上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から始まった東北六魂祭、昨日は仕事でしたがブルーインパルスの
予行演習がありました、たまたま仕事の休憩時間だったので、山形市内
が一望出来る環境にある職場から30分間楽しませていただきました。

な・わけで、やっぱ写真撮りたいなということで夜勤明けの眠い目をこすり
ながら300㎜のズームレンズを久々に装着してみる、まあ、どうせピンボケ
だろうけど自宅の窓から撮ってみました。

叶うのであれば500㎜ぐらいのズームレンズがあればと言うことなんです
けど…、というか、今欲しいのが50㎜の単焦点レンズなのですが高い!
おっと話がそれてしまいましたがブルーインパルスでした(・・;)

自宅の窓からの撮影なので思うようには撮れませんでしたが自分のブログ
に記録として載せておきたかったので(笑)。

SWGB05_0603.jpg

SWGB05_0610.jpg

SWGB05_0619.jpg

SWGB05_0622.jpg

SWGB05_0635.jpg

SWGB05_0651.jpg

SWGB05_0661.jpg

SWGB05_0673.jpg

SWGB05_0676.jpg
スポンサーサイト
あまり休みの日に引きこもっていても仕方がないので今日は山形駅の
西口広場でんまいもの屋台と最上義光公没後400年記念事業の一つ
として、出羽の関ヶ原とも呼ばれた、最上軍最大にして壮絶な激戦を再現
するという長谷堂合戦絵巻が行われるといので行ってみることにしました
、天気予報では曇りということなので大丈夫かなと思ったのですが着いて
みるとポチポチ雨が降ってきました、まあそんなに大降りにはならないだろ
うと思ってましたが、そこそこの雨です、しかもスタートが遅くなったので
カメラ位置が確保出来ず多分、撮影は無理だろうなあと思いながらも来賓
の長い挨拶が続きカメラも雨に濡れてくる…、あらら、あまちゃんのテレビ
でも言ってたじゃない、女性のスカートと挨拶は短いほどいいって!山形
市長の挨拶に続いてなんとかかんとかという人の挨拶が続きます、見ている
周りの人たちもぶーぶー言い始めました、もちろん僕もぶーぶーです。
雨も酷くなり始まりそうにもないので諦めて帰って来ました(笑)。

いやいや一応写真は撮りましたが…

(山形市長の挨拶)
SWG04_3242.jpg

この後ろには間もなく始まる合戦に出演する戦国武将たちが控えて
いました。

SWG04_3243.jpg

家に帰ってお酒を呑んでいたら太鼓の音が聞こえてきました、あらあら
あれから30分以上も経っていますから待ってなくて良かったって感じです(笑)。
紅花は「米の百倍・金の十倍」という貴重品。白鷹紅花は最上川
を下り、北前船に揺られて京の都へ運ばれ艶やかで鮮やかな紅
や衣装として時代を彩りました。~白鷹町観光協会パンフレットより

今年も滝野交流館のあとに白鷹の紅花畑に行ってみました、場所
は滝野交流館から萩野地区の鷹山小学校の近くにある萩野大日堂
です。

SWGB04_2774.jpg

今年は昨年に比べて開花状況は良いようです、昨年は花が小さくて
開花している紅花も少なかったような気がしますが、今回は写真撮影
も場所を選ばずに出来ます。

SWGB04_2769.jpg

SWGB04_2771.jpg

SWGB04_2775.jpg
毎年、この白鷹町紅花まつりに来ています、何だか白鷹町は第二の自分
の故郷のような気がしています(笑)、考えてみれば自分の生まれた所は
山形市の七日町、あの当時からビルの谷間に住んでいて自然の環境なん
てありもしない…、でも母親の実家が村山市の田舎の方なので自分が子供
の頃は夏休み、冬休みと母の実家に放置されていたので自然いっぱいの
環境中に居た訳だ。その為もあるのか花粉症なんて全然無縁の世界である
、だって杉の木に登ってたりしてたんだから(笑)、あれっ?何の話でしたっけ
?そうそう、白鷹町が第二の故郷っていう話でした。

で、こちらも久し振りの山形鉄道フラワー長井線の荒砥駅です、とりあえず
荒砥駅の中にある展示室のほうに行ってみます。

SWGB04_2723.jpg

駅のショーウィンドウには白鷹町の紅花まつりの案内が掲示されています。

SWGB04_2799.jpg

イベントホールでは紅花と藍の器展をしていました。

SWGB04_2796.jpg

意外と知られてないのが紅花の生産量です、高瀬地区の紅花が有名で高瀬地区
の紅花のほうが生産量が多いと思っている人が多いと思いますが実は白鷹町が
県全体の七割を占め、生産量としては全国1位なんですよ。

SWGB04_2798.jpg

さて、一旦荒砥駅を出て滝野交流館に向かい、滝野そばを食べに行きます!

SWGB04_2801.jpg

朝から雨が降ったり止んだりの天気ですが、車はどんどんやって来ます、時間
はAM10:30。

SWGB04_2762.jpg

1年ぶりの滝野そばです、今回は売店も見ずにに一直線にそば券を購入しに!

SWGB04_2765.jpg

毎年、1番か2番でしたが、今年は10番でした…

SWGB04_2764.jpg

とにかく隣の部屋で蕎麦を打っている訳ですから当然のことで打ち立て、茹で立て
の滝野産のそばが味わえる訳ですからそれだけで蕎麦好きの人間にとってはもう
何も言うことはないわけで…

SWGB04_2766.jpg

ただ今年は会場にお客さんが多くて写真がなかなか撮れないという事もあり
写真はブレブレでした(笑)、麺のUPの写真も全然でした、ただ蕎麦はいつも
のように美味しいのです、多分、二・八で打ったであろう蕎麦だとは思います
が少し固めの茹で加減は喉越しが気持良く、つゆも蕎麦に合う、とにかく美味
い♪この量だったら2枚は食べたいと思う、毎年そう思うのだから来年こそ2人
前頼もうと思う。そして確か11月に同じ滝野交流館で滝野そばまつりが開催
されるはずなのでこれにも行ってみたい、ここでは秋の新そばが味わえるのだ。

SWGB04_2767.jpg

そして滝野交流館では最上川で発見された小判を展示していました、話に
よるとまだこの小判は最上川のどこかにあると言われています、ああ…
定年になったらここで小判探しでもするかー

SWGB04_2768.jpg

次回は紅花畑を紹介です。
さて、オープニングセレモニーも終わり、時間もお昼近くなりました、
なんと!朝倉さやさんのライブがこの文翔館の特設ステージで行わ
れるとのこと、しかも今回は新曲も聴けるとのことでこれは絶対に聴
かなければ!!

しかしお腹が空いたので文翔館の西側に山形・秋田ご当地グルメ
というイベントをやっているではないか、本当はかほく冷たい肉そば
研究会でと思ったのですが…

1度食べてみたかった横手やきそばのお店へ!

SWGB04_2579.jpg

すでに行列が…

SWGB04_2580.jpg

何とか手に入れて花壇のところに座って食べました、太麺に半熟の卵が
良く合いますねー、あっという間に完食でした(笑)、しかもフタを開けないで
撮影するというヘマぶり(爆)。

SWGB04_2578.jpg

さてさて、デビュー曲の「東京」を聴いてすっかりファンになってしまった
朝倉さやさんのライブが始まりました♪元気いいですね!こっちまで元気に
なってしまいます。

SWGB04_2581.jpg

SWGB04_2582.jpg

SWGB04_2583.jpg

新曲の「やさしい応援歌」いいですよ~

SWGB04_2584.jpg

*VOL.3に続くかな?
何故か第1回のこの山形さくらんぼ祭りは知りませんでした、多分、
昨年の今頃は就職活動でやっと決まったばかりなので世の中の事
はあまり目に入らなかったのではと思います(笑)。

そんなわけで今回が初めての日本一山形さくらんぼ祭りです!
文翔館前の特設ステージではAM11:00からオープニングセレモニー
が始まりました、吉村県知事がさくらんぼの何とかかんとかになった
と言うことで(すみません、良く聞いていなかったので…)ヒゲを付けて
入場です。

SWGB04_2561.jpg

そして、この山形さくらんぼ祭りのスタートの合図にさくらんぼ型の大きな
バルーンを割るというセレモニーが始まります。

SWGB04_2565.jpg

スィッチを押します!

SWGB04_2566.jpg

おおっ、バルーンの中から小さなバルーンが出てきて青空の中に吸い込まれて
行きます。

SWGB04_2567.jpg

次は神輿渡御が始まります、東北芸術工科大学が製作した「さくらんぼ神輿」
をはじめ計4基の神輿が文翔館からスタートして七日町通り約1Kmを練り歩き
ます。

SWGB04_2569.jpg

これが「さくらんぼ神輿」ですよ~

SWGB04_2573.jpg

SWGB04_2575.jpg

*VOL.2に続く
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。