上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はは、ミステリーなそば屋、なかなかいいタイトルかと…
実は大江町の神通峡に行った帰りに以前から行きたい
と思っていた、そば屋さんで「道の駅おおえ」のすぐ近く
栄林さんというお店です、道の駅から見るとこんな感じ
です。

SWG2957.jpg

で、表の方に回って見るとこんな感じです。

SWG2958.jpg

蕎麦は全て店主の手打ちということなので期待したいところ
なのですが…

SWG2962.jpg

店には誰もいません、厨房にも誰もいません…、声を出して
見ましょう!「すみませ~ん!」、「こんにちわ~!」
「…」返事がありません、何か買い物でも行ってるのでしょう、
すぐに帰って来るんでしょう、と思い少し待つことにしました、
この窓から見える景色は素晴らしいですね、最上川が見渡せ
ます。

SWG2966.jpg

こんな景色を見ながら食べる手打ち蕎麦は美味しいのでしょうね~
座敷もあるようです、しかし誰も来ない…、時間はまだPM1:00、
営業時間はPM19:00までなので閉店しているわけではないし、
暖簾も出てるし…

SWG2960.jpg

仕方ない、一度、店を出て道の駅おおえに行き、お腹が空いていたので
もりそばを食べることにしました、写真は撮らなかったのですが丼の中に
氷が盛ってあり、その上に蕎麦が乗っていて、かなり食をそそる盛り付け
でした、で、そのもり蕎麦を食べていると、窓から栄林さんの店の前に車
が停まり店主らしき人が降りたようです、なんだ、やっぱり買い物とかに
行ってたんだ(どこまでも優しいひろぽん)、も一度行ってみよう!という
ことで、また店に入って、声を掛けてみましたが、相変わらず返事がありま
せん…

SWG2964.jpg

ミステリーです…、暖簾が出ていて店も開いていて店主がいない…
時間はまだ昼時…、この写真をアップしようかどうか迷ったのですが
暫くはこちら方面を訪れる予定が無いのでとりあえず店の写真だけでも
アップすることにしました、それから、僕みたいな人がいたら、店主がいない
場合もあると言う事をお知らせする為に。

品書きに冷たい鳥そばというのがありましたが、是非、もう一度訪れて
食べてみたいものです、その時はこの記事に写真を載せて再度アップ
します。

栄林
大江町藤田267-5
TEL 0237-62-2368
営業時間 AM11:00~PM17:00(売切れ閉店)
定休日 第1.3月曜日
スポンサーサイト
夏が近付くと何故か大王食堂に通ってしまうのですが…
最近というか以前から水平感覚がおかしいのではと思う
ことが度々あります、特にカメラで写真を撮る時です、自分
では水平に撮っているつもりなのですが出来上がった写真
を見ると傾いているのです(笑)、風景の写真を撮る時の為
にと買った水準器で水平にしてフレームを覗くと逆に傾いて
見えたりします…

で、大王食堂さんの帰りに、本人は水平に撮ったつもりの
篭田公園ですが、やはり傾いて見えます?

篭田公園

この篭田公園は丸い砂地になっているので目の錯覚なのでしょうか?

篭田公園②

ま・それはともかく大王食堂さんです、今日は冷やし中華の大盛りを
頼んでみました、写真では皿盛りのように見えますが丼の器です、
写真が少しブレてますが携帯を変えたばかりなので上手く撮れない
のです(笑)、あれっ?ラー油とか入ってたかな…、このラー油は結構
効きますね~、最初の一口で酢とラー油の衝撃でむせてしまいました、
自分的にはラー油は要らないような気がします、でも食べて行くうちに
慣れるようで、あまり気にならないようです、大盛りなので食べる時間
も掛かれば量もあります(笑)、なので海苔の上にあるマヨネーズを
少し混ぜて味に変化を付けます、次に丼の淵に付いているカラシを
少し混ぜて食べたりもします、あくまでも少しづつがポイントですね、
おかげで3種類の味が楽しめました♪
冷やし中華 550円(大盛り100円増)

冷や中
み~やびさんのブログで初めて知った荒砥城址(現在は八乙女神社」
からフラワー長井線の駅舎が見えることを知って、是非、登ってみたく
なりました。

荒砥駅のほうから歩いてくると荒砥城址に向かう道路の近くに開墾記念碑
がありました、記念碑の横にある表示板には「鉄道が開通し駅から殿町、
新町への新しい町ができたが金ヶ崎弁天の側を通るので弁天町の名が
付いた」と書かれている。

SWG2804.jpg

さて、少し登ると平らな場所に出ました、ここから荒砥城址に登る道が
あるようですので先に進みます、直江兼続が米沢城主の時に、親友で
片腕ともいえる泉沢久秀が初代城主として置かれたという荒砥城址です。

SWG2810.jpg

どうやら登り口は2箇所あるようです、僕はみ~やびさんとは違う道を
登ったようです。

SWG2811.jpg

登ってから気が付きました、僕が進んだ道は神社への参道ではなく
御楯稲荷さんへの参道なのでした。

SWG2817.jpg

改めて神社の方に進む道へ行くと何か立て札が…
八乙女種まきザクラと書いてあります、樹齢500年のエドヒガンの桜
のようです。

SWG2819.jpg

SWG2820.jpg

そして、やっと見えて来ました、八乙女神社です。

SWG2822.jpg

フラワー長井線の駅舎が見えるというので探しましたが、残念ながら
列車はいませんでした、それに緑が増えて視界が狭くなっていました。

SWG2823.jpg

この足元の近くには小さな立て札があり「史跡荒砥城堀跡」と書かれて
あります、見付けにくいよう~

SWG2829.jpg

ということで新緑を思い切り満喫して来ました(笑)

SWG2827.jpg

最後にフラワー長井線の列車が見られなかったのでここで1枚!(笑)
この写真、何回使ったんだろう…

DSCG_7757.jpg
長井市の白つつじ公園に行って来ました、なんと、長井市では
僕が訪れた18日に白つつじの満開宣言を出しました、らっきぃ♪

SWG2775.jpg

本当の名前は「まつがいけこうえん」と言うのですね。

SWG2777.jpg

この白つつじ公園の中には「皇大神社」もあります、詳しくは
以前にこの公園を訪れた時の記事をご覧下さい→「水と緑と花の
長井市を訪ねて~白つつじ公園


SWG2776.jpg

さて、あとは写真をご覧下さい、満開の白つつじです!

SWG2779.jpg

SWG2786.jpg

SWG2787.jpg

SWG2788.jpg

SWG2791.jpg

SWG2792.jpg

SWG2794.jpg

SWG2795.jpg

SWG2800.jpg

SWG2802.jpg

SWG2803.jpg

松ヶ池公園(白つつじ公園)
長井市神明町2425
面積3ha、白つつじ3000株、樹齢750年の古木、休憩所、遊園地あり。
見ごろ 5月中旬~下旬
長井市商工観光課 TEL 0238-84-2111
くは~、何年振りかのラーメンの記事です(笑)、実は今週の
月曜日(18日)に長井の白つつじ公園に行って来ました、その時
の様子はこのブログでアップしますが、僕が行った時が一番の
見どころだったのではと思うほどの咲き方でした…

SWG2774.jpg

とりあえず家を出発して国道13号線バイパスから赤湯市内に入り
長井市内を目指しました、何故、遠回りをしたかと言うと以前から
気になっていたお店があったからです、でもそば屋さんではないの
ですよ~(笑)

その他にも目的があって今泉駅に向かうフラワー長井線の列車の
撮影をするという目的です、「まだまだスウィングガールズ」のブログ
で今泉駅にいるフラワー長井線を撮影しています。

実は、その前に行ったラーメン店の「かめや」さんの話題です!

SWG2757.jpg

蕎麦の取材は慣れているのですがラーメン店の取材はまだ初心者
なので、なかなかコツが掴めない状況の中、開店の11時になりました、
そば屋さんでしたら、まだ誰も来ない時間帯なのですので、のんびりと
店の外観の写真なんかを撮っていたら、次々と車が入って来ます、本当に
次々とです、ヤバイ!これは早く店内に入らないと店内の様子を撮影する
のが困難になってしまう…

SWG2758.jpg

慌てて、店内に入ると、もうすでにテーブル席は埋まりつつある、客が席に
付く前に店内を客が写り込まないようにパッパッと写真を撮って行きました。

SWG2760.jpg

店内はテーブル席と座敷席に分かれています。

SWG2762.jpg

僕はテーブル席に座りましたが、この店では注文の仕方が決まっているよう
です、何せ、メニューは中華そばしかなく小盛り・普通盛り・大盛りの三種だけ
です、テーブルにはそれぞれ番号が貼ってあり、店に入ってから自分の座る
テーブルの番号と食べる中華そばの種類を言うシステムのようです。
例えば、「五番テーブルの右側だけど普通盛り1つね!」みたいな感じで注文
するわけですね。

SWG2759.jpg

僕は何も知らずに入って座ったのが三番のテーブルだったようです、すると
店の方が「三番さんは何?」と言われました、「普通で!」これで注文は
終わりです。

それにしても11時開店時間になって10分も経たないうちに駐車場は瞬く間に
満車です、しかも席に座れなくて合い席や並んで待っている人まで!
今日は平日の月曜日なんですけど…、この写真は開店すぐの写真なので
人の姿が見えませんが、この後はカメラを向けるチャンスはありませんでした。

SWG2763.jpg

さてさて、お店の紹介をしてみましょう、一部は「かめや」さんのホムペからも
抜粋していますが、かめやさんは創業55年の歴史のある老舗ラーメン店との
ことです。
数え切れない程のラーメン店がある中、かめやさんは中華そば一筋、メニュー
も大・中・小のみという至ってシンプルです。
馬肉のチャーシューと馬からとったスープがまさにこだわりのレシピとのこと。

僕は普通盛りをお願いしました。

SWG2761.jpg

昭和5年頃、長井市には草競馬場がありました、そこで走れなくなった馬の肉が
、貴重なたんぱく源として食されるようになりました。
戦前、山間の斜面に田畑を作らなければならかった置賜地方では、牛よりも力の
ある馬が農耕用に重宝されていました、そして戦後、牛肉や豚肉よりも安値だった
ことから、先代や他のラーメン店が競って馬肉を扱うようになり、長井市が馬肉
ラーメンの本場になることになったとのことです。

IMG_1566.jpg

さて、味のほうですが、見た目は濃い色のスープですね、飲んでみると少し
濃い目のスープになってますが、この牛のチャーシューには合う感じがします
麺は丸いと言うのでしょうか、少し固めの麺です、スープは鰹系?でも牛系の
ダシも入っているんでしょうね~、メンマが太くて量が多いのでいいですね♪
ソーセージのスライスが一切れ入ってました、このラーメンの味は好き嫌いが
分かれる味だと思います、夢中になる人、う~ん…と言う人、味覚は人それぞれ
違うのでそれはそれでいいと思います。

IMG_1567.jpg

馬肉中華そば 小盛570円 普通盛600円 大盛700円
ネギ・メンマ・チャーシュー各種トッピング 100円増し
かめや食堂
長井市今泉2246 
TEL 0238-88-9753
営業時間 AM11:00~PM16:00 PM17:00~PM20:00(L.O.19:30)
定休日 水曜日
さてさて今日は腰痛に苦しむのは腰や足の筋肉が弱いからだと
自分で判断し今年4回目の西蔵王野草園に出掛けました、天気
も暑くもなく寒くもなく園内を歩き回るのにはとてもいい感じです。

SWG2641.jpg

土日はほとんどと言っていいほどそば屋さんには行かない僕ですが
今日は以前から気になっていた近江屋さんの二色そばをどうしても
食べたくて2年ぶりの再訪です。

SWG2694.jpg

前回、訪れた時は携帯のカメラで写真をアップしましたが今回は一眼
レフとコンデジで撮影してみました。

SWG2697.jpg

2年振りなのに、そんなに時間が経ったと思えないと感じるのは何故なの
でしょうか…

SWG2699.jpg

テーブルに付いて早速、二色そばを注文しました、あれっ?いつもの女性
主人じゃなくて若い女性の方が注文を取りに来ました、娘さんなのでしょうか…

SWG2701.jpg

江戸時代から続くという250年もの歴史がある蔵座敷は健在でした。

SWG2700.jpg

使用するそば粉はもちろん「でわかおり」です♪

SWG2706.jpg

蔵座敷を眺めているうちに二色そばが出て来ました、調理場の方で
主人の声が聞こえるので調理は主人がやっているんでしょうね。
電球照明なので蕎麦の色が…

SWG2708.jpg

なのでアップの写真はコンデジで撮りました、最初に中華麺の方を
食べました、中華麺をそばつゆで食べるのはわりと好きなので夏は
良く食べていますが両方食べられるというのはいいですね、もう少し
気温が上がったら大盛りで注文したいですね。

IMG_1565.jpg

そして次はお馴染みの平打ちの麺の蕎麦です、二・八なのですがつゆ
が良く絡み美味しい麺です、次回は鳥そばにチャレンジしてみようかな。

IMG_1564.jpg

二色そば 700円
そば処 近江屋
山形市本町2-2-26
TEL 023-623-0344
営業時間 AM11:30~PM14:00 PM16:00~PM21:00
定休日 日曜日
銀山温泉に行く途中でそば屋さんの看板を見付けました、
帰りに寄ってみようと思い店の近くまで行って見ました。

SWG2559.jpg

時間はまだ早かったので開店はしていなかったようですので
場所だけを頭に入れて銀山温泉に向いました。
そして銀山の帰りにしっかり頭に入れたはずの場所がすっかり
分からなくなっていました(笑)、途中に看板がいっぱいあるの
ですが、あり過ぎてかえって道に迷ってしまいましたが何とか
到着出来ました。

SWG2600.jpg

平成20年10月末にオープンしたばかりの農家民宿とのことです。
部屋からは一面に広がる田んぼと荷鞍山(にぐらやま)が見わたせ
落ち着ける部屋になっています。

SWG2601.jpg

1階は、自家栽培の手打ちそば、手打ちうどんをはじめ、旬の野菜を
味わうことができる農家レストランです。

SWG2603.jpg

そば打ち体験や季節ごとに違う様々な農作業体験が出来るそうですが
予約が必要です、1泊2食付7,000円~(定員5名)体験込み

SWG2616.jpg

とにかく店に入ってみましょう!

SWG2615.jpg

SWG2605.jpg

店内は全て座敷で奥に大きくて長い座卓が二つあります、手前は
奥まった部屋のようになっている座敷が1つあり、あとは民宿という
ことなので、その都度テーブルを出しているのでしょう。

SWG2613.jpg

SWG2614.jpg

メニューは手打ちそばと十割盛りそば、そして板そばがある、僕は
せっかくなので十割りそばをお願いしましたが、かなり時間が掛かり
ますが…、と言うので、いやあ大丈夫ですよ、と言うと、十割りは土日
だけなんだよなあ~とつぶやくので、それじゃあ板そばでいいです!
ということになりました。

SWG2612.jpg

で、間もなくすると収穫したばかりのアスパラガスが出て来ました、
写真では分からないと思いますが、かなりの大きさです!

IMG_1557.jpg

実は銀山温泉には蕎麦を食べる為に行ったのですが、その帰りに
寄ったものですから、嬉しいやら悲しいやら(笑)、それでも食べて
いると今度はウドの煮物と山菜の王様でもあるアイコ、そして自家製
の漬物とお浸しの皿が出て来ました…

SWG2611.jpg

山菜類を食べていると板そばが出て来ました!

IMG_1553.jpg

話を聞くとこの板そばは二・八そばだそうですが、蕎麦の香りと
いい、喉越しといい、かなり美味い、そば粉はもちろん尾花沢の
地元産のそば粉を使っているとのことです、これじゃあ十割りそば
はどんだけ美味しいのだろう。

IMG_1555.jpg

蕎麦を食べ終わると板そばの器に店の名前が出て来た、なかなか
面白い♪

IMG_1556.jpg

土日はそば屋さんに行く事がない僕にとっては土日限定でしか食べ
られない十割りそばは悔しい…

百笑家(ひゃくしょうや)姫
尾花沢市大字二藤袋1368-23
TEL 0237-23-2155
銀山方面に用事があったので近道でもないかなと
携帯ナビを利用して出発しました、途中、初めての
道路に入り心配しましたが、どうやら徳良湖の裏側
の道のようです。

SWG2560.jpg

徳良湖まつりが5月3日から5月5日の3日間に徳良湖周辺
で開催されたようですね、周辺は整備が行われていて花が
たくさん植えられるようです、かなり大規模にやっているよう
です、完成が楽しみですね、整備されている途中ですが花が
植えられていました。

SWG2619.jpg

この辺はキャンプ場の近くになりますね。

SWG2548.jpg

SWG2553.jpg

SWG2557.jpg

SWG2558.jpg

北の方に進むとつつじが咲いていました。

SWG2564.jpg

SWG2565.jpg
久し振りの上山での蕎麦です、上山はそば屋さんが多いので
目当てのお店が休みの場合でも他に行ってみれば必ず開いて
いる店があるので安心です。

さて、前回はおくりびとのロケ地を訪ねてみましたが、結構、気温
が高かったので冷たい蕎麦でも啜りたくて「村尾」さんに足を延ばし
てみました。

SWG2523.jpg

相変わらずの店内の雰囲気は明治から昭和初期の時代に
タイムスリップしてしまう…

SWG2518.jpg

SWG2467.jpg

前回は上山そばを食べましたが、今回は上ざるをお願いしました、
ざるそばに大根おろしが付いて来ます。

SWG2520.jpg

刻み海苔たっぷりのざるそばが出て来ました♪

SWG2521.jpg

更科そばを使用しているので麺は白いが蕎麦の香り、歯ざわりの良さは
たまらないほどだ、最初はつゆのみで食べ、次はおろしと刻み海苔で食
べる!ああ…やっぱりこの店は落ち着く。

SWG2522.jpg

村尾
上山市十日町1-17
TEL 023-672-0304
営業時間 AM11:00~PM15:00
定休日 月曜日
駐車場 店向かい側に5台
以前、まだロケ地の看板だけが立っていた時に映画おくりびと
の上山にあるロケ地に行ったのですが、その後、市民有志や
観光関係者らで組織した「上山コンチェルト♪」のメンバー約20人
が参加し外観整備が行われたとのことで再度、訪れてみました。
おおっ、ほぼ映画に近くなりましたね~

SWG2465.jpg

おくりびと③

SWG2511.jpg

おくりびと⑦

SWG2510.jpg

おくりびと④

このロケ地の建物はコンチェルト館といいます、外の花壇や映画と
同じ様に造花の桜の木も設置されていました。

SWG2508.jpg

どうしても、このおくりびとの映画は庄内地方が中心になっているよう
ですが、この上山でのシーンは映画の中でもかなり重要なシーンが
撮影されていると思います、映画を観た方はそう思うのではないで
しょうか、さて、館内に入ってみましょう!100円の活動支援金にご協力
下さい。

映画の中でも登場する三角形のテーブルがあります、テーブルの上には
河原の小石に自分の思いを託す「石文(いしぶみ)」のエピソードになぞらえ
、葉の裏に傷をつけると黒く変色するため「はがきの木」と呼ばれる植物
「タラヨウ」も置いてありました。

SWG2513.jpg

実物の映画の台本も展示してあり、コピーされた台本を読むことが出来ます。

SWG2515.jpg

映画の様子のパネルも展示してあります、夜間はライトアップもしています、
館内は毎日AM10:00~PM17:00まで内部を開放しています、詳しい問い合わせ
は上山市経営企画課内事務局へ→023-672-1111

SWG2516.jpg
まほろばの里たかはた探訪も今回で最後になりますが
今までも高畠町については何度となく紹介して来ました
が何度、訪れてもいい町だと思います、四季それぞれの
風景に出会える素晴らしい町です、5月の始めの季節は
安久津神社の三重塔近くには菜の花が咲きとても綺麗
です、カメラを手にして訪れる人が平日でも絶えません
でした、この写真は「ふぉとギャラリー」でもアップして行き
ます。

SWG2418.jpg

SWG2424.jpg

SWG2436.jpg
昭和49年に廃止になった「高畠鉄道・山形交通高畠線」の跡地を
譲り受け整備したという「まほろばの緑道」を訪ねてみました。

SWG2495.jpg

距離は約6kmで沿線には約700本の桜を中心に四季折々に楽しめる
草花や果樹などが植栽されています。

SWG2492.jpg

桜の花も散り、「まほろばの緑道」は若葉の茂る、文字どおりの緑道に
なっていました。

SWG2494.jpg

桜の花は散っていましたが八重桜と芝桜は満開になっていました。

SWG2497.jpg

来週の末頃は牡丹の花が見頃になるそうです。

SWG2500.jpg
前回、訪れた道の駅たかはたのお土産店の隣にレストラン縄文
というお店があります、蕎麦のノボリが出ていたので入ってみる
ことにしました。

SWG2470.jpg

レストランということなのでそば屋さんではないのですが地元産
のそば粉を使っているようです。

SWG2472.jpg

店内は奥がガラス張りになっているので明るい感じになって
います、連休中は満席だったのでしょうね~

SWG2474.jpg

ここでは蕎麦の他にも和食膳やカレー等の軽食も食べられる、
本当であれば米沢牛のステーキ定食でも食べたいところですが
そんなのブログに載せてカミさんに知れたら…(笑)

SWG2475.jpg

普通のざるそばを頼みました(750円)、手打ちではないと思われ
ますが随分キレイに角が揃っている麺です、機械打ちですね、
二・八だと思います、つゆは辛くもなく甘くもなくダシも強くない、
家族連れで子供でも食べられるという無難な味ですが、休日とも
なれば次から次へと客が押し寄せるわけですから大量にスピーディ
に対応する為には仕方ないと思います。

SWG2478.jpg

歯応えもあり喉越しも良く美味しいと思いました。

SWG2477.jpg

レストラン 縄文
山形県東置賜郡大字安久津2072-1
TEL 0238-52-5432
営業時間 AM9:00~PM5:00(冬期間は、AM9:30~PM4:30)
定休日 年中無休
今更ながらなのですが高畠バターです、昨年2008年の9月に
発売された高畠バター140Gで680円と高めの価格設定ですが…

今日、GW中に行けなかった整体医院に行ってメチャメチャ痛い
です腰と足と股関節が…と叫びました!で、指圧をうけている
時に、歩きたいんですけど無理ですかね~?と言うと
先生「絶対、無理だね~、こんなに痛くて足を引きずっているのに…」
先生「おとなしくしていた方がいいんじゃないかな!」
僕「ああ…」
僕の心の声「高畠に行って安久津神社の三重塔の写真を撮りたい…」
僕「車の運転は大丈夫ですかね~?」
先生「車はいいんじゃないかな…」

で、やって来ました!たかはた道の駅!くはっ!

SWG2468.jpg

とにかくお土産店の方に行ってみることにしましょう!
平日というのに駐車場は結構混んでいました。

SWG2469.jpg

地元で採れた山菜やら浜田広介のグッズやらいろいろとありますが…
目的は高畠バター(笑)

SWG2479.jpg

お酒やワインとかが置いてあるコーナーがありました♪

SWG2480.jpg

早速、2個を手に取りレジへと進むが、レジのお姉さん曰く、今度、高畠バター
から新商品のコンデンスミルクが発売されたんですよ、一緒にいかがですか?
苺とかパンに塗って食べると美味しいんですよ~、
別に苺を食べる経済的な余裕はないので気持ちよく遠慮しました(笑)

SWG2481.jpg

さて買っては来たもののどうして使おうか…、とりあえず炊きたて御飯の上に
バターをかけて少し醤油をかけて食べるのは昭和20年代生まれの性なので
しょうか(笑)。

SWG2537.jpg

この後、高畠町特集続きます!
携帯電話について何回も記事に取り上げたことは
ないのですが、今回のG9は別のようです(笑)、何せ
デザインがいいです♪なのでiida G9の続編です。
今回は画像中心で…

IMG_1488.jpg

今までいろんな携帯を使いましたが、このG9は本当に
魅力的な携帯ですね、電話機というよりオブジェという
感じですかね~
スライドすると右下に「G9」の文字が彫りこまれている。

IMG_1489.jpg

キーは階段状になっていて慣れて来ると使いやすいですね。

IMG_1490.jpg

上段の12個あるキーの5つが十字キーと決定キーになっている、
最初の内は慣れないけど使っている内に慣れるでしょう!
それにしても下の3つのシルバーになっているアルミキーがポイント
ですね、この機種は3つのカラーがありますが、この3つのキーの
カラーがそれぞれ違います。

IMG_1491.jpg

着信を知らせる光の種類はいろんなパターンがありますが、なかなか
微妙な位置で光るのがいい♪

IMG_1496.jpg

カメラは画素数が319万画素でオートフォーカス機能が付いている。

IMG_1497.jpg

ワンセグ用の折りたたみ式のアンテナが付いているスライドさせても
使える長めのアンテナだ。

IMG_1499.jpg

左側面には充電用とイヤホン用の差込口とロックボタン、そしてマルチ
キーがある。

IMG_1500.jpg

右側面にあるキーはカメラキーのみです。

IMG_1501.jpg

カメラキーの下にストラップが付けられるようになっています。

IMG_1502.jpg

いつまで眺めていても飽きの来ないデザインです、これは
いい携帯を手に入れました。

IMG_1503.jpg

IMG_1508.jpg
最近、下足天をよく食べてます、下足天といえば大分前に
秘密の県民ショーとかいうテレビ番組で山形の人はラーメン
に下足天を入れて食べるとかで話題になりましたが、そんな
奴、たくさんいないわい!と思っていました、でも、そば屋さん
では下足天を出す店がいつの間にか増えて来たような感じが
します…

僕は別に下足天が嫌いと言う訳ではないのですが、そば屋
さんに行った時にメニュにあってもあまり食べた事はないです
ね。

この前、五十鈴町にある「スーパーおーばん」にたまたま行った
時に、惣菜コーナーに下足天を見つけました、デカイなあ~
と思いながらも買ってみました、これがメチャクチャ美味しいん
ですよね~、レンジで温めてビールで食べれば最高なのです!

天ぷらの衣が美味しかったんですよね~、で、なかなか、おーばん
に行く機会がない僕はヤマザワでも、ジャンボ下足天を見つけた
のでした、というか、今まで、あまり惣菜売場で見たことがなかった
のですが…

さてヤマザワさんの下足天は衣があまり…、それに温めると衣が
すぐ剥がれてしまうような…、大きさ的には、おーばんのほうが
デカイと思います、でも、ヤマザワさんのも美味しいし、価格が手頃
ですね、暫くの間、休みの日には下足天を食べる習慣が続くようです。

SWG2412.jpg
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。