く、光沢があります、花期は春から夏で花は淡紅色、
花弁は5つに分かれ、その先端はさらに細かく裂けています。
和名のイワカガミ(岩鏡)は、岩場に生えることと、光沢のある葉
を鏡に見立ていることに由来します。

SWG2681.jpg

SWG2682.jpg

SWG2683.jpg

ところで、やっぱりマクロレンズが欲しくなって来ました(笑)狙って
いるのはTAMRONのSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272EN II)
(ニコン用)です、1:1なので、ちょーマクロです、作品例を見てみると
何とも言えないボケ感は他のマクロレンズと比較すると圧倒的なものが
あります、価格的にも35,000円~40,000円と比較的マクロレンズにしては
手頃な価格です、と言っても僕には簡単に買える金額ではないのですが…
いよいよ今週の木曜日に西蔵王の野草園がOPENする!
昨年撮り溜めた野草園の写真をこのブログで全部載せる
つもりでしたが時間切れですね(笑)、諦めて今年の写真
の編集の合間に載せることにします、さて!明日は新しい
交換レンズの試し撮りに行かなきゃ!

と言う事で、今回はマイヅルソウ(舞鶴草)です、葉の形
が、鶴が羽を広げて舞を踊っているように見えるので「舞鶴草」
と呼ばれていますが肝心の葉が写真に入ってないです(笑)。

SWG2674.jpg

SWG2675.jpg

SWG2676.jpg

撮影年月日2009.5.16
昨年の12月末に訪れたJR左沢線の柴橋駅です、この駅は
駐車場はありませんので、遠くの空き地を探して歩いて来る
か、左沢線の車両に乗って来るしかありません、でも駅舎だけ
の撮影だったのでギリギリ駐車してしまいました…

左沢駅の方から探しながら来たのですが、こんな場所に駅が
あるのかな?という雰囲気がありました、高台というか山?の
上の方に駅舎がある感じです。

SWG6460.jpg

上から下のほうを見てみるとこんな感じですね、結構、急勾配
です。

SWG6466.jpg

駅舎は2002年に造られたそうです、同じ左沢線の西寒河江駅や
南寒河江駅の駅舎と同じような駅舎ですが、まだ南寒河江駅の
写真は撮ってないので何とも言えないですね…

SWG6461.jpg

左沢線の列車が来るまで待って列車が駅に停車している所を撮影
したかったのですが次の列車が来るまで1時間以上あるので今回は
断念!夏頃の季節だといい写真が撮れそうなので再訪しよう♪

こちらは左沢方面になりますが、次の駅が左沢駅になっています。

SWG6462.jpg

そして、こちらは山形方面で次の駅は羽前高松駅になります。

SWG6463.jpg

ホーム長は2両分しかないので4、6両の列車が来たときは前2両の
扉のみが開くようになっています。

SWG6465.jpg

JR左沢線の駅はまだ全部まわっていないのです、そういえば最近
新聞で羽前高松駅舎の改築が終わったとか…、今年は廃線になった
三山線を巡る予定なので、その時に訪れてみましょう。

SWG6464.jpg
まだ読み終わっていないのですが、この前買った本「ロスト・トレイン」
とても興味深い本です、内容は、ある廃線跡を訪ね、いろんな事が起
こるという話なのですが、以前から少し気になっていた山形にある廃線
跡にまた関心が出て来ました、山形には「谷地軌道」や山形交通「高畠線」
などがあります、今年の夏はこの廃線跡を巡ってみたいと思っています、
でも、そんなに簡単に廃線跡を見つけるのは簡単ではありません、それなり
に資料を調べて行かないと…

SWGB6186.jpg
注文してから時間がかかると思い、入荷するのは来週の始め
くらいかなと考えていましたが、意外と早く連絡が来ました、
今まで、通常の撮影は18-50mm、そして望遠で撮る時は50-200mm
のレンズを付け替えて撮影しましたが、やはり面倒ですし、持ち歩く
のも大変で重い…、こうなりゃ少し無理してでも18-200mmのレンズを
購入するのが一番の解決策になる、ニコン純正レンズはどうしても
高くなるが、このSIGMAのレンズは割安だし性能もいいようなので
購入を決意したわけで…

SWG8015.jpg

独自の手ブレ補正機構を搭載したデジタル専用高倍率ズームレンズ
で、室内や夕景の撮影、望遠側の撮影で起きやすい手ブレを気にする
事なく撮影を楽しめます、通常モードではこの位の感じです、カメラは
ニコンD40X、しかしカメラに取り付けるとかなりの重量感がありますね。

SWG8023.jpg

最短撮影距離はズーム全域で45cm、最大倍率は1:3.9。近接撮影にも威力
を発揮するので、4月1日の野草園にはこれ1本で大丈夫でしょう!

SWG8022.jpg

しかしレンズ増えてきたなあ…
この前、彼岸の時に母の家に行った時に東根のジャスコに
買い物に行きましたが、メチャメチャ混んでましたね~
駐車場は満車で空くまで待っている状況でした…
せっかくの泊まりなので、焼酎でも買っていくかと思い
ジャスコの中にある酒売場に行き、いつもの十割りそば
焼酎を買おうと探していると、な・なんと!新しいそば焼酎
の瓶が目に入りました、んっ?高千穂酒造…
どうやらイオングループの開発商品らしく、製造元の高千穂
酒造さんのホムペには載っていませんでした、いつも呑んで
いる十割りそば焼酎とは少し違うテイストを感じます、しかし
こんなにそば焼酎にハマってしまうなんて…

SWG7974.jpg

原料は十割りそば焼酎と同じく、そばとそば麹のみ、いわゆる
蕎麦全量仕込みだ!

と…、話が全然違う方向に行ってしまいましたが、以前から欲しい
と思っていた、シグマの18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSMのレンズ!
今日、注文しちゃいました♪来週中には手に入る予定です、これで
4月1日の野草園OPENまでには間に合うかも!その前に試し撮りを
したいのですが、もっと早く入荷しないかな…

シグマ18-200mm

そうだ!来月の置賜桜回廊のバスツアーもこのレンズ1本で大丈夫
だ、重いカメラケースも持って行かなくてもいい、あっ、1台用のカメラ
ケースも揃えなきゃ!
何だったかの雑誌で見つけた新刊案内のコーナーに載っていた
この「ロスト・トレイン」の本です、かなり面白いとの批評が
載っていたので読んでみたいと思いました。

「日本のどこかに、誰も知らない廃線跡がある。それを最初から
最後までたどると、ある奇跡が起こる」…

吉祥寺の居酒屋で、心優しき鉄道ファンはそうつぶやいた。直後
に彼は失踪。ぼくは彼を慕う「鉄子」の菜月さんとともに、その姿
を追って北へと向かう。けれどその言葉は、思いもつかないところ
にぼくらを運んでいった…。誰かを想うよろこび、何かを失うさみしさ。
なつかしくなる、旅に出たくなる、大人のための青春小説。

テツとテツコの話みたいですが、結構、興味をそそられます、久々に
天童の八文字屋に行って探してみましたが、棚に並んでいました、
読み終わったら感想を書いてみます。

SWG7975.jpg

ロスト・トレイン
発売日:2009/11/20
定価:1,470円

【中村弦】
1962(昭和37)年東京都大田区生まれ。國學院大學文学部卒業。2008年
『天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語―』で第20回日本ファンタジー
ノベル大賞を受賞、デビュー。「新しい伝奇ロマンの開拓者」(荒俣宏氏)
「静かに着実に高みに上り詰めた傑作」(椎名誠氏)と絶賛を浴びた。
丁寧な調査に裏づけされた構成、読みやすくゆきとどいた文章、明るい中に
もどこか影のあるキャラクターが人気を呼ぶ。
市販の生そばでよく食べるのは山口製麺さんの次年子そば
ですが、まだ食べた事のない酒井製麺さんの生そばを購入
し食べてみる事にしました。

SWG7987.jpg

二食入りでお値段は298円(スーパーおーばん)でした、
開けると、つゆと麺が入っています、最近は市内の緑町に
ある「めん工房さかい」の店舗でもラーメンの麺や生麺・乾麺
も購入出来るようです。

SWG7988.jpg

裏面には茹で時間が3分をメドにと書いてありますが、僕は
その時間よりも30秒ほど早目に茹で上げます、「めん工房さかい」
では細切り生そばが七割そばになっていますが、多分、この麺も
七割くらいなのではないでしょうか…

SWG7986.jpg

出来上がりは少し固めですが、僕はこういうのが好きですね~

SWG7994.jpg

付いていたつゆはストレートタイプでした、製造元は静岡市にある
真富士屋食品となっている、真富士屋食品の取り扱い商品のメイン
は静岡おでんですが、うどんやラーメンスープなども生産している
ようです。

SWG7996.jpg

ストレートタイプのつゆは使いやすいと思います。

麺を食べていると蕎麦の香りがしてきます、良く見ると蕎麦には
ホシが見つけられます。

SWG7997.jpg
今年で7回目となる村山市の楯岡にあるふれあい広場に
市内外から雛人形が並ぶ「段々ロングな雛まつり」に
行ってみました、今月の19日から始まり、訪れた23日が
最終日ということでした、朝からポツポツ雨模様です…

SWG7951.jpg

昨年より雛壇の数が1段増え、7段飾りとなり50mのひな壇
に並ぶ雛人形は約6,000体だそうです。

SWG7970.jpg

朝の10時頃訪れましたが、幼稚園の子供たちや市内近辺の
人たちが見学にやってきていました。

SWG7969.jpg

SWG7959.jpg

SWG7966.jpg

SWG7965.jpg
いやあ~昨日は棚卸しで夜遅くまで掛かってしまいました、
以前は一晩や二晩は寝なくても全然平気でしたがさすがに
年齢を重ねるとキツイです(笑)、昨夜は3時間位は寝たの
かな?

今度、川西町のフレンドリープラザで行われた、映画スウィング
ガールズ記念の東北学生音楽祭の実行委員の方が7月にライブ
をやるとの事です!これから、どんどん情報を流して行きます
のでお楽しみに♪

そして、3月といえばJRグループのダイヤ改正の季節なのですが
何故、3月なの?と言う事については詳しく分かりません、でも
時刻表は買わないといけないですね、まあ、フラワー長井線しか
撮影しない僕にとってはフラワー長井線の時刻表だけを山形鉄道
の駅で手に入れればいいのですが、フルーツライナーも撮りたいし
奥羽線も撮りたいし…(笑)、やはり時刻表は必要なのです!

そして、本屋に行って悩むのが、どの時刻表を購入するかですね、
本屋に行ってみると大体5~6種類の時刻表が並んでいます、どの
時刻表がいいという基準もないので使う人の気持ち次第ですよね~
僕は、こちらのJTBの携帯時刻表を購入しました、どうしてですか
って?表紙の写真が気に入ったからです(笑)。

SWG7947.jpg
今年の1月初めに行った寒河江にある双葉さんです、最近は
ファイルを細かく分割して整理しているので、UPし忘れている
写真が出て来ます、えっ、何で整理しているのかですかって、
はい、PCを買い換える予定があるからです、ブログもかなり
数が増えて来ましたが、今度はホームページを作る予定なの
ですが、今のPCでは容量も足りないですし、引越し作業が大変
になるので買い換えるまでお預けですね、予定では後でWindow7
のXPに対応出来るアップデートが出来るXPが入ったPCを購入
する予定です。

SWG6508.jpg

双葉さんは寒河江そばの散歩道の加盟店にはなっていないよう
です、お店の場所は前回、紹介した竹の子食堂さんのすぐ近くで
す、山形方面から来ると長崎大橋を渡って信号を左折し旧寒河江
街道を500mほど行くと看板が見えて来ますので、そこを右折する
とお店が見えて来ます。

SWG6522.jpg

そば通が通うという、この双葉さんですが、とにかく店内に入って
みましょう。

SWG6525.jpg

まだ開店してすぐの時間なので、客はまだ僕一人です。

SWG6513.jpg

店内に入るとテーブル席があります。

SWG6514.jpg

入って左奥に進むと座敷席もあるようです。

SWG6515.jpg

さてと、注文ですね、ここは太打ちの割り箸の先ほどもあるという
田舎そばを食べてみたいのですが、これは次回に取って置きましょう(笑)
、頼んだのは細切りの二八板そばです。

SWG6544.jpg

北海道産のそば粉の挽きぐるみと粗挽き粉をブレンドして打っているとの
ことですが、季節によって配合を変え、歯ざわりや香りがいつも保たれる
ようにしているそうです。

SWG6517.jpg

歯切れの良い麺で蕎麦の香りも上品な感じです、つゆはちょい辛目ですが
この細切りの蕎麦には合います、次は絶対、田舎そばを食べよう!

SWG6518.jpg

そば処 双葉
寒河江市大字高屋字西浦439-4
TEL 0237-86-6311
営業時間 AM11:00~PM20:00
定休日 火曜日
山地や高原の草地に生える多年草です、こちらも西蔵王では
ロックガーデンに咲いています、観賞用に栽培されているもの
の多くはヨーロッパ原産のドイツスズラン(C. majalis)です、
日本に野生するスズランと比べると大型で、花の香りが強い。

またスズランの花茎が葉より短いのに比べ、ドイツスズランは
花茎が葉と同じ長さかそれ以上に伸びます、花色は白が普通
ですが桃、紅などもあり、葉に斑(縞)の入った品種もあります。

美しい花ですが有毒です、牛や馬に食べられずに 残るため、
牧草地に群生していたりします、別名には「君影草」(きみかげそう)
、「谷間の姫百合」(たにまのひめゆり)があります。

SWG2670.jpg

SWG2671.jpg

SWG2672.jpg
さて、野草園の植物を続けましょう!
今回はオキナグサです、西蔵王の野草園ではロックガーデンの
入口に、このオキナグサがあります、高さは、花期の頃10cmくらい
、花後のタネが付いた白い綿毛がつく頃は30cmくらいになります、
葉は複雑に切れ込み白い毛におおわれ、花期は4~5月で、赤黒
色の花をつけます、開花の頃はうつむいて咲きますが、後に上向き
に変化します。

SWG2665.jpg

SWG2666.jpg

SWG2667.jpg

SWG2668.jpg

SWG2669.jpg
4月といえば「桜」ですよね♪今から心がウキウキしてます!

SWG1964_20100316182728.jpg

さて、今年は山形交通バス観光の「新・置賜さくら回廊号」の
バスツァーに申し込んでみました、期間は4月1日~29日までの間、
いつの日に設定するのが問題なのですが、僕は4月16日(金)に予約
しました、今年は桜の時期も早いようですし…、でも桜の開花は気まぐれ
ですから、わかりません…、雨が降るかも知れません、それでもいいじゃ
ないですか♪今回からフラワー長井線に乗れる企画もプラスになった
ようです、山形駅東口から出発なので自宅から歩いて行けるし、車で行く
よりは楽ですよね~、バスの中でお酒も呑めるし(笑)、今から楽しみ
です!興味のある方はこちらのサイトで→山交バス㈱本社観光課
新・置賜さくら回廊

そして、昨年、乗車したフラワー長井線の桜回廊号も運行されます、
4月の17日、18日、24日、25日の4日間です、僕は24日(土)に行きます、
昨年は乗りましたが、今年は撮ろうかな…、まだ決めていません、考える
のも楽しみの1つですね、あと西蔵王の野草園も、その頃はすでに開園中
ですよね、そして、いよいよ来月はPCを買い換える予定です、えっ、もちろん
XPですよ!

SWG2367_20100316183540.jpg
関東地方北部群馬県に自生し山形県内自生地はありません、
サクラソウの仲間では花の大変美しいものの1つです、名前の
由来の1つには勝紅草と書いてカッコソウと読み「勝れた紅色
の花を咲かせる」と言うのもあるそうです。

SWG2662.jpg

SWG2663.jpg
さあ、続けて行きましょう!
北海道~九州の林縁や林下に生える多年草です、根生葉は3つに
裂け、側裂片は更に深く2つに裂けます、茎に付く葉は3枚輪生し
、柄はありません、4~5月、直径2CM位の白い花が咲きます、花びら
に見えるのは実は萼(がく)で、普通は5枚あります、山菜としてよく
食べられますが、ニリンソウと良く似たトリカブトが時々混ざって
生えているので注意です、二輪の花をつけるので二輪草と言われて
います。

SWG2657.jpg

SWG2658.jpg

SWG2659.jpg
こんなに天気の良い日に休みです、でも、どこにも出かけ
なかったのです…、間もなく野草園がオープン!休みの度に
足を運ぶのだろうと思い、少し自分の棚の整理をしようかと思
い、9時から取り掛かる、カメラ関係のカタログや雑誌、今まで
訪れたところのパンフレットや自分で作成したスウィングガール
ズのロケ地の資料などなど…、DVDやCDは扉付きの棚にしま
おうと思って扉を開けると、またもやいろんな必要のない雑貨品
が!おいおい、こりゃあ午前中に終わらないかも…

燃えるゴミ袋2つと家庭雑貨ゴミ1袋&プラスチックゴミ1袋を使用
しました、終わったのが午後2時でした、お陰でカメラケースも縦
から横置き出来るようになりました♪

SWG7943.jpg

カメラやレンズ用の防湿庫も欲しいところですが、これから購入予定
のニコンD90とか18~200mmのシグマのレンズを手に入れたら装備し
ようと思います、まあ、いつになるかわかりませんけどね(笑)。
ついでにカメラ関係の備品類も片付けてしまおうと頑張りました、いろんな
コードや接続ケーブル、インストール用のCDロムの整理もついでにやって
みました、スッキリです、と言っても整理前の画像が無いのでわかりません
ね(笑)。

SWG7944.jpg

さて、次に気になったのがサイドボードにあるお酒のビン!
ホコリを被ったいつ購入したのか貰ったのかも分からないブランデーやワイン
ウィスキーやバーボン、あとはラベルを見ても何だかわからないお酒などなど
全部、中身を捨てて、今呑めると思えるお酒だけを残して置いてみました。

SWG7942.jpg

あら?蕎麦焼酎だけしか残りませんでした(笑)、そして気が付きましたで
しょうか?そうです、あの十割そば焼酎の新商品で720mlのものが出来たのです、
価格は1,180円、今までのが500mlで880円、安いのか高いのか!
それはそうと、このそば焼酎は宝酒造の宮崎県産である、何故に山形地区でこの
十割り蕎麦焼酎が無いのか、そば処山形でそば焼酎の十割りはないのか!
と思って山形の酒蔵のホームページや情報を探したのですが、見つけたのがコレ!

最上早生?

みちのく地酒食品館というサイトです、蔵元はどこなのでしょう?日本酒は秀鳳が
出ているので秀鳳酒造なのでしょうか?商品の紹介ではこんな風に説明しています、
「やまがた酒彩倶楽部」が県産材料にこだわり、山形県戸沢村産のそば「最上早生」
を用いて醸造した本格焼酎。そばの香りいっぱいのまろやかな焼酎です、メンバー
自身が企画から立ち上げ、原材料の確保・仕込み・蒸留にも携わり、真心こめて最高
のそば焼酎に仕上げています。

純粋山形そば焼酎 「山形そば街道」 720ml 1,890円(税込)
原材料 そば(最上早生)
原産地 山形県戸沢村産100%
麹 米麹
アルコール度数 25度
と言う事で、結局、蕎麦100%ではないようです、残念!でも、山形産のそば焼酎は
これだけだはないはず、きっとあるはず、十割りのそば焼酎!絶対に探し出す!
でも宝酒造で出している十割り焼酎は特許出願中となっているので山形で作るには
特許料を払っての製造になると思いますが、酒処、山形県としては出すしかないで
しょう!

ふう~、疲れた、こんな時には山形のお酒「秀鳳」の純米大吟醸でも呑むか!
このお酒は、呑み口が爽やかでフルーティ♪でも価格が…

SWG7718.jpg

秀鳳純米吟醸酒 720ml
アルコール度 16.5度
原料米 山田錦
精米歩合 50%
日本酒度 +5
酸度 1.3
価格 2,100円
山地の樹林内に生える落葉低木で、高さ2mほどになります、
樹皮は灰褐色で若い枝は赤紫色、葉は対生し、卵形で縁に
粗い鋸歯があり、先はとがる。枝先に垂れ下がった散房花序
を出し、5~10個の淡紅色を帯びた白い花をまばらにつけます。

果実は核果、長さ8㎜ほどの楕円形~球形で赤熟します、ヨウゾメ
はガマズミのことで、果実が食べられないので「男」が冠されたという。

SWG2653.jpg

SWG2654.jpg

SWG2655.jpg
まず最初はこの植物から、日本各地の山地帯の林地に自生する
高さ10~15m、胸高60CMほどになる落葉高木です、花は4~6月
にかけて、新しい枝の先に花穂を伸ばし、そのかわりに小さな白色
の花を数多くつけます、果実は核果で、はじめは緑色、熟すと黄色
か赤くなり、最後は黒色に変ります、若い果実は杏仁子(あんにんご)
といい、塩漬けにして食べます。

SWG2650.jpg

SWG2651.jpg
はい、もちろん4月1日のオープンの日は休みを取りました、
毎年、恒例の行事なので(笑)、それで、実は昨年に撮った
野草園での写真がたくさんあります、その写真をこのブログ
でアップして行こうと思います、新・ふぉとギャラリーの方で
掲載しようと思ったのですが、今年、撮影したものをあちらの
ブログでアップしていくことにしました、因みに撮影日は昨年
の5月中旬です。

SWG3841.jpg

SWG2637.jpg

新聞を見たら、野草園の近くには、もうすでに「まんさく」の
花が咲いているようですね、オープンが楽しみです。

SWG2648.jpg
さて、今日は休みでした、昨日の内に予定は立てていたのですが
1つアクシデントが…、川西町の「あっさり食堂」に行って牛スジ
煮込み定食を食べ、ダリア園の近くにある宿泊も出来る日帰り温泉
の「まどか」さんに行く予定でしたが、少し早めに到着したので最初
に「まどか」さんの温泉に入ってから、「あっさり食堂」さんに行こうと
思ったのですが、な・なんと、まどかさんが営業していません!
まどかさんのホムペやブログなどでは年間通して営業と書いてあった
のですが…、仕方なく川西町を離れました。

今朝は暫く振りにフラワー長井線でも撮ろうと朝早く自宅を出発しました
午前6時頃でしょうか(笑)、山形白鷹線の道路を走っていると途中で朝日
が出て来ました。

SWG7882.jpg

まあ、そんな訳で、川西町では食事が出来なかったので、少し早目に山形
市内まで戻り、気になっていたそば屋さんの「登貴三郎(ときさぶろう)」
さんに行ってみることにしました、場所は6中の通りを北に進んで行くと左手
に看板が見えて来るのですぐ分かります。

SWG7927.jpg

お店に着いたのは午後1時過ぎ、う~ん混んでるかな?と思いきや、ちょうど
第一弾目の客が引いた頃だったのでしょう、僕一人でした、店内の写真が撮れる
ので助かります、写真を撮り終えた頃に次々と客が入って来ました、ナイスタイミング
でした♪

SWG7928.jpg

店内はフローリングの床になっていて座卓だけのようです、最近はこういう店作り
のそば屋さんが多いですね、でも、僕みたいな年寄りにはテーブル席も欲しいです。

SWG7930.jpg

5つほどの座卓があります、外からたくさんの日差しが入るので明るい店内です。

SWG7931.jpg

店内は全面禁煙だそうです、禁煙して良かったと思う瞬間ですね♪

SWG7932.jpg

さてと、注文です、今日は予定していなかったので何も考えていませんでした、
それと登貴三郎さんのお店の情報が少なくて何を食べていいのか全然わかり
ません、後から来た客が、ここのお勧めは何なの?と聞いていましたが、麦切り
と蕎麦との相盛りですと応えていたようです、僕は迷ったら「板そば」!と言う事で
約二人前あるという板そばをお願いしました。

SWG7933.jpg

庭の松の木も素晴らしいですね~

SWG7937.jpg

板そばが運ばれて来ました、パンフレットを見ると、蕎麦は自家製粉した石臼
挽きのそば粉を外二八で打っているそうです。

SWG7934.jpg

つゆは割と辛目ですね、蕎麦は中太です、かなり固めの食感です、こういうのは
結構好きですね、量が食べられます、蕎麦も香りがいい感じです、山形市内で、
こういう板そばを食べられるというのは嬉しいことです、欲を言えば、もっと、この
店ならではの特徴というか個性が欲しいですね、何でもいいんですけどね、他の店
とはここがちょっと違うみたいな…

SWG7941.jpg

板そば(約二人前) 1,100円
手打ち蕎麦処 登貴三郎(ときさぶろう)
山形県山形市三日町1丁目3-40
TEL 023-642-0336
営業時間 AM11:00~PM16:00(L.O.PM15:30)
定休日 毎週木曜日
ヤマザワの北町店に、ふらっと焼酎に合うつまみでも
買おうと行ってみたら、スナックコーナーに山積みして
ある商品がありました、ものすごい量を積んであります!
リケン青じそコーンスナックとワカメスープコーンスナック
でした、なんだか頭の中でどんな味なのか想像したらわけ
がわからなくなって購入してしまいました、さすがにワカメ
のスナックの方は買い物カゴの中には入っていなかった
ようです、基本的にワカメは苦手なので本能的に避けたの
でしょうね、で、味のほうなのですが、袋を開けると青じそ
ドレッシングの香りが(笑)、そしてコーンスナックとの相性
はというと、これが結構合うんですね♪焼酎よりもビールに
合いそうですね、酸味があり、少し塩分が多いかな?

SWG7779.jpg
今日は東根に用事があったので、朝は東根にAM9:30には用事
が終わり、真っ直ぐ、寒河江にある「ゆ~チェリー」に向かう、
最近はナボリンS錠を飲んでいるので、足の痺れ感が大分、治ま
って来たので、頻繁には行かなくなった「ゆ~チェリー」ですが
やっぱり温泉はいいですね~、時間の許す限り入っていたいの
ですが、この後、寒河江のそば屋さんに行くので、約40分ほどの
入浴時間しかありません、この後行くそば屋さんがAM11:00開店
なわけで…

そう、寒河江そばの散歩道の加盟店です、竹の子食堂さんです
場所は南寒河江駅から旧道を山形方面に進んで行くと竹林の様
な感じの所に看板が見えているのですぐ分かります、看板は竹で
囲まれています。

SWG7741.jpg

暖簾が出てないので不安ですが、パンフに書いてある開店時間は
AM11:00のようなので、入ってみます。

SWG7743.jpg

そして、この店は寒河江そばの散歩道の12番店になっています、
ずいぶん、寒河江そば街道の店を回ったな~、でも、まだまだ
あります。

SWG7744.jpg

パンフによると年間100日近くは山に出かけ山菜を採ってくる
そうです。

SWG7745.jpg

まあ。とにかく中に入りましょう!今日は3月の9日なのに、かなり
冷えます、関東地方では雪降りとか…

SWG7748.jpg

広い座敷席があるのは夜は居酒屋のようになるかららしいです、
なのでメニューも幅広いようです、ニンニク無しの餃子をニンニク
ソースで食べる?というものもありました。

SWG7749.jpg

本当はこの店の自慢の1品でもある天ざるそばと言いたいのですが、
今、口の中が荒れていてかたい物が食べられないので、温かい山菜そば
をお願いしました。

SWG7766.jpg

そういえばテーブルの上にあったメニューには開店時間がAM11:30になって
いました、でも、僕のすぐ後に知り合いのお客さんが来たようで安心しました、
で、運ばれて来たのが、山菜?そば?いや、調理場の上にある品書きを良く
見ると、山菜(たっぷりのナメコ)が入ったそばです。

SWG7752.jpg

つぼみから開いた大きいナメコまで、たくさん入ってますね~、あと鶏肉も
入っています。

SWG7751.jpg

そして、一番驚いたのが、この麺!太い田舎そばです、この色もいいです!
歯応えもあるし、コシも強いです、蕎麦の風味もこの具沢山の中でも分かる
ぐらいです、これはもり蕎麦も食べてみたいなあ~

SWG7776.jpg

山菜(なめこ)そば 850円
竹の子食堂
山形県寒河江市大字島字島南778-1
TEL 0237-84-3933
営業時間 AM11:00~PM14:00 PM17:00~PM19:30分
定休日 無休(都合により休みます)
東根市の六田という地区にある丸ポストです、そういえば
丸ポスト探しもしてないなあ…

SWG6302.jpg

SWG6304.jpg

SWG6303.jpg
前回、チェリーランドに「リンゴのパン」、「もものパン」を
求めてベーカーリーコーナーに行ったのですが、購入し
たのは、それとは違う「おもちで包んださくらんぼ」「おもち
で包んだラ・フランス」を衝動買いして、すっかり頭からパン
が離れてしまったのですが、やはり一度は食べて見たいと
言う事で再訪しました。

SWGB6810_20100307121953.jpg

本当は3個づつ欲しかったのですが、2個づつしかありませんでした
売れ切れ?リンゴのパンの色がすごくいいです♪もものパンの質感
もいいです♪

SWG7639.jpg

リンゴのパンは生地がリンゴ味で、中にはリンゴのシロップ漬けして
スライスしたもの?も入ってます、もものパンは黄桃の角切りと桃の
クリームが入っていて両方ともフルーティな味と香りでした、写真は
購入後、少し時間が経ってしまったのでふっくら感があまり出てない
ですね、普通は購入してから2~3時間以内に食べ切ったほうがいい
と思います。

SWG7711.jpg

リンゴのパン・もものパン 各160円
チェリーランド寒河江
寒河江市大字八鍬字川原919-8
TEL 0237-86-3111
営業時間 AM9:00~PM18:00
ベーカリーコーナーAM8:30~PM16:00
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。