上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、お待たせいたしました、昨日の続きです、前回も書きましたが
山形市内には立呑みがないと思ってたので、この立呑み処さんには
感動しました、訪れたのは先週の土曜日でした…

SWG03_5713.jpg

上の写真は別に意味はないんのですが、もう少し先に行くと美術館に
行く交差点があります、立呑み処さんは駅前にありますので歩いて行き
ます、実はこの店に来る前にもう一軒寄って行ったのです、この店の場所
が良く覚えてないのです、店の名前すら…、写真も撮ってなかったし…(笑)
そこは、ばんしゃくセットというのがありまして、生ビール×2杯か日本酒2合
×2とおつまみが2品付いて1,020円?だったような…

そして、ここが立呑み処「ポストのとなり」さんです、ああ…知ってる!
と言う人が結構いるのではないでしょうか。

SWG03_5709.jpg

では、場所が良く分からないという人の為に、周りの写真を…、ほぼ向かい
には居酒屋「しあわせや」さんが見えます。

SWG03_5700.jpg

そして視線を右に向けると、こんな風景が見えます。

SWG03_5701.jpg

で、店を見てみるとこんな感じ。

SWG03_5706.jpg

おつまみ類はほとんどが300円というリーズナブルな価格です、セット物も
あるようですね、本日のおすすめ品などもあり、立呑みだけど、ゆっくり
出来そうな店ですね。

SWG03_5691.jpg

カウンターには10人ぐらいはいけるでしょうか…

SWG03_5725.jpg

最初はハイボールで!突き出しは玉こんにゃくでした、う~ん、ハイボールは
久し振りだなあ~

SWG03_5690.jpg

上を見ると、時刻表が貼ってある、帰るまでのちょっと一杯と言う人には
ありがたいサービスですね。

SWG03_5699.jpg

カウンターの中にいるお店の人とも話が出来るし、一人で黙って呑んでもいい
のですが世間話に花を咲かせて、ゆる~い時間を過ごしてみてもいいのでは?
最後の〆はやはり熱燗ですな(笑)。

SWG03_5697.jpg

立呑み処 ポストのとなり
山形市香澄町1-15-32
営業時間 PM17:00~PM22:00
定休日 日曜日
スポンサーサイト
山形にも立呑み処なんていう所が増えてきたのですね、ほとんど
呑みになど行かぬ私としては異次元の世界です(笑)。

さて、今は通勤路ではなくなってしまいましたが家を出てから会社
まで、デジカメを持っていたので撮影しながら歩いていましたので
掲載したいと思います、ちょうど晴れた日の撮影ですね、今から
一週間前ぐらいでしょうか?

SWG03_5727.jpg

西門付近はお堀も雪で真っ白ですが、29日あたりに見たら黒く丸く
なっている所があったので、そろそろ雪も融けてくるのかなと思った
今日は雪です(笑)。

SWG03_5728.jpg

野球場側ではなく、体育館のほうを歩いて行きます。

SWG03_5716.jpg

滅多にない天気でしたので旧済生館(郷土館)をパチリ!

SWG03_5718.jpg

二の丸を抜けて大手門に歩いて行きます。

SWG03_5729.jpg

大手門も大分雪が融けて来ましたね。

SWG03_5730.jpg

ちょうど山形線(奥羽本線)の電車が通り過ぎて行く所でした…

SWG03_5732.jpg

一体、いつになったら雪が融けるのか…

SWG03_5719.jpg

そして、いつになったら就職が決まるのか…

SWG03_5733.jpg

で、ここの労金の駐車場を通り抜けすると会社まで近道になる(笑)。

SWG03_5734.jpg

途中にはこんな教会もあります。

SWG03_5736.jpg

そして、いよいよ仕事も終わり、立呑み屋へと足が向きますが、なんと
写真が多すぎて、次回に回すことになってしまいました(笑)、タイトルを
VOL.1 にしなければ…
昨日の朝の雪には、もう嫌になってしまったが、思ったより早く雪が
融けて助かった、昨日は最後の米沢勤務でした、この2、3ヶ月は往復
とも塩の洗礼を、これでもかと浴びせられてマフラーや車の下はサビサビ
です、あと車体の細かいキズがあった箇所も細菌のように塩が入りこみ
至る所、錆が顔を出していました、多分、来年の車検までは持たない気が
します、でも錆ぐらいはジョイから錆取りセットとペイントペンでも買って
直さないとなあ…

そして、昨日は久し振りの呑み会、以前の会社の取引先の方と一緒に
そね田へ、やきとりと言っても、焼きとんです、以前に来たのは確か3年前
ぐらいだったと思います、あの時はカウンターはもちろん、その後ろのカウン
ターも客で一杯、ほとんど立って呑んでる人もいました、今回はどうなんで
しょう?

SWGB03_5574.jpg

今回はコンデジでの撮影です、家から急いで歩いて来たので到着した頃には
汗が止まらないぐらいでした、なので最初は生ビールを頂きました、店内は
カウンターは満席ですが後ろのカウンターは空いていました、小さな座敷も
空いています、生ビールを2杯くらい呑むと、今度は少し寒くなって来ました(笑)

おまかせコースを頼みました、さがりからスタート!あとは頃合を見て2本づつ
出てきます、相変わらずどこの部位か分からないまま食べます、二番町?
ふぉあぐら?あいまち?親父さんと息子さんが焼いています。

SWGB03_5575.jpg

ここで、大事なことを忘れていました、やきとりと熱燗の写真撮るの忘れて
いました(笑)、それに気がついたのが、もう帰る時でした…
でも、この店のお酒は少し甘口だけど悪酔いしないですね、あれだけ呑んでも
二日酔いしてない(あれだけって、どれだけ?)。

SWGB03_5578.jpg

親父さんが言うことにゃ、今年はこの雪でお客さんが少ないと語る、皆さん
今年は待たないで食べられるかも。

やきとり そね田
山形市香澄町1-18-8
TEL 023-622-8453
営業時間 PM17:30~PM21:30(やきとりが無くなり次第閉店)
定休日 日曜日
駅前に呑みに行った時の立ち呑み屋さんを紹介します、店名は
「立ち呑み酒場 招き豚」さんです、待ち合わせや、会社帰りに
ちょっとだけ呑みたいという人にはピッタリのお店ですね。

DSC_2592.jpg


場所はすずらん通りのこの辺です、南側に十字屋さんが見えています。

DSC_2586.jpg


入り口のガラス戸にはドーナツ盤のレコードが貼り付けてあります、
ドーナツ盤と聞いて懐かしがる人は昭和30年代生まれ以上の人
ではないでしょうか、直径17cm45回転のレコードは、その形状から
「ドーナツ盤」と呼ばれていました。

DSC_2580.jpg


店の中に入ると所謂、歌謡ポップスやフォークソングが流れている
僕のような昭和20年代後半生まれの世代には涙が出てくる曲だ…

DSC_2576.jpg


コの字型のカウンターとドラム缶で出来たテーブルもある。

DSC_2590.jpg


天井からもLPレコード盤がたくさん釣り下がっています。

DSC_2587.jpg


カウンター席の上にはレコード盤にメニューを書いたり提灯にもメニュー
が書いてある、豚さんの蚊取り線香が可愛い♪

DSC_2589.jpg


昭和の時代に逆戻りした酔いどれオジサンは酒量がどんどん上がって
行く!立ち呑み屋で何時間も呑むものではないのはわかっているのですが
「たくろう」や「かぐや姫」、「岡林信康」の曲が流れてきたりすると益々元気
になるのでした(笑)
そんなこんなで飲み物は黒ホッピー、そうそう、ここは名前の通り豚肉を
使ったメニューが豊富、焼き鳥やら豚ねぎステーキとかを食べながら昭和
の思い出話に花が咲き、時間が過ぎて行く…

DSC_2591.jpg


せっかちな人向けにビールやちょっとしたおつまみをセルフで取れる
コーナーもあります。

DSC_2577.jpg


ふう~、久し振りに呑んで酒がまわったようで家まで歩いて帰ることに
しました、冷たい冬の夜風が気持ちいい、と言うより寒い!!
ふと見ると昔、よく呑みに行っていたはながさ通りにあるブレス壱号館
のビルが見える、最近はほとんど外で呑むことも少なくなったなあ…

DSC_2593.jpg


立ち呑み酒場 招き豚
山形市香澄町2-5-1
TEL 023-610-7166
営業時間 17:30~1:00
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。