上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと長いタイトルになってしまいましたが、なんかタイトルに
思いを込めてみたいんですよね~(笑)。
と言う事で今回は、この前、米沢市に「まだまだスウィングガールズ」
のブログの取材でロケ地の撮影に行った時に立ち寄ったそば屋さん
です、米沢市の中央通りの西側にあります。

SWG3041.jpg

昭和49年にそば屋として開業する前、初代の創業者はそば業では
なく、製粉業を営んでいましたが、挽きたてのそば粉の魅力に惹かれ
現在の「弥平」を始めたそうです。

SWG3043.jpg

米沢では平成16年4月に「鷹山の里 米沢そば街道」が設立されています、
平成21年現在18店舗の加盟店で組織され、活動をしているとのことです。

SWG3042.jpg

この「鷹山の里 米沢そば街道」の加盟店は「弥平」さんを含めてまだ5軒
しか回ってないので、これから巡って行かなければならないですが米沢方面
はあまり良く分からないので困っています…

確か訪れたのは6月1日だったと思います、店内には「天地人」関係のグッズ
が置いてあるようです。

SWG3044.jpg

店内は入り口左側にテーブルが並び、右の方には囲炉裏式のテーブルと
座敷があります。

SWG3045.jpg

そば粉は北海道産を主に使用していますが、そのうちの良いものだけを
選び、皮ごと挽きぐるみに挽く、またタイトルにもあるように鮮度を保つ為に
この北海道産の玄そばを専用の低温倉庫に保管して、その日に使う分だけ
を自家製粉しているという。

SWG3047.jpg

さて、注文はもちろん板そばをお願いしました。

SWG2991.jpg

板そばが出来るまで待つという、この時間が至極の時間なのだ!

SWG3049.jpg

蕎麦の配合を聞いたところ二・八とのことでした、中太の麺ですが挽きたて
打ちたて、茹でたてという三たての蕎麦なので噛むと蕎麦の香りと甘味が
楽しめる。

SWG3050.jpg

コシのある蕎麦に通好みの辛めのつゆが良く合う、他にも練ったそば粉を
焼いて甘味噌を付けた「そば田楽」もあり、こちらも食してみたいと思う。

IMG_1577.jpg

板そば 800円
そば処 弥平
米沢市中央1-2-27
TEL 0238-23-1159
営業時間 AM11:00~PM19:00
定休日 木曜日
スポンサーサイト
最近はいろいろな日帰り温泉を探訪していますが、なんと
こんなに近くにありました、山辺だと自宅から車で10~15分
もかからないで行く事が出来ます、灯台下暗しとはこのこと
ですね~(笑)、まあとにかく行ってみましょう、せっかくです
から写真でも撮ろうと思い朝一番で行けば誰もいないだろう
と。

IMG_1656.jpg

おお、あった、ここだ!

IMG_1679.jpg

確か開店は朝6時30分ですが、もうすでに駐車場には10台以上の
車が、しかも待っているうちにどんどん車がやって来ます、開店10分
前頃にはもうかなりの車が…

IMG_1677.jpg

5分前になると、ほとんどの人が入り口に向かって歩き出し、並んで
待っています、僕も急がなきゃ!

IMG_1678.jpg

玄関を入ると下足箱が並んでいるので靴をしまい、受付に急ぎます。

IMG_1675.jpg

ほとんどの人は回数券を持っているらしく、スイスイと中に入って行く、
僕は受付にある販売機で入浴券を300円で購入する、急がないと浴槽
の写真を撮れなくなってしまう…

IMG_1674.jpg

受付の右に行くと休憩棟があるようです、下足箱を左に行くと食堂や
売店があるようです。

IMG_1676.jpg

とにかく急がなければ!

IMG_1673.jpg

脱衣所は思ってたよりも広いですね。

IMG_1663.jpg

洗面台は5つほどあります。

IMG_1662.jpg

この山辺温泉は2005年4月にリニューアルオープンし新しい浴場が併設され
、料金も変わったようですサウナや露天風呂が設けられました。また、介護が
必要な方のための家族風呂も新たに設けられています。

こちらが洗い場、1つ1つ仕切られているので隣の人にシャンプーの泡が
飛んだりしないのでいいですね。

IMG_1657.jpg

さて浴槽のほうですが内湯は3種類あります、左側の浴槽が近江源泉(単純温泉)
でジャグジーがあります、これは気持ちいいですね、温度も33度くらいなので
ゆっくり入れます、そして、その右隣にあるのが輝らりやまのべ源泉(食塩泉)を
適温にした浴槽です。

IMG_1658.jpg

そして更に右側には、その輝らりやまのべ源泉の44度の浴槽、そして打たせ湯も
2つあります、これも気持ちが良かったです、あと写真にはないですがサウナもあり
ます。

IMG_1659.jpg

露天風呂もあります、浴槽部分には上に屋根があるので半露天とでも言うの
でしょうか、源泉はやはり輝らりやまのべですが内湯にある適温の浴槽の
温度とほぼ同じ温度のような気がします。

IMG_1660.jpg

とにかく近くにいい温泉を見つけました♪

IMG_1661.jpg

山辺温泉保養センター
東村山郡山辺町大字大塚801
TEL(023)664-7777
6時30分~21時(20時30分まで受付)/300円
第4月曜日、6月の第4火曜日、1月1日休み
●輝らりやまのべ源泉/ナトリウム-塩化物泉
※温泉水は全て掛け流し、塩素系薬剤使用あり
●近江源泉/単純温泉
※加温あり、温泉水は全て掛け流しだが圧注発生のための循環あり、
  塩素系薬剤の使用あり
いやあ~今日は暑いですね、梅雨明け宣言も出ないまま
猛暑という感じです、温度は何と34℃!ひぃぇ…
暑い時はビールもいいのですが冷えた冷酒もいいかも!
と買い物に行った時にスーパーの冷酒コーナーを見ると
あまり見かけない冷酒が…

SWG3343.jpg

米鶴酒造の発泡性純米酒だそうです、所謂、山形県オリジナル
スパークリング純米酒を現在9社で醸造を開始しているとのこと、
統一ロゴは「Sparkling y」となっています、各社とも数量限定発売
のためお早めにとのことらしい。

SWG3334.jpg

微炭酸ではないので結構泡立ちはいいが蓋を開けると溢れて
しまうほどの強さでもない。

SWG3335.jpg

さて、グラスは…、う~んないなあ、あ・シェリー酒を呑む時に使って
いたシャンパングラスがあるのでそれを使ってみよう!
ちょっとグラスが大きかったかな?

SWG3347.jpg

透明感のあるお酒ですね、従来の発泡性日本酒は、瓶内で醗酵させる
ために必要な酵母(オリ)を封入していたのに対して、sparklingyは耐圧
タンクによる2次醗酵でクリアなタイプに仕上げていて、にごりがないのが
特徴とのこと。

SWG3341.jpg

早速、くいっと呑むとあまり甘味が強くないフルーティな感じなので呑みやすい♪
アルコール度数も9度と低いので一気に呑めます。

SWG3340.jpg

【米鶴】純米 スパークリング 240ml
種類 純米酒
アルコール 9.0
日本酒度 =9~-12
酸度 1.4~1.7
原料米 出羽の里
精米歩合 65%
使用酵母 TY24・2408
適温 冷
因みに価格は600円でした。
先月の末に大江町の神通峡に行って来ました、気温も高くなく
天気も良く爽やかな日でした、入り口は2つあり僕は田の沢口
という所からスタートです、片道4.1Kmの散策路、まあ大丈夫で
しょう!と歩き始めたのですが、遠いのです、1kmってこんなに
長かったっけ?

最初はカメラ片手に調子が良かったのですが中盤からは
バテバテでした、汗は止まらないし、足は痛いし、ヘビは何匹
も出て来るし、ちょっとしたアドベンチャーワールドですね!

柳川温泉を越えて行きます、帰りに寄りたかったのですが用事が
あって今回は断念しました。

SWG2859.jpg

「神通峡の由来について大江町観光協会の資料から抜粋してみます。」

朝日連峰の山脈に源を発するこの峡谷の流れは、長い年月を刻みながら
侵食を続け、深いた谷をつくりあげてきました。
昭和29年、当時の山形県知事安孫子藤吉氏がここを遊び柳川から小寺に
至る巨岩絶壁の渓谷を、漢詩の一節から引用して”神通峡”と命名されました。

この渓谷は昭和九年頃、朝日連峰の山すそに群生するブナ材の搬出や造林
事業などの国有林野経営のため、森林軌道として開削されたのが始まりで、
その後林野事業の廃止により、昭和四十年にその軌道は廃線となりました。
その後を受けて昭和五十四年から、かってトロッコが走った軌道跡を遊歩道
及び林道として町が整備に務め、昭和六十三年に全線が完成しました。

原始の自然が息づく神通峡は、東北の黒部峡谷とも称され、四季折々の変化
に富んだ自然が折りなす景観は、訪れる人たちを神秘の境地に誘ってくれます。

案内板を見ると滝とかもあり見どころはたくさんあるようです。

SWG2861.jpg

さあ!往復8.2KMの遊歩道の散策に出発です!

SWG2864.jpg

下に流れる渓流の音を聞きながら歩いて行きます。

SWG2865.jpg

山側からは水が流れていて下の渓流と一緒の流れに加わる。

SWG2870.jpg

SWG2871.jpg

遊歩道の途中にはいくつか休憩が出来る場所が設けてあります。

SWG2872.jpg

さあ続けて歩きましょう!

SWG2874.jpg

SWG2882.jpg

SWG2884.jpg

VOL.2に続く
神通峡の遊歩道散策の続きです、特にコメントはありませんので
写真だけを掲載しています。

SWG2885.jpg

SWG2889.jpg

SWG2891.jpg

SWG2894.jpg

SWG2906.jpg

SWG2907.jpg

SWG2913.jpg

SWG2938.jpg

SWG2943.jpg

SWG2947.jpg

SWG2950.jpg

遊歩道を散策に行った日 2009年5月26日
昨日行ったひなの湯さんの向いにそば屋さんの看板を
見つけたので行って見ることにしました。

SWG3329.jpg

まだ新しそうなお店のようです、最近、河北方面に来ることが
多いので冷たい肉そばを食べる機会が多くなってきています(笑)。

SWG3327.jpg

紅久さんは、最近、秘密のケンミンSHOWでも紹介されたとか…

SWG3314.jpg

なかなか風情のあるお店です。

SWG3315.jpg

店内に入ると奥のほうに部屋があるようです、宴会や法事などに
利用出来るので個室や大きな宴会場もあるとのこと。

SWG3324.jpg

右側にオープンの座敷があるので、そばを食べる人はここで
なのかな?

SWG3317.jpg

谷地の肉そば会というのがあるようですね。

SWG3323.jpg

長い座卓が2つ、つながって2箇所にあり座布団の数だと16人座れる
ようになっています。

SWG3316.jpg

先ほど店に入る時にあった庭園風の景色が小窓から見えるように
なっている。

SWG3319.jpg

品書きを見ると肉中華、特製豚丼、和風カレー、カツ丼などいろいろな
メニューが並んでいる、肉そばに至っては冷たいとか温かいとかは
書いていないし…

試しに「肉そば」お願いしますと言ったが、何も聞かれず、冷たい肉そば
が出て来ました、スープはわりとアッサリ系です、蕎麦はコシがあって
いいですね、あと、食後にコーヒーが出て来ました、サービスなのでしょうか。

SWG3320.jpg

冷たい肉そば 650円
味処 紅久(べにきゅう)
河北町谷地丙96
TEL 0237-71-0449
営業時間 AM11:00~PM14:30 PM17:00~PM20:00
定休日 月曜日
2週間に1回は東根方面に行くので寒河江や谷地方面に行こうと
思えば時間を取って行ける訳で…

と言う事で東根市から、最上川を西に越えてすぐの所にあるという
河北町にある公共系の日帰り温泉のべに花温泉ひなの湯さんに
行って来ました。

SWG3309.jpg

駐車場を見ると結構駐車してある車があります、ええっ、混んでるの
かな?

SWG3310.jpg

1999年にオープンしたそうです、食事処に大広間や、個室があります
開館時間が、朝の6時から22時までと、長時間の営業です。

IMG_1640.jpg

中に入るとコイン式の下足箱があり、受付の横に入浴券の自動販売機
があります、大人250円の券を購入して奥に進むと浴場があります。

IMG_1635.jpg

脱衣所にもコイン式のロッカーがあります、洗面所も清潔な感じです。

IMG_1633.jpg

IMG_1639.jpg

浴場には3つの浴槽があり、透明のジャグジーのお風呂と、源泉で熱めの
(45℃位?)掛け流しのお風呂、それに半循環の大きなお風呂があります。
お湯は緑かつ茶褐色ですが寒河江のゆ~チェリーさんほど濃くはない感じ
ですかね…

源泉に入る人はすぐに出てしまうようです、僕も入ってみましたが1分半で
ギブでした(笑)、一番良かったのはジャグジーですかね、泡の勢いが強い
ので結構効きますよ。

IMGS_1638.jpg

なんだか最近、温泉に凝ってるみたい(笑)。

べに花温泉 ひなの湯
山形県西村山郡河北町谷地字下野269番地 
TEL 0237-71-0333 
利用時間 6時~22時 第2木曜休館
利用料金 大人250円  小学生100円  
泉質 町営2号源泉 ナトリウムー塩化物泉 51.1度 p7.8  蒸発残留物1975mg
効能 きりきず 火傷 慢性皮膚病 慢性婦人病など
だいぶ暑くなって来た今日この頃です、もりそばもいいけど
冷たい鳥そばとかも食べたいなあ~と思って近くの竹むら
さんへ…

IMG_1617.jpg

市内のそば屋さんでは竹むらさんは好きな店です、どことなく
風情があるというか粋というか、そういう雰囲気があるんです
よね~

IMG_1625.jpg

店内の様子も落ち着いた感じ…

IMG_1619.jpg

ま・とにかく注文を、冷たい鳥そばの大盛り(950円)をお願いしました。

IMG_1620.jpg

温かい鳥そばも好きなのですが、やはり夏は冷たいほうがいいですね。

IMG_1621.jpg

たっぷり入った鶏肉にちょうどいい加減のしょっぱさのつゆです。

IMG_1623.jpg

そして、この二・八の手打ちの蕎麦が美味い!歯応えとコシがいいのです♪

IMG_1624.jpg

そば処 竹むら
山形市篭田2-4-16
TEL 023-643-1705
営業時間 AM11:00~PM14:30 PM17:30~PM19:30
定休日 不定休
最近は整骨院より寒河江にあるゆ~チェリーの温泉の方が
腰痛には効くような感じがする、なので休みの日は出来るだけ
通おうと思い、今日は土曜日ですが出かけてみました、そういえば
ゆ~チェリーの近くで花咲かフェアをやっているので今日は混むの
かな…

着いてみると駐車場はほぼ満車でした、近くでは親子でのイベント
をやっているらしく賑やかな声が聞こえて来る。

IMG_1609.jpg

さて、今日も温泉で約1時間ほど過ごしました、僕が入っているのは
主に新寒河江源泉のほうです、こちらは神経痛・五十肩・運動マヒ・
慢性消化器病・関節痛・冷え症に効くと言われている源泉です、お湯
の色は黒っぽいという感じです、お湯の温度は44,5度とちょっと高め
ですが約3分くらい入ってから10分ほど休んで3、4回繰り返します。

入浴した当日はそんなに効いているように思わないのですが翌日に
なると痛みが和らいだような感じがします、温泉成分が強いのか当日
は逆に揉み返しが来た様に少し痛いような気もします。

これは当分の間、ゆ~チェリー通いは続くかな、最近は本当に肩凝り
が取れたようです、腰とか足のピリピリした痛みが少し良くなったような
気がします。

今日は訪れたのが11時近くだったので、ゆ~チェリーの中にある
「お食事処せせらぎ」さんで食事を頂こうと思います。

IMG_1602.jpg

入り口には食券の自動販売機があるのでここで食券を購入します、
おすすめメニューの笹きりうどんとノンアルコールビールを買ってみました♪

IMG_1603.jpg

食事が出来ると番号で呼ばれるシステムのようです、最初のうちは空いて
いましたが昼近くになるとテーブルが埋まって来ました。

IMG_1604.jpg

さて、最初に来たのがノンアルコールビールって、これって別に待たなくても
すぐ出せるのでは…、最近、話題になっているのがコレですね!キリンのFREE
です、泡もビールのようですね、飲み口はいい感じです、本物のビールのような
コクは無いですが、今日のようなお風呂上りに飲むのには最適ですね♪
ここでは320円でした、高くはないかも…

IMG_1605.jpg

さて、お待ちかね笹きりうどんです、笹きりうどんと言うのは普通は笹の葉を
粉末状にして麺に練り込んでいるうどんですよね、何とも書いてないので分から
ないのですが、あまり笹の香りはしないようです、これは温かいうどんにして
食べた方が美味しいかも、こちらのお値段は550円です。

IMG_1607.jpg
寒河江市にある最上川ふるさと総合公園で開催されている
花咲フェアに行って来ました、特に行きたかったという訳では
なかったのですが、最近通ってるゆ~チェリーの近くだったの
で…

メインゲートの方からではなく山形自動車道の方にある入り口
から入りました、そこからだと左手側には「おもてなし花壇」が
あり企業、団体、サークルの出展花壇が続いています。

SWG3216.jpg

こんな感じの花壇が展示してあります。

SWG3214.jpg

ハーブガーデンを抜けて虹の丘の近くまで来ました。

SWG3219.jpg

さてと、次はメインのイベント会場でもあるセンターハウスの方に
戻ってみましょう。

SWG3220.jpg

今日は平日でしたが子供連れのママさんや若いカップルの姿を
見かけます。

SWG3206.jpg

おお、ここの薔薇は綺麗ですね、今年は村山のバラ公園に行けない
ので、ここの薔薇で我慢するか。

SWG3208.jpg

ここがセンターハウスといわれる建物です、ガラス張りの温室のよう
ですね、この中ではいろんなイベントが期間終了まで毎日行われる
ようです。

SWG3211.jpg

SwgB3203.jpg

このセンターハウスの後ろを通り、メインゲートのある方に行って
みます、ここはスタンディングバスケットが並んでいます。

SWG3193.jpg

遠くから見るとこんな感じです。

SWG3223.jpg

妖精のお花畑といわれるところです、緑の妖精グリリンが出迎えて
くれます、あれっ?ピンクのグリリン?

SWG3196.jpg

SWG3198.jpg

さくらんぼの木もあります、まだ赤くなってないですね~って
これ食べてもいいのかな(笑)

SWG3200.jpg

今日は晴れていて雪を被った月山も見えます。

SWG3202.jpg

最上川ふるさと総合公園(山形県寒河江市)
期間:平成21年6月13日(土)~7月6日(月)
開園時間:AM9:30~PM17:00
今日は寒河江で開催されている「花咲かフェア」に行って来ました、
ゆ~チェリーに温泉に入りに行ったついでというか…
この温泉はもう何度も訪れています、腰痛に直接効くという訳では
ないのですが肩凝りや筋肉の疲れには効いているようですので機会
があればこれからもちょくちょく行ってみることにします。

「花咲かフェア」の様子はこのあとブログで紹介しますが、せっかく
寒河江に来たので前回、食べ損ねた「ひふみ」さんの冷たい肉そば
を食べに行きました、お店の場所は山形方面からだと112号線を寒河江
方面に進み高速のインターを過ぎて最初の信号になるのでしょうか、
右折すると左側に見えて来ます。

SWG3228.jpg

一寸亭の肉そばが好きで、同店でご主人が修行したという話しですが
こりゃあ、やっぱり冷たい肉そばだな!

SWG3229.jpg

店に入ると奥の方には広い座敷がありますが、お客さんがいたので
写真は遠慮しました、手前にはテーブル席があります。

SWG3231.jpg

さて、席に座って品書きを見ると、冷たい肉そばの他に「げそ天ざる(卵付き)」
や単品で「みみ天」というナンコツを揚げたものもあるようです、何だか全部
食べてみたいけど、ここは我慢して冷たい肉そばをお願いしました。

SWG3230.jpg

後から店に入って来た人は、ほとんど「げそ天ざる(卵付き)」を注文して
います…、さあ、冷たい肉そばが出て来ました、以前から食べたいと思って
いたので感慨無量です(笑)、というか僕はあまり冷たい肉そば系は好きでは
ないのですが、最近は食べてみたいと思うようになりましたねー

そば粉は道産のものを使い三・七で打っているそうです、中太の麺は歯応え
がありスープは澄んでいるのにコクがあります、鶏肉も噛んでいると味が出て
いい感じです、冷たい肉そばって、こんなに美味しいんだっけ?(笑)
スープも全部飲み干して大満足の「ひふみ」さんでした、次回は絶対に
「げそ天ざる」を食べなきゃ!

SWG3232.jpg

冷たい肉そば 650円
そば処ひふみ
寒河江市土井の内2-1
TEL 0237-84-5444
営業時間 AM11:00~PM15:00 PM17:00~PM19:00
定休日 月曜日
ふう~、これでラーメン日記に掲載した記事全部になります、
最後に紹介するのはごま蔵の狸森店さんです。

DSC_6156.jpg

DSC_6145.jpg

なかなかレトロな雰囲気のお店です。

DSC_6146.jpg

期待感いっぱいで中にはいりましょう!

DSC_6147.jpg

土日とかはいろんなイベントをやっているようです。

DSC_6148.jpg

入り口を入ると昔の消防ポンプや防火服が展示してある。

DSC_6154.jpg

店内は照明を落としてありスポットライトが間接照明をしている、
とりあえず座ることにしよう、レトロなテレビがあって昭和の世界…

DSC_6149.jpg

DSC_6153.jpg

席に座ると注文を取りに来たので、初めてで良く分からないと言ったら
説明してくれました、メニュー表を見ながら山形ごま味噌ラーメンをお願い
しました、注文をしてから店内を探検してみました。

DSC_6150.jpg

DSC_6155.jpg

IMG_0673.jpg

DSC_6151.jpg

DSC_6152.jpg

一人でも食べられるようにカウンターもあるようです。

IMG_0676.jpg

おっと、そろそろラーメンが来る頃ですね、席に戻りましょう、
そういえば先ほど頼んだごま味噌ラーメンにかけるという胡麻を
擂らなければ!

IMG_0671.jpg

と擂り始めた頃にラーメンが出て来ました、僕が頼んだのは太麺です
ゆで卵が半分入っています、胡麻をかける前にそのまま食べてみました、
うん!これでも十分いけるのでは。

IMG_0682.jpg

しかし、太い麺ですね、でも僕は太い麺が大好きなので満足です、
スープも残さず全部平らげました、大盛りでも良かったかな(笑)。

IMG_0684.jpg

ごま蔵狸森店
山形県上山市狸森字腰王山214-3
TEL 023-688-3214
営業時間 AM11:00~PM21:00
定休日 火曜日
もうやりたい放題です(笑)、今回は大王食堂さんのメニュー
から2品同時に紹介します、最初は「ワンタンメン」名前の通り
ラーメンに肉入りのワンタンがたっぷり入っています。

IMG_0608.jpg

ワンタンの中には挽肉がこぼれそうに入っています、このトロけるような
ワンタンだけでも美味しい♪こちらは550円

IMG_0610.jpg

そして、次は「天津メン」、こちらは麺の上に厚い玉子焼きが乗って
更にとろみが掛けてあります。

IMG_0714.jpg

玉子焼きには肉がたくさん入っています、この玉子焼きが美味しい!

IMG_0719.jpg

半分くらい食べるとやっと麺が見えて来ます、この天津メンは650円です。

IMG_0718.jpg
ラーメン日記の続きです、えと、これは以前にラーメン日記という
ブログをやっていた時に撮った写真です、と言ってもそんなに古く
はないのですが、このブログのカテゴリーにラーメンがあるので
紹介して行くということで再掲載しています、再掲載と言っても、
このブログでは初めて取り上げています。

さて、今回はいよいよ大王食堂さんの登場です、会社からは近い
のでわりと行く機会は多いです、最初のうちは入りづらいことも
あると思いますが2、3回通えば声を掛けられます(笑)。

IMG_0563.jpg

お店の場所は篭田公園の北の角を西に進んだところです。

IMG_0558.jpg

でっかいメニューの看板が目印です。

IMG_0559.jpg

先客がいるようですが、ラーメンを頼みました。

IMG_0560.jpg

夏の季節は扇風機が勢い良く回っていますので涼しいですよ…
ラーメンは400円!申し訳ないくらいの値段です、スープはちょっと
しょっぱめかな。

IMG_0561.jpg

夏場はちょうどいい味付けかな、汗を拭き拭き一気に食します。

IMG_0562.jpg

大王さんの丼物や定食類はこのブログの「食堂全般」のカテゴリーで
紹介しています。
ラーメン日記の第4弾は山形市の新山にある「峠の茶屋」さんです、
高速道路が出来る前は昼時になると相当混んだのでしょうね…

DSC_5852.jpg

とても風情のある建物ですね、古い民家を手直ししているそうです。

DSC_5853.jpg

緑に覆われたこの場所では街中の喧騒も聞こえて来ない、時折通る
車の音だけだ、車が通り過ぎるとまた静けさが戻って来る…

DSC_5863.jpg

建物の外には縁側に座るような長椅子があり、小物が飾ってある、
気持ちが爽やかになるような感じがします。

DSC_5862.jpg

店の暖簾には「もず」と書いてありますが「もち」のことですよね。

DSC_5854.jpg

DSC_5855.jpg

店内に入ると金魚が泳いでいた、見ているだけで涼しくなる♪

DSC_5860.jpg

座敷にテーブルが並び…

DSC_5859.jpg

入って左側にも座敷があるようです。

DSC_5858.jpg

僕は厨房の近くの外が見えるテーブルに座る…

DSC_5857.jpg

メニューを見ると餅とセットになったものやラーメンのみの茶屋ラーメンなど
あるようです、僕は餅入りラーメンをお願いしました、力ラーメンと言うそうです
、山菜の小鉢が出て来ました、山菜の王様と言われる「アイコ」だそうです。

IMG_0548.jpg

外は暑いのですが、風通しが良いせいか涼しい風が入ってきて気持ちが
いいぐらいだ…、ぼーっとまっていると、力(ちから)ラーメンが運ばれて来た。

IMG_0549.jpg

柔らかくて真っ白なお餅が3つも入っています。

IMG_0551.jpg

メンマはかなり太いです、食べ応えがあります。

IMG_0550.jpg

スープは鶏がらのようです、麺は中細で、何だか懐かしい感じのラーメン
です…

IMG_0552.jpg

峠の茶屋
山形市大字新山516-1
TEL 023-629-2838
営業時間 AM11:00~売切れまで
定休日 水曜日
ラーメン日記の再掲載の第3弾は七日町にある「そば処ちとせ」さん
です、実はこのお店は僕が昔住んでいた家のすぐ近くです、隣には
公園のような場所があって学校帰りはいつもこの公園で遊んでいま
した、もちろん、あの頃はテレビゲームはなかったしテレビもほとんど
普及していない時代です、遊びはだるまさんが転んだや鬼ごっこ、
かくれんぼ、缶蹴り、ビー玉、メンコ…、ははは、三丁目の夕日の世界
ですねー、あの頃の公園はすごく広く感じていましたが今、見ると小さく
感じるのは何故でしょう?

DSC_6129.jpg

公園というよりお寺の境内という雰囲気ですが、道路側にはブランコや
シーソーがあります、しばし昔の思い出に浸りぼーっとしていました、
ここには生まれてから中学2年まで住んでいました。
公園の隣には食堂の友好さんがありますが現在は営業しているので
しょうか…

DSC_6130.jpg

そして友好さんをもう少し北に進むと真っ赤な派手な看板が目に入ります、
もりそば・中華そば400円と書いてあります。

DSC_6131.jpg

子供の頃は「もりそば」ばかり食べていて、考えて見たら中華そばって
あまり食べてなかったような…、父が蕎麦しか食べなかったからでしょう…
もちろん昔の店舗ではなく新しくなっていました、実に42年振りの「ちとせ」
さんなのです。

DSC_6132.jpg

ラーメンの値段はつい最近、値上がりしたらしく、それまでは350円だった
そうです、今回は特に値段とかは関係なく懐かしさがメインですね、本当は
天ざるを頼みたかったのですが、近い内に食べに来たいと思っているので
ここは中華そばをお願いしました。

DSC_6133.jpg

店内はテーブルが黒で落ち着いた雰囲気です、注文を取りに来た年配の
女性は僕は顔を知っているのですが、あえて名乗らないでいました、次回
訪れた時は名乗ろうかと思います。

DSC_6134.jpg

さて、お待ちかねの中華そばです、スープは透き通り、麺は黄金色です、
何だか郷愁を誘います。

IMG_0614.jpg

この中華そばが400円ですよ、信じられないですね、味はあっさり系で美味しい
ですが麺が少し茹で過ぎなのかな…と思いますが、それはそれで気にすること
であありません、窓から昔住んでいた辺りを眺めながら中華そばを啜っていると
あっという間に食べてしまいました、この次は天ざるを食べるぞお~

IMG_0616.jpg

そば処 ちとせ
山形市七日町5-10-6
TEL 023-622-4091
営業時間 AM11:00~PM19:30(日曜・祝祭日は15時まで)
定休日 年中無休
ラーメン日記の再掲載第2弾は「すゞ木屋」さんです、会社の近く
なので行こうと思えばいつでも行けるし、出前も可能なのですが
何故かあまり行ってないですね~、このブログでは以前にすゞ木屋
さんの山形ラーメンは紹介したことがあるのですが、やはりすゞ木屋
さんはラーメンでしょう!

IMG_0626.jpg

平日の開店すぐということもあり、まだ混んではいないが先ほどから
電話が絶えない、多分、出前の電話なのでしょう、ご主人が出前に
行ってしまった。

IMG_0627.jpg

すゞ木屋さんの麺のメニューはほとんど食べましたが、御飯ものはまだ
食べてないのでいつかはカレーやカツ丼とか食べてみたいものです。

IMG_0628.jpg

ラーメンが運ばれて来ました、チャーシューとメンマと蒲鉾、海苔と基本の
具材です。

IMG_0629.jpg

澄んだスープを啜ると、そんなに牛だしということを感じさせない味です、
言われなければ気が付かないんじゃないのでしょうか、あっさりしてるけど
コクのあるスープですね。

IMG_0630.jpg

麺は少し縮れているような気がします、スープは少し、しょっぱめと言う
人が多いようですが僕はそんなに感じませんでした、毎日食べても飽きない
味かも。

IMG_0632.jpg

すゞ木屋
山形市高堂1-9-2
TEL 023-644-1709
営業時間 AM11:00~PM15:00/PM17:00~PM20:00
定休日 火曜日
以前にラーメン日記というブログをやったことがあったのですが
あまりラーメンを食べに行かないという理由で途中で止めてしま
ったのですが、これからはこのブログでカテゴリーの1つとして
活動を続けて行こうと思い、今はないラーメン日記でアップした
ラーメンの記事を再掲載して行こうと思います、けっしてネタが
切れたわけではありませんよ~(笑)

写真は残っていたのですが記事は無くなってしまったので新たに
記事も書いて行きます、最初は山辺にある栄屋山辺支店さんです。

開店時間にはもう店の前に人が並んでいるという栄屋さんには
開店10分前に到着!すでに1台の大きなワゴン車が停めてあり
車の中には5人ほど乗って待っているようです。

DSC_5969.jpg

写真を撮っていると車がどんどんやって来ます、店の前の駐車場は
3台停めるともう満車です、停めれない客は他の場所にある契約駐車場
のほうに行ったようです。

DSC_5970.jpg

今はあまり見かけないメニューサンプルのケースがあります。

DSC_5971.jpg

おっと、空いている内に店内の写真を撮っておかなきゃ!
入り口を入るとすぐにテーブルが並び、右側には小上がりの座敷
がある。

DSC_5973.jpg

奥に進むと座敷の部屋があります。

DSC_5972.jpg

さて、注文はもちろん「もやしラーメン」かな、なんて考えている内に
客がどんどん入って来ました、ありゃ、早いとこ注文しなきゃ!
ほとんどの人がもやしラーメンを頼んでいるようです、メニューに
冷やし中華が出ているようなので訪れたのはちょうど今頃の季節
だったのでしょうか…

DSC_5974.jpg

店内にはもやしラーメンとみそラーメンは時間がかかると書いてあり
ます、何を頼むと早く出来るのだろう?

IMG_0578.jpg

なんて思っていたら出て来ました、これがもやしラーメンか~
スープがこぼれてお盆の上に…(笑)、大盛りじゃないよねー

IMG_0572.jpg

とりあえずもやしを食べてみる、んっ!うまい!あんかけのような
スープも美味しい♪

IMG_0574.jpg

スープに最初から胡椒が入っているようなので何もかけないで食べました、
もやしのシャキシャキ感とツルツル・シコシコの麺と、とろみのあるスープを
熱々で味わいました、この熱々のもやしラーメンは、この夏の時期に食べた
ほうがいいのかも!

IMG_0577.jpg

栄屋 山辺支店
山辺町大字山辺1228-1
TEL 023-665-7678
営業時間 AM11:00~PM15:00
定休日 火曜日
尾花沢そば街道についての説明は以前に何度かお話しましたが
正式な名称は「おくのほそ道 尾花沢そば街道」です、もう1度説明
しましょう、尾花沢市内の13件のそば屋若手有志が集い、平成11年
2月に「おくのほそ道・尾花沢そば街道」がスタートしました。

結成するにあたって、栽培農家、そば屋、消費者からなる「ゆう遊三味会」
を組織し、栽培からそば打ちまでの研修を積んで技術の向上に努めている
そうです。

また、そば栽培農家との連携により、広大なそば畑10ヘクタールを徳良湖
周辺に設けてイベントを企画するなど、生産・味の追求はもとより、そばに
よる「まちおこし」を進めています。

13軒あるおくのほそ道 尾花沢そば街道もすでに10軒は訪れました、
残るのはあと3軒!ということで今日は尾花沢を訪れました。

1軒目は「生そばだんご」さん、開店のAM11:00前に到着しましたが
暖簾が出てるわけでもなく店内も明かりが付いている様子がない…
もしかして休み!やばい!予定が…、くぅ~、よしっ!ここから近くといえば
「きそば茶屋」さんがある、急がなければ!着いたのは開店5分前だ。

SWG3081.jpg

「きそば茶屋」さんはおくのほそ道 尾花沢そば街道」の八番所になって
います、店名は「茶屋」という屋号に由来しているということなので以前は
茶屋だったのでしょう。

SWG3085.jpg

店内に入るとテーブル席が4つ並んでいますが、店の右手には広い
座敷の部屋もあるようです。

SWG3086.jpg

SWG3087.jpg

きそば茶屋さんについてはほとんど情報がないので何が美味しいの
かは何も分からない、でも自家製麦切りが評判らしいが、ここは正当
に「もりそば」をお願いしました。

SWG3088.jpg

県内産の挽き方を変えた三種類の玄そばを店主が独自にブレンドして
いるという、食感はモチッ!という感じですが噛むと何とも言えない深い
蕎麦の味がする、つゆは鰹だしが効いていて蕎麦の味を引き締めると
いう感じだ!食べて行くほどに蕎麦の美味しさを感じるというのでしょうか
、これは麦切りも期待出来そうだ。

SWG3090.jpg

もりそば 550円
きそば茶屋
尾花沢市新町 5-4-48
TEL 0237-22-2081
営業時間 AM11:00~PM20:00
定休日 不定休
駐車場 20台
食堂全般のカテゴリーなのですが何故か大王食堂のメニュー
ばかりです(笑)、まあ外回りの営業と違い、食を求めてあっち
こっち行けないので昼飯は外で食べるとなると範囲が狭くなって
しまいます…

その近くにあるのが大王食堂さんで良かった、良かったと鼻歌
を歌いながら大王さんに向かうのでありました、何せ今月は
小遣いが少ないので昼飯とてバカにならない今日この頃ですが
大王さんではラーメンと焼きそばと、この炒飯は400円で食べら
れるのです!感謝、感謝です♪

そんなわけで今日、食べてきたのは今日が初めてという炒飯
です、写真には写ってないですが中華スープも付きますよ~
この炒飯に入っている焼き豚が美味い!僕はパラパラとした
炒飯があまり好きじゃないので大王さんの炒め具合の炒飯が
ちょうどいい感じです、家庭の味?(笑)

炒飯

くぅ~、携帯のカメラなのでこれが限界の画像ですね…すみません。
会社の人に寒河江のゆ~チェリーの温泉は腰痛や神経痛とかに
よく効くらしいと言われ、腰痛で悩んでいる僕は早速、今日、休み
を利用して行って見ることにしました、ネットでいろいろ調べている
と、たくさんの方がブログで紹介しています、とりあえず「ゆ~チェリ
ー」さんのホームページを見ると3種類の源泉があるらしい…
あと露天風呂も最上川の流れる景色を見ながら入れるという素晴ら
しい環境らしい、とにかく車を走らせました、建物が見えて来ました、
かなり大きいですね。

IMG_1579.jpg

時間はまだAM9:30、駐車場もまだ空いている、この、ゆ~チェリーが
オープンした当時は朝から駐車場も満車だったらしいですが平日とい
うこともあり、こんなものなのでしょう、でも土日は混むんでしょうねー

IMG_1586.jpg

さて入り口のほうに向かいましょう!正式名称は「寒河江花咲か温泉
ゆ~チェリー」というのですね。

IMG_1580.jpg

入り口を入って行きます。

IMG_1581.jpg

受付でお姉さんから入浴券を購入する、僕の場合は1回だけの入浴
なので300円だそうです、入浴場の入り口の向かいにはレストランが
あって定食やそば・うどんなどが食べられるようです、券をJRの自動
改札機の様な機械に入れると券が吸い込まれて行く…

IMG_1585.jpg

脱衣所は広く、ヘアドライヤーも無料で使える、100円使用のコイン
ロッカーは使用後に100円が戻って来るタイプだ、清潔感のある脱
衣所で気持ちがいい。

IMG_1582.jpg

浴場の入り口の上に源泉の効能なんかが書いた額がありましたが
撮るのを忘れてしまいました、あまり温泉とか日帰り温泉とかは利用
したことがないので気が付かないので困ってしまいます(笑)、詳しく
は「ゆ~チェリー」さんのホムペで確認して下さいませ。

内風呂には2つの源泉があり入って左側にあるのが寒河江花咲か1号
源泉~美肌の湯~で効能は糖尿病・痛風・慢性皮膚病・慢性婦人病・
高血圧症・動脈硬化症などで右側が新寒河江源泉~健康の湯~となっ
ていて、効能は神経痛・五十肩・運動マヒ・慢性消化器病・関節痛・冷え
症と書いてあります。

露天風呂は寒河江花咲か2号源泉~あったまりの湯~となっていて
効能は慢性皮膚病・慢性婦人病・きりきず・やけどなど。

IMG_1583.jpg

内風呂の2つは1回の入浴時間が3分となっている、その後少し休んで
また3分入るの繰り返しをしました、時々、露天風呂にも行き、30分ほど
温泉を堪能しました、本当は、せっかく寒河江まで来たのですから11時
くらいまで温泉に入って近くの「ひふみ」というそば屋さんの冷たい肉そば
でも食べようと思っていたのですが、まだ時間は10時(笑)、向いにある
レストランも11時からの営業で気になっていた笹きりうどんも食べられま
せん…、仕方なく帰ることにしラウンジで清涼飲料水を買い火照った体
を潤しました。

IMG_1584.jpg

さて、冷たい肉そばに後ろ髪を引かれながら次に目指すのはヤマザワ
北町店です、そう!ドリームジャンボは今日で発売終了なのです、どう
しても買いに行かなければ、ちょっと宝くじを買う理由があったので…
まあ理由がどうあれ到着です。

IMG_1587.jpg

買うのはドリームジャンボをバラで10枚、3,000円!痛い…
余裕があればミリオンドリームも欲しいのですが、先月、携帯の機種変
をしたので今月は財政がピンチなのだ…、並ぶほどではないが次から
次と宝くじを買う人が訪れているようです。

IMG_1588.jpg

抽選日の6月16日以降、このブログが更新されなかったら、それは宝くじ
が当選したと思って下さい(笑)。

さて、宝くじも買ったし、次は温泉帰りの体を整骨院に晒すのだ…

IMG_1589.jpg
な~んか長いタイトルになってしまいましたが久々のそば日記
です、尾花沢そば街道は、この伊豆の華さんを含めてあと3軒
回ると全部回ることになりますが、なかなか行けないでおります。

さて、前回の記事で紹介した銀山川ダムを過ぎると銀山温泉の
入り口が見えて来ると、右側には尾花沢そば街道のノボリが見
えてきます。

SWG2582.jpg

お店は左側にありますが、この坂を過ぎるとすぐに銀山温泉です。

SWG2580.jpg

坂道に建てられた店なので独特の店の作りですね。

SWG2583.jpg

地酒も置いてあるようなので、やっぱり銀山温泉に泊まって夜に来て
みたいお店です。

SWG2584.jpg

いろんなメニューがあって悩みそう…

SWG2586.jpg

とにかく入ってみましょう!

SWG2588.jpg

SWG2587.jpg

お店は地下というか階段で下ります。

SWG2589.jpg

階段を下りて振り返るとこんな感じです。

SWG2593.jpg

店の中はカウンターとテーブルがあります。

SWG2594.jpg

本当は板そばを食べるつもりだったのですが品書きに
揚げナスおろしそばというのがあって食べてみたくなり
注文することにしました、すぐに漬物が出て来ました。

SWG2590.jpg

揚げナスおろしそばが出て来るまで、この伊豆の華さんの店名の
由来についてお話しましょう、なんで山形でしかも銀山で「伊豆の華」
かというと・・・(お客様から1番に質問が多いようです)

店のご主人の苗字が「伊豆」なんです、なんでもここ銀山は名前のとおり
銀が掘れ、その時代はかなり採れたらしくここに全国から人々が集まり、
中にはここに定住した人もいました、そして、自分の出身地を苗字にしたと
言われています、こちらのお店の方の先祖もきっと「伊豆」からやってきて
ここで商売をはじめたんでしょう、そして、初代が華やかに商売が繁栄する
ように、伊豆家にとって華が咲きますようにと願いを込め名づけたそうです。

SWG2592.jpg

厳選した尾花沢産そば粉『最上早生』をどんぐり挽きという特殊製法で挽き
、そば粉十割、つなぎ粉一割という【十一(といち)そば】を銀山の冷水で
手打ちした田舎中細のそばです。

揚げなすと紫蘇葉、オロシとしし唐と刻みネギが入っています、最初はそばを
啜ります、うん!美味しい!板そばでも良かったかな、まだ温かい揚げナスを
食べながら冷たい蕎麦を食べる、そして後はオロシと刻みネギを混ぜて豪快
に食べ進めて行く、今までにない食感です、これはいいかも♪

SWG2599.jpg

揚げナスおろしそば 850円 
そば処・酒処 伊豆の華
山形県尾花沢市大字銀山新畑383
TEL  0237-28-2036 
営業時間 AM11:00~PM14:30、PM18:30~PM23:00(22:30L.O)
定休日  第3水曜日
銀山温泉の手前に銀山川ダムがあるのをご存知でしょうか?
もうすぐ銀山温泉の入り口に入る所に左側を見るとあるのが
銀山川ダムです、わりと何回も銀山温泉には訪れていたので
すが、このダムの存在に気付いたのは今回が初めてでした、
多分、銀山温泉に宿泊した事がないからなのでしょうね~(笑)

このダムが竣工されたのは1963年と言う事ですから随分前です
よね、何で分からなかったのでしょう…、なのでちょっと寄って
みました。

SWG2570.jpg

もちろん中には入れないようになっています。

SWG2571.jpg

ぎりぎり近くまで寄って撮りましょう、あとは望遠レンズを使えば
いいか!

SWG2572.jpg

う~む…、あまり稼動していない感じがしますが…、何となく
味のあるダムですね。

SWG2547.jpg

SWG2574.jpg

このダムは洪水調節、農地防災用のダムらしいですので、ほとんど
水量がないようです。

SWG2545.jpg

SWG2546.jpg

で、ダムの先のほうを見てみると…

SWG2544.jpg

何だかいい感じの階段があります、あそこに行ってみたいです。

SWG2543.jpg
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。