上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、話題になっているという新開誠作品の「君の名は」を観に
行きました、僕の場合は新開誠作品は「秒速5センチメートル」
の作品に出会ってから全ての作品を観ているしDVDも全部持っ
ていますので新開誠作品の映画は初めてではありませんでした。

秒速5① 

実は火曜日に観に行く予定で行ってみたのですが、朝の9時だと
いうのにソラリスのエスカレーターの上の方まで若者で溢れてい
ました、あとで聞いてみると市内の中学校が休みだったらしい、
さすがにその中で観るのもキツイと思って諦めて今朝行って来ま
した。

SWG05_2745.jpg 

実は1週間ほど前に原作本を手に入れて読んでいたのです、でも
映画を観てから本を読んだ方が良かったかなと思いました、でも
本のほうが情景が綺麗に思い浮かばれたような気がします(笑)、
クチコミでは描写がすごく綺麗だと言われていますが、新開誠の
他の作品、例えば「秒速5センチメートル」の方がもっと綺麗だ
と思います、今まで新開誠作品を観て来た人はそんなに感銘を受
ける人は多いと思われません。

秒速5② 

と言うことで映画の内容や感想は無しです、是非、映画館に行って
観て下さい。
スポンサーサイト
最近、購入したDVDの中でもう一度観たいと思って観た映画です、
3作品ですがいずれも泣いてしまいます(笑)、最初の作品はつい
最近DVDで発売されたものですが、「くちびるに歌を」です、内容は
ネットを見ればわかると思うのであえて解説はしません、ただ映画
の後半は涙が止まりませんでした…

くちびるに歌を

2作品目は「ハナミズキ」です、何故かこれも新垣結衣さんが主演
しております、別に新垣結衣さんが好きなわけではないのですが
、これも中盤あたりから涙がこぼれて来ます(笑)、終わり頃には涙
が次から次へと…

ハナミズキ

最後の3作品目は「サマーウォーズ」です、これはアニメです、えっ!
アニメで泣いたの?と言われそうですが、多分、この映画は今回で
3回観たと思います、毎回内容を忘れた頃に観るので、毎回、こんな
に泣ける映画だったのかと思ってしまいます。

サマーウォーズ

最近ユニクロのCMで女性が出てきてエレキギター(ふるっ!)を弾いて
いるのがありますが、これを見る度に昔の事を思い出してしまいます、
19歳ぐらいでしたでしょうか、通販サイトでレスポールギブソンのコピー
モデルだったと思いますが買いました、アンプは昔のステレオ?のアンプ
に接続して弾いていました…

今は12弦ギターも普通のフォークギターもケースにしまいっぱなしで
埃をかぶっています、昔はあの歌いいなあと思ってもギターコードが
分からなくて弾けなかったのですが最近はネットで調べるとほとんど
の曲のギターコードが分かるようになっているようです、よしっ、そろそろ
活動開始かっ!
今日は朝のうち少し青空が見えたので野草園にでも行こうと思った
のですが、また雲ってきたので諦めました、う~ん、どうしよう?
そうだ、映画館に行こう、宮崎駿監督のジブリ作品「風立ちぬ」だ、
ソラリスだとAM11:45の回に間に合うようだ、その後は暫くぶりに
蕎麦でも食べに行こうかと。

映画館に行くのは小川の辺以来だから何年ぶりかな?ジブリ作品を
映画館で観るのもしばらくぶりになる、平日なのでやはり来館者は
少ない、それにこの映画は子供が観るような感じのアニメではなく
子供の姿も見えない、ゆっくり観られてとても良かった。

映画の内容は零式艦上戦闘機の設計などを手掛けた、実在の航空
技術者である堀越二郎をモデルに、その半生を描いた作品です、主人
公を演じた声優や内容についても賛否両論があると話題の作品です、
どんな映画なんだろうと始まるまでワクワクしていました、観終わって
久し振りにいい映画を観たなあという感じでした、みなさんもたまには
映画館に足を運んではみませんか?

SWGB04_2934.jpg
映画オールウェイズ三丁目の夕日64’を観ました、この映画も
泣けます…、東京オリンピック開催の年は僕は中学生の頃だと
思います、そして中学の修学旅行は東京へ、もちろん東京タワー
にも行きました、温度計の付いたタワーの置物を購入したのを
覚えています(笑)。

タイトル三丁目

この映画はもう続編は無いでしょうね~、何故なら多分、この64年
という時代が昭和時代のピークだからだと思うのです、そりゃあ他に
も昭和を感じさせるものはたくさんあると思いますが、僕はこの64年
が区切りのような気がします。

ところで今の会社に勤めるようになってから時間の経過が早く感じて
しまいます、1週間もあっという間、1ヶ月もあっという間…
その事を「ジャネーの法則」とかいうそうです、じゃねえ?じゃなく
じゃあね!でもなくジャネーです。

このジャネーの法則は、「時間の心理的長さは年齢に反比例する」と
いう説らしいです、まあ良く調べてないので詳しい内容は分かりませ
んが(笑)、休みが多い割には本当に早く1週間が過ぎてしまいます、
で、この映画には鉄には嬉しい映像が出て来ます、最初はこのシーン

三丁目②

茶川竜之介が実家に帰るシーンで登場するキハ58系
ですね。

その次はこのシーン、新幹線0系ですね、毎回この鉄道シーンが楽しみ
で観てました。

三丁目③

三丁目④
映画館で観れなかったこの作品をDVDが出たので購入して観ました、
この映画はシリーズ化して欲しいですね。

RAIL1.jpg

富山を舞台に、第二の人生を目前にした一組の夫婦の姿を描いています、
運転士として42年勤めた富山地方鉄道を1カ月後に定年退職することにな
っている徹は、ガン患者の在宅ケア業務に就きたいと話す妻・佐和子とも
めてしまう、佐和子は徹と距離を置くため家を出てしまうが……。
主人公の徹役は三浦友和、妻・佐和子役には余貴美子が出演しています。

映画の中ではいろんな富山の車輌が出て来ますが、やはりこの16010形が
いいですね、元西武の特急専用車両だった「レッドアロー」、西武時代は
6両編成で活躍しましたが、地鉄転入時は3両編成となりました、その後の
沿線人口減少に伴う乗客減の影響で中間車が外され、機器の改造を経て、
昨今は2両編成で走っています、当初は電鉄富山~宇奈月温泉の特急
「うなづき」、立山~宇奈月温泉を結ぶ「アルペン特急」に使用されていまし
たが、今では特急のみならず普通列車にも幅広く使われています。

下のシーンが好きですね!

RAIL2.jpg

でもって、久し振りに映画を観て号泣してしまいました(笑)、主人公が
世代的にも同じなのでどうしても…

あと、自分の大好きな「中尾明慶」が出ています、この人好きですね~
時をかける少女の映画以来大ファンになってしまいました(笑)。

RAIL3.jpg
この映画は2010年の10月に公開されたものです、予告編等を見ていて
映画館で観てみたいなあと思っていましたが見逃してしまいました…
なのでDVDを購入して観ることにしました、確か予告編ではすごくいい
感じの内容みたいでしたが、購入する時には映画のタイトルも忘れ、
ジャケットを見ながら出演者の名前を探したり何年前の映画も忘れ、
探すのに時間がかかりました(笑)。

MW1.jpg

京都を舞台につつましくも豊かに生きる人たちの生活を、水をキーワード
に描く癒やし効果たっぷりの群像ドラマということですが…

僕はこの映画に出演している、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、市川実日子
、光石研という人たちが好きです。*この後はネタバレありなので観てない
かたは観てから読んで下さい。

この映画の批評や感想を見てみると好き嫌いがハッキリ分かれるようです、
もちろん僕は好きなほうの人です。

ざっくりと映画の内容を書いてみます、不変な中にヒタヒタと進化を続ける、
そんなシンプルな美意識を貫いてきた街、京都。街をよこぎる大きな川と、
その川に繋がるいくつもの小さな川や湧き水。そんな確かな水の流れがある
京都の街に住み始めたのは、芯で水を感じる三人の女たち。

豆腐を売るハツミ(市川実日子)。コーヒー店を始めるタカコ(小泉今日子)。
そして、ウィスキーしか置いてないバーを営むセツコ(小林聡美)。

MW2.jpg

MW5.jpg

MW11.jpg

多くを語らず、そよぐ風のように暮らす三人の女たちにかかわることによって
、やがてそこに住む人たちの心にも、新しい風が吹き抜けていく。今一番大事
なこととは…。そんな人の思いが静かに強く、いま、京都の川から流れ始める。

僕が気になったのはセツコが作るウィスキーの水割りを作るシーンです、ウィス
キー好きな人ならきっと見入ってしまうでしょう、僕だけ?このウィスキーは山崎
を使っているが今まで何度も山崎は呑んで来ましたがロックかストレートが一番
美味しいと思います、なのでこのシーンを見たときに初めて水割りで呑んでみた
いと思いました。

それから最近、いいと思うのはこの人、もたいまさこ(マコト)です。

MW14.jpg

時には銭湯で子守をしていたり…

MW6.jpg

一人暮らしの設定なので晩のご飯も一人で作るのですが、その料理の牛蒡と野菜
で作ったかき揚げを塩で食べるシーンが良かったですね~噛んだ時のパリッ!
という音、ああ食べたい。

MW7.jpg

観ていると何の変化もない普通の日常が流れていくという感じです、これと言って
何かが起きるわけでもなく…

MW9.jpg

製作スタッフは「かもめ食堂」や「めがね」、「プール」と同じということで
キャスティングも殆ど同じですが撮影地は京都ですが、あまり京都、京都した
場所は出て来ないようです、上記三作品とも好きな作品でしたので、ゆる~い
系の映画好きな僕にはピッタリです。

MW10.jpg
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。